スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魔法科高校の劣等生 16 四葉継承編

あらすじ

司波深雪の許へ、
四葉本家から一族の有力者が顔を揃える新年の集い「慶春会」の招待状が届く。
それが意味するものは、四葉家次期当主の指名。

―自分が後継者に選ばれれば、兄も日陰者に甘んじなくて済む。
―次期当主の地位にはきっと、それに相応しい「婚約者」が付いてくる。
深雪の心は千々に乱れる。

そして「慶春会」前夜。四葉本家へ出頭した達也たちは、
現当主・四葉真夜の口から

「深雪は達也の妹ではない」

という衝撃的な「嘘」を告げられる。

それは、兄を恋愛対象として意識してもよいという意味であった。
はたして深雪は―!

感想

魔法科高校の劣等生の16巻

四葉継承編

という名前通りについに十師族『四葉家』の次期当主が指名される事になり
そして選ばれたのは当然のように筆頭候補であった深雪でした

という・・・余計なものを削ぎ落として書くと今回のできごとはこれだけ

まぁ問題はその余計な部分なんだけどな!

って事で・・・まぁそこに行き着くまでに色々あったり・・・
決まってからも色々あったりしたわけなんですが・・・内容的には
この『四葉家』の継承に関する話・・・っていうよりは

達也大好き勢 VS 達也大嫌い勢

という次期当主になるであろう深雪を完全に置き去りにして
周りが達也の立場についてのそれぞれの意見を戦わせていた感じ
まぁ大好き勢って言っても普通に好きなのは深雪とか亜夜子・文弥くらいで
残り・・・っていうか最大の権力者が歪みまくってる好意なわけだけど

内容的にはやっぱりシンプルだった印象なので感想は短めで・・・
とりあえず・・・『四葉家』の館にたどり着くまでとたどり着いた後で分けてみようかな・・・?

・到着前

『四葉家』で新年早々に行われる『慶春会』深雪達也が招待
いつもは不参加だけど今回は当主である真夜直々に来るように言われ

ついに次期当主に指名される!

とその部分の覚悟については深雪はすでに決めていたし
当主って立場に特にこだわりはなく、欲しい人にはあげてもいいくらいだけど

自分が当主になる=兄の立場が向上する

という・・・いまだに『四葉』内部で出来損ない扱いされる達也の立場を
少しでもなんとかするためなら・・・と次期当主になる事に問題はないみたいなんだけど
問題は・・・

早婚を求められるので婚約者が選ばれる

という・・・この一点で深雪はとても悩むごとに・・・というか

兄以外は嫌

って自分の本心についてちゃんと気づいてますね・・・この娘・・・
前に雫に恋愛感情はない・・・とか言ってたけどそれ以上の想いがある事を
きっちり自覚してる・・・ただ

こんなアブノーマルな感情、兄に嫌われる

って事で必死に押さえ込んでいたみたい・・・嫌われるのは嫌みたい・・・
ってか倫理に反する事を抑える理由が相手に嫌われたくないって時点で
色々と危ない気がするのはどうなの・・・って感じですが。

まぁ・・・うん・・・この作品を16巻まで読んできた読者にとっては

こんなの今更だけどね!

って感じですけど・・・いや、読者はみんな最初からわかってたよ?って感じで。
まぁそんな状況下で『四葉家』へ向かおうとしたんですが

達也には『黒羽家』が行かないように・・・と忠告
深雪のほうには同じく当主候補である初登場の分家の夕歌
会場まで一緒に行かないか?と提案に来たりと・・・きな臭い状況がおき
実際に向かってみたら

人造サイキックの襲撃

軍人による襲撃


と2日続けて襲われる事に・・・まぁ達也だけでも撃退可能だし
そこに深雪水波がいるんでまったく問題はなかったですが足止めはされる事に。
何気に不穏分子の殲滅にもなってお徳だったっぽい?

2日目に夕歌が合流して、深雪にも達也からから聞かされた事情が・・・
分家の一部が達也に地位が与えられるのを危惧して襲ってきてる・・・って話を聞いて

兄のためになるなら是が非でも会場へ!

となんか深雪が俄然ヤル気になってましたけどね・・・婚約者の件があるんで
心の底から嬉しそうってわけではありませんでしたけど。

で、3日目・・・

次期当主候補・新発田 勝成

彼がガーディアンの琴鳴と奏太の姉弟を伴って襲撃
ガーディアン同士の決闘で勝負を決める・・・って事に・・・

達也、お前は鬼か!?

一番強い自分と相手のガーディアンを戦わせるとか・・・酷い・・・
ちなみに琴鳴と勝成はそういう仲みたい・・・ガーディアンと主なのでおおっぴらではないけど
夕歌とか深雪は普通に知ってたみたい・・・それにしても

身内争い・・・酷いな・・・ってあれ?

といった感じで・・・実は夕歌はもう家も含めて深雪を次期当主に推す気であり
勝成深雪に内定した・・・って話を聞いて残念だとは思ったけど
それほどショックはなかった・・・って感じで

こいつら全然当主になりたがってない!?

という・・・『四葉家』の当主・・・人気ないな・・・って感じでした。

勝成も父親を含めて分家の一部が動こうとしていたんで言われて足止めに動いただけ
そこまでリスクを犯す気がなかったみたいで琴鳴の身を心配して
達也との戦いに介入したりもしてたしね・・・ぶっちゃけ

この人達、みんないい人なんじゃ?

って感じで・・・悪名高い『四葉』関係の人間としてはかなりまっとうな部類
親世代が達也を蔑ろにする事についても戦力的に、能力的に考えて

非効率すぎる、達也は十分有能

って感じで能力的に評価してるし・・・亜夜子文弥の姉弟と違って
慕ったりはしていないけど親族として普通に扱っている感じでした。

この移動前に達也に無事『慶春会』までに家につけたなら
事情を聞かせてもらう・・・と約束していて・・・無事到着したので
これについての・・・親世代の忌避意識については後半で明かされました

意味不明でしたけど

ちなみに分家連中の足止めは真夜に当然のように全部ばれていて
関らなかったも心情的にはそっちに賛成だったこともばれていて
それでも何も言わなかったのは

止めるの無理

って100%わかっていたからみたい・・・分家には使用人とは違って
達也の能力についてちゃんと情報いってたみたいだけど
それでもなお・・・過小評価していたみたいだし・・・真夜が作中で言ってたけど

いざとなったら空を飛んでくればいい

というどうしようもない部分を何故分家は気づかなかったんだろうか・・・
こいつらまさか無能なのか・・・子供世代はみんなかなり優秀っぽいのに・・・
ってことで後半へ・・・

・到着後


えー・・・アクション的な部分では流石に分家側ももう動きようがなく
それほどではなかったんですが・・・設定的というか精神的な方面では

なんか凄い事になっちゃった!?

そんな感じです・・・ええ・・・これもう深雪真夜に対する評価が
劇的に向上したんじゃないだろうか・・・めっちゃ感謝してるよ絶対・・・
もうこれ逆らわないよ・・・たとえ深雪真夜への感謝が一方的で
真夜深雪への態度が凄い表面的っぽくてもさぁ・・・ってくらい

深雪にとっては人生の春

そして反面、達也にとっては・・・

どうしてこうなった!?

という状況に・・・

マジ、どうしてこうなった!?

まず本家到着後の使用人の態度が・・・特に達也に対するものが
いい方向に変化しているように思われ・・・なんだろ?って思っていたら
真夜から食事の誘い・・・しかも

達也様、深雪様

という順番を指定した呼び出しであり・・・達也に対する敬意が徹底されていて
一体何が?という感じであり・・・呼び出しそのものは
夕歌勝成文弥深雪以外の当主候補と補佐である亜夜子が呼ばれ
翌日の次期当主発表の前に全員に誰が選ばれるか前もっていい含めておくって
事だったわけですが・・・達也からしたら

なんでガーディアンの俺まで招かれてるんだ?

と謎ばかり・・・まぁ他のメンバーは達也の実力は自分達と同格もしくは上
いて当然・・・という評価で達也当人の自己評価が低いだけだったわけですけどね
今までの扱いや育ちのせいで・・・この人、何気に自分への評価がおかしい・・・
そういえば今までもそれほどたいした事はない・・・っていいながら
すげー事をやらかしてたけど・・・本人気づいてなかったのかもしれん・・・
基本的に目標が現在の技術じゃ無理とされている~とか
超一流の人達を間近に見てそれにまだ及んでいないから・・・って事なんだろうけど
自分が十分すぎるほど洒落にならないレベルだと・・・認識してないんじゃないだろうかコイツ
『マテリアルバースト』とかの危険性は理解してそうだけど・・・

そして達也はこの会議の前に自分が親世代などから忌避される理由を
から聞く事になったわけだけど・・・

うーん・・・アホか!!と・・・

真夜の例の事件以来、自分達を守ってくれる超人的な存在を望み
精神系の魔法を使うゆえに胎児にその願いが影響を与えやすい
『四葉』で新しい世代が・・・達也が生まれるって段階でみんなが期待

彼が『四葉』のみんなを・・・家族を守ってくれるような存在になってほしいと
願っていて・・・母親である深夜もそれを望み、真夜も嬉しそうだった
だけど生まれた達也は先代の当主が特殊な能力で調べた結果

世界を滅ぼす魔法を持って生まれた

とわかり・・・深夜真夜を傷つけ不幸にした世界を本当は憎んでいた事
その本心が結果的に達也に世界を滅ぼす魔法を与えてしまったとわかり
親世代は・・・達也の抹殺を考えたって事みたい

前当主が止めたみたいなんだけどね・・・うん・・・
たださ・・・

全てから守ってくれる存在=世界最強

って事でもあるわけだからある意味で・・・世界を滅ぼす力の
使い方さえ誤らなければ問題ないわけなんで・・・親世代の・・・たちの行動って
ただのアホとしか・・・理想を押し付けちゃった罪悪感だのなんだのを
全部達也に押し付けて解消しようとしただけだよね・・・これ・・・

勝成とか夕歌とか親からこれ聞いたら

はぁ!?

とかなりそうだし深雪とかキレそうな感じだよね・・・なにしてるんだか・・・
まぁ制御を間違えば世界が滅びるってのがリアルに存在する以上は
どうにかしようとするのも間違いではないんだろうけど・・・
嫌って下に見てストレス与えるようなことしてどうするんだよって話・・・
マジ・・・親世代の発想が微妙に理解できない・・・

そしてこの後の事前会議では子供世代は誰も深雪の次期当主指名に反対せず
っていうか実は親世代も文句はなかったんだけどね・・・
達也に地位が付くのが嫌だっただけで・・・なんだかな・・・

で、何気に勝成がちゃっかりと琴鳴との結婚の許可を真夜に提案
次期当主ではないし、好きな相手と結ばれるのならそれがいいだろう・・・と許可
何気に・・・当主になってたら正式な妻にはできなかっただろうから
この人にとってはこっちのほうがよかったっぽいよね・・・

ただ・・・問題はこの話し合いの後・・・真夜達也深雪と執事の葉山の4人になってから
ここであらすじにもある例のセリフが・・・

深雪は達也の妹ではない

って言葉が真夜から語られ・・・実は事件の前に保存してあった卵子を使って生まれた
真夜の息子が達也であり、深雪は妹ではなく従妹であると言われ・・・
さらにここから

って事で深雪の婚約者は達也だから

と爆弾発言が続いて・・・深雪は歓喜
婚約者が嫌だ嫌だ・・・と思ってたらその相手が最愛の相手だったわけだから
そりゃ嬉しい・・・それを決めてくれた真夜にもめっちゃ感謝・・・そりゃそうだ・・・

そのハイテンション状態のまま明日は本番だからと深雪は部屋に戻され
達也だけが残されて親子水入らずの会話へ・・・って事に

これ、うまく邪魔者を追い出しただけですよね!?

って事で・・・ここから真相・・・とりあえず

達也と深雪は兄妹である

ってのは間違いないみたい・・・達也の目には自分達が
同じ両親から生まれた存在だって事すらわかるみたいだし。
ただ・・・結婚は問題ない・・・なぜなら

深雪は完全調整体

深雪こそが達也のために作られた存在だったみたい。
達也は前当主に戦力だから・・・と生かされたわけで
さらに他の魔法が使えないからとあらゆる戦闘訓練がほどこされ
6歳で相手を殺すくらいになっていた・・・でもそれでもなお危険って事で

いつでも達也を止められるように

その目的で生まれた存在・・・だからこそ完全対称の整った美貌
ここらへんは・・・光宣も同じだったわけですが・・・
達也からしたら自分が深雪のために存在すると思ってたらまさか逆だったとは・・・
って展開なんですが兄・妹って関係なんですから考えてみたら
後から生まれたほうの為に・・・ってのは無理ですよね・・・

そして達也の破壊の魔法は深夜ではなく・・・双子の感応によって
深夜の魔法に干渉した真夜の深い世界への憎しみの産物であり
精神的に・・・魔法師的に考えるなら達也真夜の息子でもある

だからこそ深夜達也を息子として愛し切れなかった・・・って話が・・・
まぁここらへんは真夜の思い込みって可能性はあるんですけどね
深夜にしても達也の感情をなんとか1つでも残したのは
達也を想っての事だったみたいだし・・・

しかも・・・人工魔法師実験そのものが本当は達也の感情を抑制することで
世界の破滅を回避しようとした計画の隠れ蓑だったみたいで
深夜はあまり乗り気ではなかったみたいだし・・・

色々な前提がぶっ壊されてくな

そんな感じです・・・そして真夜にとってはだからこそ達也が大切な存在

彼が深雪を失って暴走し世界を壊しても

彼が深雪を世界の悪意から守りきっても


どっちにしろ・・・世界を憎む真夜にとっては世界に対して復讐を果たした事になり
存在するだけで・・・真夜の復讐を遂げてくれる存在だから・・・

狂ってますね

まぁそれすら芝居で実は・・・って可能性もまだ残されてるけど
とりあえず今回の話を読んだ限りだと

達也 > 深雪

ってのが実際のところの真夜の相手への関心と好感度?っぽいんですよね
深雪を冷たい目で見てる描写があったりするし・・・

まぁこんなわけで・・・翌日の『慶春会』達也真夜の息子であることが発表され
さらに深雪との婚約も発表される事になり色々と騒ぎになったけど
誰も逆らえるはずもなく・・・それで決定

いきなり達也真夜の息子だ・・・ってのが兄妹を結婚させる建前だとしても
『四葉』の権力と真夜の力でどうとでもなる・・・そして実際に子供には問題ない
あとは倫理観とかなわけだけど・・・

深雪にはそもそもソレが邪魔だった

わけで・・・子作りに問題ないならノリノリな模様・・・
自分が『完全調整体』と聞いてもむしろそのおかげで兄と結婚できると
喜んでるくらいだし・・・

うん・・・教育間違えたんじゃなかろうか・・・

まぁ存在理由が達也なわけだからこそ・・・なのかもしれないし
何か仕掛けがあったりするのかもしれないけど
何もなくても・・・普通に好きってのが一番それっぽいですけどね

その後、新魔法の『バリオンランス』のお披露目も行われたりして
『慶春会』は無事終了・・・今まで達也に冷たかった使用人とか
これからどうするんだろうか・・・ってか問題は分家の親世代だよね・・・
子供世代は亜夜子が二人の婚約にショックを受けてたくらいで
勝成夕歌はちゃっかり深雪を支持する事で利益を得ていたし・・・
問題はなさそうなんだけど・・・

亜夜子だけが何気に真夜深雪を利用して達也の立場を
引き上げようとしているって真実に唯一気づいたりしてたけど
なにはともあれ・・・『四葉』での問題はひとまず区切りって事みたい。

次の巻は4年ごとに行われる『師族会議』編って事になるみたいだけど
今回の次期当主指名と婚約発表について唯一異議を唱えたのが

一条家現当主

次回予告では将輝と深雪の婚約を申し込むみたい・・・
あまり問題なさそうな一族からのこの一手に何の意味があるのか楽しみかも

息子がごねたから

とかだったらとりあえず親馬鹿すぎるけど・・・まさかそれはないよね?
さらに

会議で魔法テロ
一般人の被害
魔法師排斥運動の激化


とかなりキナ臭い事件になるみたいで・・・アメリカの『スターズ』のナンバー2が
動き出すみたい・・・リーナも再登場するのか?とか色々気になるわけだけど

上巻

なんですよね・・・さて・・・次回で全部済まない事は確定なわけだけど・・・
それでもどうなるのか気になるところ・・・
学校とか友人関係も魔法の名家には婚約のことが通達された事で
知れ渡るみたいだし・・・そっちほうめんも気になるところ

ほのかとか・・・ほのかとかね!

大事だから2回書いた
なにはともあれ・・・マジで激動って感じになりそう・・・楽しみなような怖いような・・・です。

ってあれ?結構長くなった・・・?

最後に一文。

真夜の狂気・・・それが感じられるセリフ

さて・・・これが本質なのか・・・それともまだ何かあるのか・・・
わからないけどコレで

「深雪さんを大切にしなさい」

「深雪さんを失ったその時、貴方は壊れる。

 貴方の心は、そうなってしまっている。

 そして、壊れた貴方は世界を焼き尽くす」

「だから一生、深雪さんを

 貴方の手の中で大切に守ってあげなさい」

「本当はね、私はどちらでもいいの」

「貴方が世界を滅ぼしたその時、私の復讐心は満たされる」

「貴方が世界の悪意から

 深雪さんを守り通すことができたならば、

 私の復讐心は別の意味で満たされる。

 それは人の運命を傲慢に踏みにじる世界が、

 一人の人間に屈服するということだから」

「その無様な姿を嘲笑って、私はきっと、

 世界から受けた仕打ちを忘れることができる」

「何て素敵なことなのかしら。

 何て素敵な私の息子。

 貴方は私の復讐を成し遂げてくれる。

 十二歳で死んでしまった『四葉真夜』の仇を取ってくれる」


「叔母上、貴女は、狂っている」

「その為にも、達也、貴方は深雪を娶りなさい。

 逆らうことは許しません」


にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
魔法科高校の劣等生 (16) 四葉継承編 (電撃文庫)魔法科高校の劣等生 (16)
四葉継承編
(電撃文庫)

(2015/05/09)
佐島 勤

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

真夜については2ちゃんでの書き込みに実に納得出来るものがあった。
この人、12の時に婚約者(真由美パパ)と一緒の所を誘拐されて人体実験されたあげく、救助されたときには妊娠出来ないからだにされていた。当然婚約解除。
その記憶があると狂う可能性から深夜にそこに関する情動を切り取られてる。
で、真夜はその時の自分を助けられるような、それが出来なかったら世界を滅ぼしてくれるような存在を望んでたんだって。
でもってそれを出来なかった七草には冷淡になるのも当然だって。

17巻お願いします(●´ー`●)

17話は書かないんすかー?

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
カレンダー(月別)
11 ≪│2016/12│≫ 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。