スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インテリビレッジの座敷童 6

あらすじ

村の小学生に広まる怪しいパッケージ。

阻止しようとしたら巨大なムカデに襲われて、
って今回もやっぱり大ピンチなのね…。

しかも、祝様と青行灯が暴れる中に放り込まれって、
今度こそ生きて帰れないかも…俺。

一方、隼伯父さんは、女子にモテモテだって!?

姥捨て団地のおばあちゃんに現役女子中学生超能力者サイバーレイン、
中学生の巴と艶美までとか、どんなモテ期だ!

しかし、事件は思わぬ方向へ進み、裏の世界の大物が現れ、
隼は日本中に犯罪者として中継されちゃう!?

そしてついに青行灯が動き出し、百鬼夜行と全面戦争!

インテリビレッジ各地で激突する二大勢力の中で、
忍は百物語の最後に現れる青い鬼女に届くのか!

感想

インテリビレッジの座敷童の6巻

ついにラスボスっぽい『青行灯』が動き出し始めたらしいこの作品
どうなるのか・・・

今回も章ごとに分けて感想を書いていこうかと

・第一章 起@陣内 &米咲

と前に妖怪がらみの事件に巻き込まれた小学生のが中心の話
どっちかというとが中心でありは事件解決に尽力した感じ。

交流学習って事で都会から小学生が何人も『インテリビレッジ』に訪れていて
はその中の中心的人物でありモデルもしているが気になるようになり
時を同じくして『致命誘発体』である『大百足』が現れた・・・として
別の妖怪からが狙われていると聞いて事件を調べ始める事に。

こそが事件の元凶であり彼女は『トゥエルブ』と呼ばれる
人間に施すトリックアートのようなもので・・・理想的な見た目になるように
バランス重視で体全てを覆っているんだけど・・・当然窮屈であり
しかもそれを親から強制されて苦しんでいた彼女が
都会で狭い地域だけど自然があるそこで出会った妖怪達と仲良くなり
だけど大人達に気持ち悪いと・・・反対された挙句に
妖怪達がのために身を引いて姿を消した・・・それが原因だったみたい

大人なんて嫌いだ

気持ち悪いなんて考えは自分達もそうなればなくなる


という考えの下に彼女が載ってる雑誌を見て彼女を参考にして
彼女に尊敬の念を持つ人間を『大百足』に変える・・・という『パッケージ』を組み上げ
世界中に拡散しようとしていて・・・それに気づいた友人である『大百足』
自分の力を奪われている事を感じた事で気づいてなんとかしようと
を探して現れたってのが真相だったという・・・ちょっととんでもない話

ただ・・・うん・・・最終的にはさ・・・

小学生男子の愛の叫び!(無自覚)

で大体なんとかなったね・・・うん・・・を尊敬して思ってるなら『大百足』化する。
なのでも同じように力を受け始めていて・・・それでに対抗

さらにが考えた『大百足』『パッケージ』の弱点を・・・
への尊敬を揺らがせる事で崩すって作戦についても

小学生にとって学年の違いは大きい

小学生<中学生も当然だが高校生との差はもっと


と助言して・・・中学生にも影響を与えていたに対して
高校生であるが否定する事で彼女の信奉者を揺らがせる事に成功
は怒ってると思っていたけど、が真っ赤になりような事を言いながら戦ってたし
ラストは全て造られた見た目である彼女の顔を見せて・・・と頼んで
が素顔が綺麗か?と皮肉で聞いたら

うん、とっても

とさらっと答えたりと・・・なんか将来タラシになりそうな気がする事で
の虚を付いてましたね・・・うん・・・別作品でラノベ主人公できるよこの子

ちなみにのほうは事件解決に尽力したのはいいんだけど
日常のほうではなんか色々と

えっちぃ方向に色々と

なんかあったね・・・ってかそっちに話がいって怒られたりしたけど
教師やら同級生やら妖怪やら・・・そっち系のイベントが多かった

これはアレだな・・・が見習っちゃあんまりいけない主人公っぽい部分だ
うらやましい?ハハハハハ・・・ソンナコトナイヨ?

特にアレだ・・・元カノらしい渚さんだけは勘弁して欲しい・・・あれはヤバイ

・第二章 承@内&八河

正義感満載の警察官、と前に事件に巻き込まれたが登場する話

当然のように艶美もいるけどね!

今回のが担当する事件はなんていうか・・・

凄くむかつく事件

と言えばいいんでしょうか・・・ぶっちゃけじいちゃんっ子、ばあちゃんっ子であった
自分としてはこの事件の犯人とかはまじで単純に

うわぁ・・・こいつらマジむかつくわー

って感じの相手でしたね・・・ええ・・・

舞台は『姥捨て団地』と呼ばれる団地なんですけど・・・実際は

取り壊し予定の廃墟って名目の団地

であり・・・親が邪魔な子供が利権などを全部取り上げた上に
そこに無理やり送り込んだ場所であり、慢性的に嫌がらせ的に
水道や電気が消え・・・自然に老人が死にやすい環境を作っていて
さらにあまり外出しずらいような道を整備したりと・・・老人に厳しい環境で
さらに『山姥』『パッケージ』を組み込む事で周辺住人が
住んでる老人達に悪意を抱くように誘導するようにされていて
救急車を呼んでも拒否したりするし・・・事件が起きるとすぐにここの住人のせいにされる
そんな状況・・・でもが改善しようにも名目上は

廃墟に老人達が勝手に住み着いている

って事にされて事件にすると老人達が困ると言う・・・最悪の状況。
ただ・・・これを打破したのは老人の反対側・・・子供達

子供達と言っても老人達を捨てた息子・娘達って事ではなく
老人達が学外交流授業で昔の遊びとか話とかを教えていた小学生の子供達であり
彼らは老人達とちゃんとコミュニケーションを取った事で『パッケージ』の影響を受けず
逆に老人達が忌避される現状を疑問に思って調べ始めて・・・
真相にたどり着いてしまったために・・・この事件の黒幕に誘拐され
『パッケージ』を壊しかねない存在として消されそうになったわけなんだけど
その子供の中にの従妹がいて・・・からの助けの連絡で事件が繋がり
『パッケージ』の秘密を暴いて・・・それを元に黒幕を追い詰める事に

うん、好きなだけぶっ飛ばしたらいいと思う。

ってかなんか隼さんがすげぇ!?


黒幕の会社への強制捜査に同行して黒幕が逃げ出すのに気づいて3階からダイヴして

黒幕の上に突っ込む

という・・・なんか凄いアクションを・・・そしてさらに犯人を脅して子供達の居場所を吐かせて
子供達はなんとか無事救出成功

その後『パッケージ』による影響が消え、団地の老人達への悪意は消えていき
子供達と一緒に祭りに行こう・・・という感じでめでたしめでたし

まじでよかった!

ちなみに老人達を捨てた息子の1人は艶美にきっちり罰を与えられてましたね・・・
家の持ち主は未だに親である老人のもの・・・10年以上帰宅しておらず
息子への相続もされてないので住んでるのはおかしいと・・・ぶっ壊されてました
マジでいいざま

ところでさん・・・なんかともフラグが立ってるんですけどそれは・・・
・・・父親の知り合いの刑事からの電話番号手に入れてたし・・・まぁあれだ・・・

手を出したら人生終わるけどな!

・・・何故女子中学生にモテる・・・

・第三章 転@菱神 &病魔の使役者

と1巻で『百鬼夜行』を裏切った『病魔の使役者』の話

あれ?これ舞って脇役だよね!?

ってことで基本的に主人公は『病魔の使役者』になります。
病魔や疫病を使うエキスパートなわけなんですが・・・基本的にこの人・・・

お侍さん

って感じであり基本的には主に忠義を尽くす人であるみたいで
1巻のあれもに色々思うところがあったけど、彼女への忠誠心は今も持ってるみたいで
だけど自分は反逆したしもう・・・と鬱々と思っているみたいで・・・
そこに『病猫の使役者』という・・・妖怪絡みの犯罪で罪が低減された犯罪者を
自分勝手に処刑したり、罪を無理やり犯させてる存在がいて・・・
それにが・・・一章の彼女が狙われているって話を聞かせて
『百鬼夜行』的にも敵対してるし、の願いでもあるからと依頼を持っていったら

なんかめっちゃ張り切ってた!!

いや、多分この人の通常の戦い方がコレなんでしょうけどね・・・あれ?この人・・・

めっちゃ物理だ!?

なんか大抵の現象には

それに対応できる細菌や病魔などいくらでもある

という何でもありかよ!?的な手段でさっさと対応して
精神を攻撃してくる洗脳系の攻撃には

病魔に自分の体を明け渡してオートモード

って感じで精神と関係なく敵を倒すために動き
さらに病魔に自分の体を蝕ませる事で肉体強化・・・

時速数百キロで移動

とかしてヘリを追いかけたりして・・・なんか凄かったです・・・
ってか名前から想像していた感じと全然違う・・・超肉体系キャラでした・・・

『病猫の使役者』に関しては相手の情報に応じて戦力を増加させると言う

なにそのチート!?

って感じの洒落にならないキャラだったんですががその情報を精査する
範囲外から援護・・・も例のステルス機で頭上に来ているって事で
『病魔の使役者』に軍配が上がる事に。

この戦いの前に敵の協力者に襲われていた一般人を助けたりと
なんかヒーローっぽい事もしていた彼・・・だけどなんだろう・・・

みんな少女だったよね

にしろにしろ助けた少女にしろ・・・そして

『病猫の使役者』もね!

同じ疫病などを使い災厄に近い存在なのにどうしてこんなに違うんだろうと
悲しそうに戦っていた『病猫の使役者』に対して罪を清算したあとなら

自分がお前の特別になってやる

とか言ってましたしね・・・まさか・・・この人・・・ロリコン・・・いやぁ・・・まさかねぇ?

しかしこの一方で『病猫の使役者』に暴走させられたはそれを止めようと・・・
救おうと現れた『大百足』と戦いになり・・・

内臓を食い破られながら

もそれによって麻痺毒でを動けなくして・・・さらに『病猫の使役者』
取り付けた病魔を喰らいなんとかを救う事に成功。

『大百足』の心を救ってくれたや助けてくれたに感謝していて
いずれ彼らの元にを・・・と願っているみたいだけど・・・

ここで

  ラ ス ボ ス
『青行灯』

彼女の計画の仲間に・・・とを誘いに・・・と言っても彼女の能力で
は精神に干渉されてしまって断れない状態で・・・
『大百足』は反抗して・・・病魔を喰ったことで得た新しい力で
『青行灯』を驚かせるも逆に気に入られて彼も勧誘され・・・
を守るために・・・獅子身中の虫になるつもりで『青行灯』と一緒に行く事に
彼女もわかっていて・・・それを楽しんでるみたいだし・・・コイツまじラスボス

ちなみに『病猫の使役者』『青行灯』の協力者であるに連れて行かれてしまい
さらに『百鬼夜行』の本拠であるステルス戦闘機が落とされて・・・
は無事だったけど・・・『青行灯』の危険性を改めて認識し
彼女の計画を阻止するために動き出す事を決意

『病魔の使役者』にわだかまりはあるかもしれないけど・・・と言いつつ
戻るように命じて『病魔の使役者』は無事元の・・・『百鬼夜行』『五本指』に復帰

さて・・・これからどうなる・・・って状況で↓へ

ところで・・・うん・・・やっぱり改めて思うんだけど・・・

、脇役だよねコレ・・・

・第四章 決@???

さて最終決戦・・・と思いきやこれまたが主役の話

学生時代の知り合いである美濃里と大学で出会い
『サイバーレイン』と呼ばれる自称超能力者な中学生、が容疑者の
人体切断殺人事件

艶美がグヌヌ

って感じで美濃里に反応してましたけどね・・・流石に大人の女性に
対しては対抗心が微妙にありつつも勝てない・・・スタイル的に・・・ってのがあるみたい
何気にの実家である陣内酒造がいいお酒を大学時代に送ってきてたから

週末は隼の部屋でぐでんぐでんで朝を迎えてた

とか二人が言っててさらにぐぬぬ・・・

隼・・・爆発しろ!

まぁ彼の好みが年上の女教師だとばらされてましたけどね・・・うわぁ・・・
ただそんな状況から一点・・・

犯罪者としてTVで公開されて追われる

という凄まじい状況に追い込まれる事になります・・・
を捕まえて所轄の警察官が受け取ろうとした時にちょっと・・・
刑事の勘なのかなんなのか・・・思うところがあってカマをかけたら
相手が偽警官と判明・・・彼女を狙ってると気づいて争いになり
結果的に犯人の一人を射殺したわけなんだけど
信頼できる人間が現場ではわからないから・・・と警視庁を目指す事にしたんだけど
に冤罪をなすりつけようとする存在が先回りした・・・って感じですね。

捕り物の次は逃亡劇か

何気に素でアクションモノの警察官ヒーローの活躍してますよ彼・・・ぶ
しかも相手は国の上層部であり・・・裏から国に影響をもたらす存在でした・・・
今までも何度か存在が匂わされていた感じの相手ですね

国の情報部が国そのものと言える情報を収集していたんだけど
それを『青行灯』が乗っ取ろうとしていて・・・依頼を受けた組織が
その邪魔の為にと『青行灯』の協力者であった教授を殺して
彼が持っていた秘密情報を検索するデータを破壊した

で、話をそれで終わらせるために適当な犯人を・・・って事で
が選ばれて冤罪で終わらせそうになってた所をが関わって

あれ?これやばくね?

となったわけで・・・・・・何気に国そのものを揺るがしてます。

国を守るためだからって女の子の人生見捨てられるか!

って正義感は清々しいくらいいいですけどね。
まぁこの後、本格的に反撃開始して生放送をジャックして宣戦布告
さらにネットアイドルである艶美がネットで噂を書き込んで冤罪って匂わせ
たちの味方を増やして・・・黒幕が実力行使しかできない状況を作り
実力行使に出てこられた時は流石にピンチだったんだけど

隼の上司達が動いた

って事で・・・彼らもかつてこの黒幕の前に・・・権力の前に
膝を着かざるを得ないような事があったみたいで・・・だからこそ
後輩がそこに穴を開けたので・・・手伝い・・・そして壁を壊しきった

相手が裏の存在であり・・・表向きは

存在自体が人間国宝

って事で逮捕も立件すらもできない相手だったんだけど

あ、書類に不備あったんでそれなしですね

という凄い一言で相手の絶対安全圏をさくっと剥ぎ取って逮捕・・・
そりゃ犯罪しても大丈夫な状況なんてきっちりかっちりして立場を固め
さらに法律とかの隙間やらなんやらを抜けなきゃならないわけで
どっか1っ箇所駄目だったらそりゃ全部駄目になっちゃうか・・・

上司勢のここらへんの動きはかなり燃えたし・・・

いい上司じゃないか!!

って感じでした・・・まぁ・・・うん・・・それでもは絶対なにかしら
罰則は受けるだろうけどね・・・最低でも減給とか・・・ってかここまであれだと
懲戒免職じゃないだけでも凄い結果になるんじゃなかろうか・・・

ただがどうなったのか・・・それを描かれる事はなく
逃走中に前に助けたがその特性を利用して助けに来てくれたり
無茶しないように諌めてくれたりと

おい、お前また中学生とフラグを・・・

って事があってそろそろマジどうにかしたほうがいいとも思うんだけど・・・
そんな事より大問題が・・・

『青行灯』、すでに情報に接触してた!?

どうやら破壊されたデータはすでに彼女の元へ送られた後だったみたいで
そのデータで・・・秘匿されていた収集され続けていた国の情報から・・・
ありとあらゆる汚職やらスキャンダルなども網羅するそこから
『青行灯』が望んで検索したのは

標準型日本人DNA原器

収集された遺伝子情報に含まれる日本人の共通の遺伝子情報

これがあるなら日本人

とはっきり示せるような遺伝子・・・その大元となる情報
それこそが彼女の狙いであり・・・それを彼女が弄る事で

日本人の定義を自由に変更できる

という・・・それこそが彼女の狙いだったみたい。
彼女が原器に”角が生えてる”と書き加えると日本人は角が生える
って感じで・・・ちょっとトンでも事態です

そしてその原器が保管されているのがよりによって『インテリビレッジ納骨村』
『青行灯』とその仲間達、そしてそれを止めようとする『百鬼夜行』

らがの事件をTVで見て

TVの向こう側の事件

としてを信じつつも暢気にしていた所にこの

最終決戦の地

になってしまうという落差が・・・ちょっと凄いですね・・・

・終章 崩壊、決行

って事で本当の最終決戦開始!

祝、パーフェクトモードが強すぎる!?

って事で『百鬼夜行』が本気です・・・というかトップであるがマジです・・・

『病魔の使役者』が作り出したの20歳を想定した肉体
本来の目的は緊急に跡継ぎが必要なときに子供を作れるための肉体
それを当人とリンクさせ・・・さらに

仲間達の力をリンクさせる

他の『五本指』の全てを見通す眼を・・・規格外の力や武術をその肉体にリンク
さらに武器を生み出す『五本指』の力で『青行灯』を100に切り分けれるくらいの刀を得て
さらにさらに・・・普通に『五本指』『青行灯』の仲間を全て駆逐して
その切っ先を『青行灯』に向けている・・・という状況まで・・・

なにこいつら・・・強すぎるんですけど・・・

ラスボスであるはずの『青行灯』がちょっと可愛そうに思えるくらい
色々と超越しきっちゃってるよ・・・この人達・・・

たた・・・

変わりたいと望むものの味方

それが『青行灯』であり・・・この予定調和の『百鬼夜行』の勝利は
想定内の事だったみたいで・・・ここからさらに1手・・・先を行っていたみたいで
待機していたが動き・・・

ツェリカ=ヴィーン=アルファ=チェリディア=ルミディリエ

七つの大罪に惜しくもランクインしなかった大悪魔で前回の話で
もしもの世界のが力としていた存在・・・それをかつて『サキュバス』を利用しようとした
マルグリッドの肉体を依代にして顕現・・・村ではは無事だけど
他の人間たちは昏睡状態・・・は状況の打破に動こうとしていたところで
この顕現の瞬間に出くわし・・・

あれ?これ・・・絶望的じゃね?

ってところで今回は終了・・・本格的な戦いは次回になるみたい
この時点でのは状況をほとんど理解しておらず
騒動についても

『百鬼夜行』が何か動いて村が危ない

って認識っぽいので『青行灯』まで思考が行ってない感じ。
こっからどう関わっていくのか・・・気になるところです。

ところで・・・あれ・・・なんだろ・・・

座敷童・・・全然活躍してなくね?

タイトルキャラ・・・どうした・・・これはあれか・・・
次回大活躍だから今回は力溜めてるとか・・・そんな感じだろうか・・・
なにはともあれ次回が楽しみです。

来月だしね!

最後に一文。

あとがきの一文

作者さんが書いてることなんですが激しく同意なのでコレ

いや、キャラのセリフでも色々あっただろ?
って意見もあるかもしれんが・・・あとがき読んでしまったので無理だ
コレしか思いつかん・・・あとがき読む前は何個か候補あったのに・・・

「一番イケメンなのって大百足だと思うんですよ」

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
インテリビレッジの座敷童 (6) (電撃文庫)インテリビレッジの座敷童 (6)
(電撃文庫)

(2015/05/09)
鎌池 和馬

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー(月別)
11 ≪│2016/12│≫ 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。