スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安達としまむら 4

あらすじ

桜の季節、しまむらと同じクラスになれた。

でも、しまむらは近くの席の女子とお昼を食べるようになった。

…なんか嫌だな。

私はどうしたらいいんだろう。

ある日の昼休み。

近くの女子集団に声を掛けられた。

なんとなく安達の方を見ると、目が合った途端、顔を逸らされた。

女子集団の輪に入り、もう一度安達の方を見たら、
一人で教室を出て行ってしまった。

私もパンを買いに行くのになぁ。

まあ、行く途中で見つければいいか。

しまむらと前みたいに仲良くなるには…そうだ、お泊まりだ!?

感想

安達としまむらの4巻

百合成分がさらに進んでる!?

そんな一冊でした・・・ってか男っ気がまるでないな・・・うん・・・
サブキャラの兄とかでてたけど・・・全然そういう感じなかったし
どっちの方向に向かってるんだろうか・・・この作品・・・

とりあえず今回から新年度・・・いつも通りに章ごとの感想を

・一章 桜と春と


とりあえず

安達 桜

という名前がさらった明かされる話。

島村 抱月

に比べれば普通に女の子の名前っぽいよね・・・うん。
何気に3巻の第五章

桜-いのりかがやくとき-

だったから・・・となっていたみたい。
まさかFFアンリミテッドネタだったとは・・・昔過ぎてわからんかったよ!?
あの作品の魔銃による召喚獣はかなりツボだったんだが・・・
特に最終回の

お前にふさわしいソイルはこれだ!

と自分を弾丸に変換する風さんがすげー格好よかった・・・
ってめっちゃ話逸れてる!?

冒頭は中学時代の安達の同級生の心情を描いてるんですけど
他人から見ると

孤高の人

って感じだったみたいなんだけど・・・今はアレ・・・

どうしてこうなった!?

しまむら”桜”って名前を今更ながらに知って、試しに呼んでみたら

にへらー

うん、本当に・・・この回想の女の子がこの安達を見たら

桜さんが壊れた!?

とか思ってもおかしくないな・・・うん・・・本当にどうしてこうなった・・・

・二章 春と月と

しまむらが何気に酷い話・・・というか天然なんだか・・・
なんか凄い人間関係に対する執着が薄いというか・・・そんな感じが・・・

前からそうだったけど今、普通に友達付き合いしてる相手でも
離れていって疎遠になったならそれはそれで別に・・・という感じが
しまむらにはあるんですよね・・・樽見との関係はそこらへん顕著だったし。

まぁそれでも・・・やっぱり優先度というか・・・多少は他の人より
意識しているのが安達であり・・・一応、樽見なのかな?

安達に関しては進級して近い席の女の子から誘われて
一緒に昼食を取る事になったんだけど当然、安達はそこに入れない
でもしまむらは別に呼ばない・・・
だからと言ってその3人と仲がいいのか・・・っていうと

サンチョ、デロス、パンチョ

って感じで早口でうまき聞き取れなかったからとこんな感じて
相手の名前を覚えちゃってる

お前、ひでーよ!?それはねーよ!?

って感じです・・・うーん・・・この娘は本当に天然というか
流れに乗ってそのまま流されてもそれをよしとするけど
外れたら外れたで気にしないという・・・自然体なんだろうか・・・
まぁ本人はこれはこれでいいのかなぁ?と思うときもあるみたいだけど

そしてそんなしまむらに対して

安達・・・ではなく樽見が動く!

前回は微妙な雰囲気になったけど、最後のしまむらの一言で
とりあえず関係は繋がった二人・・・って事で樽見

もう一度、友達になりたい

という気持ちのもと、一緒に買い物に出かける事に

手を繋いだり

お好み焼きを作って食べさせてくれたり

お揃いのキーホルダー買ったり

最後はもう一度友達になりたいと強く手を握って・・・


あれ?ねぇ・・・これマジで友情?

なんか安達っぽいんですけど!?

って事で樽見さんがなんか暴走を始めてる気がするんですが・・・
しまむらは何か不思議なフェロモンでも垂れ流してるんだろうか・・・
相手が求める関係が友情じゃすまなくなってる気が・・・

不良・・・というか何気にしまむら安達と同じように授業に出ずに
フラフラしてるみたいで将来が不安で何かしたい・・・って状態らしく
それで不良って事みたいなんだけど、普通に読んでる限り
不良って感じはしない女の子なんだけどね・・・
しまむらと前のような関係になりたいとちょっと無理してる感じもある
半分は素らしいから前回ほど微妙な雰囲気はなかったけど・・・それでも

ちょっと疲れた

ってのがしまむらの感想だったわけで・・・これは酷いのか・・・
それともそれほど想いが重いのか・・・どっちだろ・・・

なにはともあれ・・・安達・・・強力なライバルが現れたぞ・・・

・三章 月と決意と


二章の安達視点の話

2年になったら同じクラスになれた!

と浮かれていたらなんかしまむらが近くの席の女子生徒と
仲良くなっていって・・・

あれ?なんか距離が・・・

となって色々と焦る安達視点の話。
最初はしまむらから寄ってきてくれる事を望んでいたんだけど

占い師 エキシャーマン

と名乗る謎の女性から占いを受け・・・そして自分の意思を叫べと言われ

にーげーなーいーぞー!

とショッピングモールで叫んだ結果、自分から動く事に。

うん、アホの子だ!!

最終的にこれで昼食中のしまむらに話しかけてこの話は終わり

ただこの占い師の女性がなにげに『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん』
みーくんの小学生時代の同級生・・・らしかったり

立ち寄った小物屋にいたのが花咲 太郎と殺し屋ぽかったり

キーホルダーを落とした相手に渡したら・・・樽見だったり

と何気に色々ありましたけど・・・

ってか最後が!?

しまむらの知らないところで何も知らずに出会う宿命のライバル達・・・
ちなみに落としたキーホルダーは↑で買ったしまむらとお揃いのものだったので
樽見はめっちゃ感謝してたんだけどね・・・弄りすぎて落ちたらしい・・・重いぞ・・・

ただこの邂逅は・・・始まりに過ぎない・・・

・四章 決意と友と


安達が話しかけてきて・・・しまむら以外に興味を持たずに
ただしまむらと一緒にいようと行動した結果

あー、もうあの娘ら寄ってこないなぁ

しまむらが達観してたけどそれほど気にしてはいなかった感じ
凄いぞ安達・・・しまむらの新しい人間関係を容易に破壊してくぜ・・・

いいのかそれで!?

しかも色々と頑張りすぎた結果、

しまむらの時間を独り占めしたい

とか言い出しちゃってるし、他の人に嫉妬しちゃってるし
なんかもう色々と手遅れな感じが・・・どうなっていくんだ・・・安達・・・

・五章 友と愛と


永藤日野の家に泊まって、さらにお風呂も一緒に入ったと聞いた安達

よし、自分も!

しまむらの家に泊まる事を頑張って提案するって内容で
しまむらもOKするんだけど・・・

泊まりたいから

って泊まることそのものが目的の友人宅への外泊ってのは
なんかもうそれ自体が色々と危ない気がするんですがそれは・・・
勉強するでもなく、遊ぶでもなく、なにか作業するでもない

しまむらがいるから

という理由で泊まりに行くわけだから色々と極まりはじめてます・・・

頑張る方向、間違ってね?

とか・・・もう言っちゃ駄目なんだろうね・・・うん・・・
普通はまず友達作るところから頑張るべきなんだろうけど
安達はもう

しまむら以外は別にいいや

となってしまってるからね・・・薄い絆として日野永藤がいるけど
安達からするといないならいないで別にどうでもいい相手っぽいしね・・・
参考にはしたけど・・・ってか参考になってる時点で
あの二人も色々とアレだが・・・

泊まりなのに朝8時に到着したりするし・・・一緒にごろごろして1日終わって
しまむらが嫉妬してしまむらと一緒にお風呂入って・・・部屋は別々で

翌日、しまむらの家からバイトに行ったら・・・その行動に色々とくるものがあったんだけど

バイト先で樽見と遭遇

オイオイ・・・修羅場・・・いや、まだお互い相手のことを知らないんだから
大丈夫だよね・・・うん・・・読んでるほうはハラハラするんですけどね。

この後、無事二人は別れ・・・安達は最後の日って事で頑張って

一緒に寝よう!

と・・・うん・・・いや、変な意味はないんだけどね・・・安達は悶々してたけどね・・・
ってかさらっとOKするしまむら・・・

大丈夫!?

直前にお揃いの髪飾りをプレゼントしてたりして想いが舞い上がっちゃってたんですけどね
最終的に同じ布団に入って就寝・・・夢も色々とアレだった・・・

もう手遅れかもしれん・・・この娘

・六章 愛と桜と・・・


朝起きたら隣で寝ていた安達が席替えで近くになりますように・・・とずっと祈っていた
しまむらの話

最終的に

3つ隣

という微妙な結果になったけど安達は満足そうでずっとしまむらを見ていて
幸せそうだったから・・・いいのかな?

しまむらは将来について色々と考えながらもとりあえず前向きに生きてるけど
さて・・・これはどうなっていくのか・・・
しまむらが積極的に動くようなことはこの後あるのか・・・さてどうなるのかな?

・間章・おまけ等


日野永藤がある意味で安達が目指すしまむらとの関係の完成形ぽかった

日野が永藤の胸を揉もうとしたり

普通に泊まりにきたり

永藤のために日野が着物を着たり

デコチューしたり

一緒にお風呂に入ったり


・・・あれ?こっちの二人の方が百合!?

あと

日野 晶・永藤 妙子

って本名も判明・・・もうサブキャラとは言えない・・・
いや、残りはモブって言うべきだろうか・・・

一方で・・・

ヤシえもん

になって人気者になるといい始めて・・・しまむら
ポケットからなんでもだす・・・と言ったけどケーキを出してて言われるも

ケーキを知らない

って事でケーキをまず買って食べる事に・・・オイオイ・・・って思ってたけど
その後・・・

ポケットからケーキが!?

しまむらはそれを思いっきり目撃・・・あれ?手品?と思う事に。

すげー、流石宇宙人!?

何気に本筋ではない所で凄いことが起こってるね・・・うん・・・
ってか・・・宇宙人って隠す気ないだろ・・・コイツ



うん、とりあえずみんな青春してる事は確か
好意のベクトルが

女性→女性

ってのしかないような気がしてどうしたもんか・・・って感じだけど
それぞれが悩みそれぞれ行動するのがいい感じ

主人公であるはずのしまむらがひたすら天然ぽかったけど
それもまたいい感じでした

ってかこれ・・・どうなっていくんだろうか・・・マジで

最後に一文。

安達の叫び

一応、引っ込み思案な部分を少しは解消できたっぽい安達
でも・・・それで突き進んだ方向が色々と偏ってる・・・ってかしまむら一本。

しまむらがいなくては自分は空っぽ・・・って事まで考えてるし
いや・・・いいんだろうか・・・これ・・・別に逃げてもいいのよ?

「逃げないぞー!」

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
安達としまむら (4) (電撃文庫)僕と彼女の安達としまむら (4)
(電撃文庫)

(2015/05/09)
入間 人間

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー(月別)
11 ≪│2016/12│≫ 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。