スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バーガント反英雄譚 8 曝かれた伝説と最弱英雄 (上)

あらすじ

“魔王”の娘たち―終末姉妹の正体がついに曝かれた!?

シュンたちの活躍により大陸戦争は終息したかにみえた。

しかし、リュリシアの即位式直前、彼女の父・ジュヴレーヌ国王は、
終末姉妹こそがバーガント大陸の真の“敵”であると宣言し、
姉妹たちは大陸中から追われる身となった―。

シュンは、散り散りとなった家族たちを救い出すため、
単身国王に立ち向かうも、人も魔族をも超える力により
“滅神咒具”の能力を奪われてしまう!!

絶体絶命のピンチを前に、なんと死んだはずの“魔王”本人が降臨して―!?

史上最弱の主人公によるアンチ英雄譚、孤軍逆襲の第8巻!

感想

バーガント反英雄譚の8巻
感想は短めで

表紙はシュンと終末姉妹12人の母親である

コシュマル
魔王

前回のラスト・・・全ての事件の黒幕だったらしい『ジュヴレーヌ王国』国王シャルム
彼が『終末姉妹』『魔王』の娘であると全国放送で暴露し
さらにそれに対抗すると表明した場に現れた10年前に死んだはずのお方

まぁ本物かどうか・・・正体は・・・については読めばわかるわけですが
あれだな・・・長女はアンチエイジングとか言って若返ってるのに対して
その対極がまさかこうなってるとは・・・って感じ・・・理由はわからんけどね。

さて、前回のラストではシャルムによって毒を盛られ倒れたシュン
その後、どうなったのか気になっていたんですが
なんとか逃げ延びていた・・・って感じみたい

致死量の数十倍の毒

だったらしいけどね・・・本人曰く、子供の頃に山に住んでて遊んでいて
よく毒のある食べ物を食べてしまってメルに治療してもらい
結果、毒に対する強い耐性を得ていたみたい・・・

残念なのか凄いのかよくわからんよそれ!?

さらに毒を摂取すると反射的に吐いてしまうらしく
そこらへんの結果・・・なんとかなったみたいだけど問題は

シャルムに『滅神咒具』を奪われた

って事であり・・・切り札をいきなり失ってます・・・そしてシャルムの正体が
ますます謎になってます・・・どういうこった・・・

この後、あの放送の場面になり『魔王』と対峙・・・そこにシャルリースルケが現れ
シャル『魔王』を偽者と言いつつシャルムと戦いになり

ルケも『滅神咒具』を奪われる

兜と鎧をいきなり奪われて相手の防御がほぼ万全に・・・とか
ある意味で一番取られちゃ駄目なの最初に取られてるよね・・・コレ・・・
触れられたら取られるって感じなのに相手の防御が上がっちゃうとか・・・

まぁこの時点でティンアリアクロロが捕まってるわけですけどね
さらにリース達を逃がすためにシャルが残って捕まり

目覚めたモニカヴィオシラーと一緒にソフィーリュリシアアンジュを助け同行
って感じに戦力がばらけてしまってる感じですね。

リースは傷ついたルケを連れて治療できるメルの所へ行ったみたいで
ソフィー達は両親の真の仇がシャルムだとわかり復讐しようとしてる
モニカと説得しようとしてる娘であるリュリシアという・・・微妙な齟齬がある組み合わせで
何気にモニカシャルム達が手に入れた新しい力を・・・ペルデが作らせていた

バーガント砲

という超遠距離射撃可能な超巨大砲台を部品としてドラゴンが使われているから
ヴィオ『滅神咒具』で制御できるかも・・・とか考えていて
世間に正体がばれた自分達姉妹の今後も考えて暗躍しようとしてたりして

駄目だ・・・ここの連携・・・駄目だ・・・

って感じになってますね・・・実際、前回助けられ同行していた
シュンの学園での担任であるミュスカはこの微妙な連携の・・・
特にヴィオの他人への興味のなさの結果とかから最終的に・・・

あんな事

になってしまったわけで・・・うん・・・ここが一番駄目だったんじゃないだろうか
ミュスカ・・・結構いいキャラだったんですけどね・・・
まさかあんな事に・・・

一方で他人との関わりが・・・今まで積み上げてきたものが
一番いい方向に動いたのがシュン

ブイ

シュンの友人である彼が瀕死状態だったシュンをたまたま発見して匿って
くれたおかげでシュンシャルムから逃げる事ができたみたいで
シュンが国王命令で捜索されている・・・と知ってもブイは決して
シュンを突き出そうとせず、自分の田舎で匿うか・・・とまで考えたりと

なにコイツ・・・めっちゃいい奴なんですけど!?

という状況に・・・基本的にお調子者で前回の話で上司であるレニエに惚れ
色々アピールして・・・微妙にフラグを立てていた彼だけど
根の部分で凄くいい奴・・・

この後、レニエの元へ行き、一度は拘束され国王の手の物に連れて行かれそうになるも
『魔王』に助けられ・・・そして追いかけてきていたレニエブイと共に
今の王国上層部はおかしいからとシャルムの下へ直談判しにいく事になり
そこにはシュンの姉妹達が捕まってる事、同行してる誰かが勝手に
救出しても自分は何も知らない・・・というレニエの言葉など
なんだかんだで・・・周りの協力を得て姉妹救出に向かっていくシュン

ここが一番安定してる

そんな感じでした・・・戦力って意味では最弱なんですけどね・・・
それでもそれ以上のものがここにはある感じです。

そして戦い・・・学園長だったエフィは完全に敵であり・・・
というかシャルム当人も困惑するくらい彼に協力的であり
そして何故か彼の事を

父上

と呼ぶ彼女・・・レニエと戦いになりヴィオ達も巻込み・・・
その中でミュスカは恩師であるエフィと敵対する道を選び
親友だったらしいレニエと共に戦ったわけなんだけど
ミュスカは最後の最後・・・ヴィオの一撃で消し飛ばされそうになるエフィ
とっさに庇ってしまい・・・亡くなる事に

ただ

体に何か黒い文様が・・・

ミュスカにはそれがあり・・・そしてエフィにもあり同じ存在みたい
そしてそれはシャルムにもあり・・・『魔王』シャルは彼を『バルドス』と呼んでて
それによって何かしら操られてるのかな?とも思ったけど
ミュスカはずっと正気だったけど・・・そこらへんはまだまだ謎ですね・・・

しかもエフィは自分を助けたミュスカを助けるために自分の力を注ぎ
ミュスカの今までの記憶全部が消える代わりに蘇生させたんだけど
なんか人形みたいになってしまって・・・さらに結果的には
モニカ『滅神咒具』の能力による無効化で死体に戻ってしまったりと
なんかもう・・・ミュスカの扱いが散々でした・・・

エフィを恩師として彼女から教わった事を生徒達にも教え
決して生徒を見捨てない・・・それを胸に頑張ってきて
エフィを尊敬しながらも彼女の行動に疑問を抱けば逆らって正そうとした
なのにこの結果は・・・どうなんだろうね・・・うん・・・
シュンにとっても貴重な先生だったわけだし・・・救済はないんだろうか・・・

一方でシャルムとの戦いについては『魔王』も参戦し
シャルムシャル『滅神咒具』で時間を止めてもソフィー『神覇融合』で対抗
他の力に対してもソフィーの力が都合のいいくらい対処できるものでなんとかなり
最後はルケモニカを背負って上空から突っ込んで相手を無力化した状態で激突

ルケがアホの娘

であり・・・落下中に加速したうえに力が無効化されて重傷
モニカが何で生きてるんだ?ってくらいのギャグ展開がありつつシャルムは無効化

シュンは止めを躊躇ったけど、シャルムの残虐さに胸を貫かれ
あわや・・・ってところで『魔王』が止めを刺して終了
ただ・・・

めでたしめでたし・・・にはならない

シャルムの遺体はいつの間にか骨になりメル曰く、死後10年以上
操られていたのでは?という事実にリュリシアは色々とショックを受け
その隙間を『バルドス』に付かれて憑依されてしまい・・・
さらに安心して隙を見せてしまった姉妹達も『滅神咒具』を奪われ
12の『滅神咒具』が1つになりリュリシアを依り代に誕生
『バーガント砲』を支配下において大陸各地に砲撃を行う事に・・・

これで『ジュヴレーヌ王国』は世界の敵に

ぶっちゃけ『魔族』に対する嫌悪よりもまずい状況になってしまった気がする
この後どうなるのか・・・気になるところ

そしてもう1つは・・・シュンだけが気づいた『魔王』の正体
彼女も『滅神咒具』を持っている事に気づいたシュンはそれと同時にもう1つ

何故か忘れていた末の妹

の事を思い出して『魔王』の正体が末妹の

ピノ

である事に気づいて彼女に呼びかけたけど・・・彼女から来たのは拒絶
自分を忘れた家族に強い忌避感を持っているみたいだけど・・・
そうなった原因とかも色々と気になるところ。

何気にシュンの解毒をする為にディープキスして解毒液を流し込んでたから
何気に本質は・・・他の妹と同じ重度のブラコンなんじゃなかろうか・・・

なにはともあれ・・・

次が最終巻

らしいので・・・色々な謎が解けてハッピーエンドになるといいなぁ・・・
ぶっちゃけ『終末姉妹』を封じるというかおとなしくさせるためには
シュンがいれば十分な気がするけど・・・さてどうなるのか・・・

かなり絶望的な状況なわけで希望はピノ『滅神咒具』
シュンが友達になった『凱旋門兜』に宿るクゥと名乗る存在かなぁ・・・

『バルドス』『滅神咒具』そのものだ・・・ってのも気になるし
さて・・・どうなるのか楽しみ。

最後に一文。

ブイのセリフ

彼が騎士というエリート職にせっかくなれいい上司の元で出世も見えてきた状況下で
国におわれるシュンを助け、シュンを助けるためなら・・・
自分が変な事するとレニエにも迷惑がかかるからと騎士をやめようとまでした彼

何故そこまでしてシュンを助けるのか・・・その理由がこのセリフ

何コイツ・・・格好よすぎるんですけど!?

って事でコレ

「親友だからだよ、決まってるだろ」

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
バーガント反英雄譚 (8) 曝かれた伝説と最弱英雄 (上) (富士見ファンタジア文庫)バーガント反英雄譚 (8)
曝かれた伝説と最弱英雄 (上)
(富士見ファンタジア文庫)

(2015/5/20)
八街 歩

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー(月別)
11 ≪│2016/12│≫ 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。