スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インテリビレッジの座敷童 7

あらすじ

その滅亡は一本の線で繋がっていた。
起こるべくして起こった百鬼夜行と青行灯グループの正面衝突。

犯罪装置パッケージなんてチャチなものじゃない、
正真正銘の戦争。

百鬼夜行の精鋭『五本指』と、それに対抗すべく栽木和が喚び寄せる『最悪の天敵』。
でも、だったら俺の見てない所で勝手にやってくれよ!

…ああ、今回ばかりは本当にダメかもな、何しろ勝率0.00%とか言ってるし
…ここからどう逆転すりゃ良いんだ。

それはそうと座敷童にもちゃんとお姉ちゃんやってた頃があったんですね!
どうしてこうなったのよぐーたら妖怪…!?

感想

インテリビレッジの座敷童の7巻

2ヶ月連続刊行ですね。

あと注意書きですが

めっちゃネタバレ書きます・・・ええ・・・

innteri6-7a.jpg

って感じで前回の表紙と今回の表紙が2つで1つになっているわけなんですが
この構図の意味は一体何なんだろう・・・と思っていたんですが・・・

あー・・・そうなるのね・・・

というか面白いな今回!!

って事で前回のラスト・・・『七つの大罪』に惜しくもランクインできなかった

大悪魔ツェリカ

『青行灯』の仲間である和によってオーストラリアの魔女マルグリットを依代に召喚されて
せっかく『百鬼夜行』のリーダーであるや幹部である『五本指』が勢ぞろいして
優勢だった状況がひっくり返る?という状況だったわけなんですが・・・

あれ?ツェリカの忍への好感度が高くね?

って事で・・・状況を見ていて絶望を感じていたに対して妙に親密なツェリカ
彼女の持つ能力・・・あまりにも強力すぎて実は『七つの大罪』の枠に
収まらなかったと言われる能力

神を裏切らせるもの

と呼ばれる人々の絆をズタズタに引き裂いて仲違いさせ争わせるという
凶悪すぎるその能力によって『百鬼夜行』『五本指』同士がお互いを疑って殺し合いをはじめ
さらには・・・

『青行灯』の仲間すらその能力に巻き込まれる

という・・・『インテリビレッジ納骨村』を滅ぼしかねない二大勢力がツェリカという
存在1つで阿鼻叫喚状態になってしまったわけなんですがには好意的

ツェリカ的には今回召喚した和よりもかつてマルグリットツェリカの契約を
誘導する一助を担ったの方がお気に入りであり・・・
『百鬼夜行』を倒すって契約はしてるけど・・・

別にお前らの命を守れって契約はないよね?

『青行灯』グループの方も潰そうとする凄まじく物騒な悪魔でした・・・
まぁ別にの味方ってわけではなく

忍を堕落させたい

という・・・感謝はあるけどそれはそれとしてあの中で一番磨れてない
彼を自分の能力で取り込んで堕落させ彼のそういう欲を感じたいと思っているみたいで
彼が自分の目的を叶えるために彼女に屈するのを望んでいる感じでしたね。

にもし受け入れた場合の幻を・・・惑歌が彼に恋し
家の妖怪達も・・・という・・・にとっては特に後者が受け入れがたく拒絶したけど
強すぎて対抗できず・・・どうしたもんか・・・って存在でした。

ええ・・・”でした”

蓋を開けたらわりかしさっくり撃退できたわけなんですが・・・
が姿を消して現れサキュバスがフォローして・・・

肉体を奪われたマルグリットに協力を頼む

という・・・魂をむき出しにされ汚染されはじめ地獄の苦しみを味わって
狂いそうになっていた彼女の魂に助けてやるから悪魔に対する術式を教えろと
要請してその通りにする事でマルグリットの魂を肉体に戻す事で
ツェリカを追い返す事に成功・・・

え?うまくいったの?

と・・・なんかラスボスっぽく登場したわりにさっくり撃退された部分を読んだ時は
いやいや、実は駄目でした・・・とかだろうって思ったんですがマジに撃退・・・

この大悪魔・・・なにかしら利用されて呼ばれるけどその時の状況をとりあえず
終結させたら即効で退場願われてしまうという・・・なんかちょっと可愛そうな存在に思えてきました。
終盤でも・・・アレだったし・・・

ただツェリカの誘惑に乗ってしまって力を求めたの末路が・・・
5巻のIFの未来の彼だったんだなぁ・・・って思える彼女の能力については
マジ戦慄ものでしたが・・・個人個人は自分は正気だと思って行動しているけど
集団で行動していると他者を信用できず・・・自分すら客観的に信用できなくなるという

対集団戦

においては最終兵器とも言っていいほどの能力でしたからね・・・
ほとんど個人と好意による協力者って形のにはあまり影響なかったとはいえ
組織やグループだと相性悪すぎるキャラでしたね・・・ってか組織やグループは
複数人構成である以上、下手にツェリカを呼ぶと自爆になるレベルですよね・・・恐ろしい子!?

そしてここからが・・・凄い事に・・・というか邪魔をした『青行灯』が半殺しに・・・
は家族を守るためにサキュバスを庇って・・・彼女に後を託してそうなったんですが
そんな彼に・・・『パッケージ』を利用したタイムスリップで『座敷童』
本来の・・・『百鬼夜行』によって改造された

『百鬼夜行試製三九式座敷童』

の力を失う原因となった『油取り』の事件の本来の・・・4巻で描かれた過去ではなく
もっと悲惨だった本来の歴史における過去の事件に介入する事で
の力を保持した状態でしてその力で状況を打開する・・・ってのを提案して
を過去に送り込む事に

タイムスリップか・・・これまたすげぇな・・・

って・・・ん?あれ?というか・・

ようやくか!

って感じ・・・でしょうかね・・・このシリーズだと・・・
事前にわかってしまった最悪の未来予知を変えるために奮闘する
何度も繰り返すループ現象、運命を操る力による過去を改変する事件
などなど・・・

決まった未来に喧嘩を売る

ってパターンがこのシリーズは結構多いですよね・・・そういえば・・・
そしてこの今回の過去への旅は・・・今までの色々な伏線が回収され
さらにさらに・・・

油取りさん・・・(´;ω;`)ブワッ

ただ子供を殺す・・・それに特化した『致命誘発体』
子供の頃のを危機に陥れ数多の子供を殺した恐ろしい存在
そしてがその存在を賭けて戦い・・・最終的には彼女を取り込みまでした
最悪の敵・・・だけど本来の歴史における彼は・・・

カエシガミ

と呼ばれるものになるために9年間ずっとその衝動を抑えていて
それに協力していたのが『百鬼夜行』・・・先代であるの父親である
『すねこすり』お初に菱神の始祖であるの2人と一匹であり
そんな『油取り』を発見して・・・子供の頃の・・・今よりもより一層無邪気で
妖怪と人間はまったく区別せずに友達になっていた幼い
友達になろうとして・・・そんなを大切に思いつつも
子供を見てしまっただけで衝動が湧き出てきて

自分はなんて罪深い、恐ろしい存在なんだ

と嘆き悲しむ・・・それが本来の『油取り』だったみたい。
彼の性質は人々の恐怖などから生まれたものであり彼自身に責任はない
だけどその行いは下卑すべきものであり・・・自分で自分を許せない

すげーいい妖怪さん

だったわけで・・・それが何で最悪の事態に・・・ってのは

忍を助けるため

だったってのが皮肉が利きすぎてましたね・・・
陣内酒造の酒を欲しがる裏の組織がを誘拐・・・を助けるために
ずっと自分を抑えてきた封印を破り、標的である子供を見つける力で
を探して・・・そして誘拐犯を殲滅・・・だけど暴力を奮い
子供をさらに目視してしまった事で一気に衝動があふれ・・・
事前の約束通りに『百鬼夜行』に討伐してもらおうとしたんだけど・・・

忍が友達を助けるための行動

『油取り』は自分を助けてくれた友達で悪い奴じゃないって思いの行動で
彼の元に訪れ・・・そして彼を庇い・・・でも衝動が抑えきれずに・・・
子供の霊の集合体と言われる『座敷童』を・・・を攻撃してしまい
その結果・・・

縁 > 油取り

と・・・大切な存在に順位付けをして・・・を助けたいと泣き叫んだ彼の叫びに

友達の妖怪達が反応して油取りをフルボッコ

その光景を見て・・・自分がやってしまった事にショックを受けて
それでもなお自分を悪者にしてくれと願う『油取り』

忍の心がズタズタに引き裂かれてしまった

ってのが本来の歴史であり、はそれを改変して
『油取り』は悪であると・・・にそう思わせるような改変をする事で
彼の心を救ったわけなんですが・・・

そんな犠牲が認められるかコンチクショウ!!

と・・・そしてにそんな尻拭いをさせて力を失わせないために
未来から来たは最後の場面で歴史に干渉・・・
フルボッコされる前に『油取り』を連れて逃走・・・

9年間、子供を殺さない

という事実が成り立てば『油取り』『カエシガミ』になれる。
そしてが使ったタイムトラベルの『パッケージ』は使用者のみを保護するので

誰かを連れて移動すると移動した分の時間がその誰かに降りかかる

という性質がある事に気づいた『油取り』を未来に連れて帰ることで
最悪の事態を収束させ・・・さらに10年後に帰還する・・・
つまり『油取り』は未来に移動する過程で一気に10年分の時間が降りかかる
つまり

『カエシガミ』の条件を一瞬で満たす

という・・・まさに逆転の発想・・・そして『油取り』が子供を邪魔と思う
大人の想いから生まれた存在・・・逆に言えばそういう想いを吸い取る事で
親が子供を虐待する事を減らしている守り神的存在であると考え
同じように・・・歪んだ物語から・・・や他の人々の物語から生まれた子供

『青行灯』を救う

そのためには未来に帰還・・・しかもツェリカ召喚の油断している瞬間に帰還して

『子供の内臓を抜き取る』

という『油取り』の力で『青行灯』を特別としている『核』を抜き取り
さらにツェリカをさっさと封印・・・さらに『核』を食べて・・・

忍ごと『青行灯』に喰わせる

という手段で『青行灯』『核』を取り戻させる事で

陣内 忍

というデータを・・・彼の物語を『青行灯』に取り込ませることで

100の物語で完成する

という彼女を110や120になったら完成から遠ざかる・・・という性質を利用して弱体化
さらにのデータから情感を学ばせようとしたけどそれは流石に無理だったけど・・・を・・・

親を殺して何も得られない自分にショックを受ける

という・・・感性を手に入れて・・・一気に弱体化。
を殺そうとするも

無抵抗の子供は殺せない

となんだかんだでの想いが影響を与えているのか能力を行使して
暴力を奮えなくなってしまって・・・一気にラスボスとしての力を失う事に。

ってかなんか娘キャラになった!?

タイムトラベルから帰還したの記憶を受け継いだこの時間軸の
全ての事情を知って合流した時には

うええ、ぱぱー

を食い殺した血まみれの状態で抱きついてぐりぐりする・・・という嫌がらせを
してましたからね・・・何気に今の彼女ができる最大限のダメージを与える行動が
そこまで下がっているらしく・・・てきには自分を含めた何人かが生み出した娘なので
面倒見なきゃって思いもあるみたいで・・・

うん、あれだ・・・いつもの事だな

その他の『青行灯』の仲間も

『病猫の使役者』は約束通りというか・・・『病魔の使役者』『巫蠱の透視者』
協力して撃破して保護

『巫蠱の透視者』が色々と悩んでましたけどね

に関してはが駆けつけて

虫妖怪 VS 付喪神

って感じで最終的には家そのものが妖怪・・・付喪神である『マヨイガ』
圧倒的大きさで圧倒して・・・そしてやっぱり男の子っぽく好きな女の子を救った

って事に・・・ただ問題は

栽木 和

だったんですけどね・・・

妖怪 さi木カズ

というオリジナルの妖怪を創りだして自分に適応させ状況に応じて
その弱点を補う設定を追加して強化する・・・という

自分自身をチートしてる

って荒業で対抗してきて・・・大変な事に・・・
いや、ここまでいくと『青行灯』より凄いんじゃ・・・って思ったんだけど

過去から戻ってきたが死んだ事でその記憶がもう1人の
フィードバックした事を応用して和を模した人形を叩きのめして
時間移動さえる事で敗北するって現象を共感させて勝利すると言う・・・

やっぱ時間系はチートオブチート

って言える荒業を超える荒業でしたね・・・ってかタイムパラドックスとか
これ大丈夫なんだろうか・・・もうめちゃめちゃです・・・

ただこれにて一件落着・・・無事終結しました
そう終われば・・・良かったのにね・・・

って事で最後の最後に・・・さらなる敵がの前に現れる事に・・・それこそが

まじな


が10年前の過去で出会ったの父親で当時の『百鬼夜行』の頭首。
は過去での存在とが10年後に居ない事を話してしまっていて
だからこそ自分の暗殺計画を確信して・・・の存在が矛盾から消えないように

死を装って姿を隠していた

って事みたいで単純にこれだけならは父親が戻ってきて幸せだったんだろうけど
ここにきて・・・は要求を・・・

『百鬼夜行』は自分のものだから返してもらう

そして『青行灯』は危険だから始末する


『青行灯』が無力化されたことでもしかしたら他の『致命誘発体』も無力化するための
サンプルとなり応用が利くかもしれないからと『青行灯』を生かそうとしていたけど
は無慈悲に殺そうとする・・・はそういう考えを受け入れられず拒否

そこでが切った奥の手は・・・

百鬼夜行極製四〇式座敷童・迷

の完成形とも言える力を持った『座敷童』であり・・・

祝の母親

つまりは人間と妖怪のハーフである・・・そして

百鬼夜行は何よりも血統を重んじる

なので半分妖怪であると完全な人間であるでは
立場の重さが違う・・・という爆弾を置いていく事に・・・

は対抗する相手としてはあくまでを想定しているみたいで
に対抗できるのは試作体であるだけだと思っているみたいで
については相手にならないと思っている感じ。

でやっぱり生きていたに底の浅さを・・・
実は対人に特化した才能を眠らせているらしい艶美にすら劣る
ハッタリの才能しかない事を指摘されてぶっ飛ばされる事になるし

『油取り』をなんとか助けようとして・・・そして『百鬼夜行』
真っ当な組織に変えようとしていたたちにこの10年で一体何が起きたのか

裏ボス

とも言える存在として今後、たちの前に立ちはだかりそうな感じです。
ってかに力を貸してくれる人々はちゃんといるといいんだけど・・・大丈夫だろうか・・・

ただラストはマルグリットサキュバス『青行灯』『油取り』を連れて
無事家に帰り・・・そして

ただいま、姉ちゃん

と笑顔で言ったで締められていたので・・・なんだろう・・・

なんとかなりそう

そういう希望が持てる最後になっていましたね・・・さて次からはどうなるのか・・・
色々と楽しみですね・・・『青行灯』の行動とかも・・・
あと、前回活躍しすぎて今回出番がほとんどなかったの活躍も期待したいところ

それと子供の頃の・・・なんか妖怪に好かれすぎてて凄かったけど
今も実質は変わってないんだろうか・・・気になるところ。

最後に一文。

『巫蠱の透視者』のセリフ

改変前はお互いを不信視して殺し合いにまで発展した『病魔の使役者』と彼女
改変後は背中を預けて戦っていたわけなんだけど・・・

まさか兄妹だったなんて!!

という驚きと・・・『病猫の使役者』と女子を助けようと
なんかすっごい頑張ってる兄に軽い戦慄を覚えている妹としてのセリフとか
爆笑したのでコレで。
小声なのでサイズは小さいです。

これがなかったら間違いなく↑で書いたの最後の言葉だったんだけどね・・・

「・・・何よ、結局お兄ちゃんのペースじゃない。

 しかも妹より干支一回り近く年下の女にご執心とか、

 どう反応して良いのかしら、これ」

「・・・というか何かと思えばまた年下か!?

 病猫のヤツよりさらに小さい!

 祝様といい化生の口寄せといい、

 一体お兄ちゃんに何があった!オロオロ・・・!?」


にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
インテリビレッジの座敷童 (7) (電撃文庫) インテリビレッジの座敷童 (7)
(電撃文庫)

(2015/6/10)
鎌池 和馬

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

五本指の病魔と巫蠱さんの兄妹会話は面白かったです
ブラコンっぽい巫蠱さんのお兄ちゃん呼び
祝様や病猫や幸への対応からロリコン疑惑の病魔さん(笑)

呪は百鬼夜行は血統を重んずると言いますが
是非ともロリコン疑惑の病魔さんには祝様側についてもらいたい
巫蠱さんは呪側について兄と対峙してもよし
祝様側についてブラコンぶり発揮してもよしですね

呪さんは祝様は取るに足らないように言っていましたが
座敷童と人間のハーフなら追加武装的なの40式や39式みたいな力は使えなくても運命を司る座敷童の力とか呪さんの力とか当人の力には及ばずとも片鱗は使えないのかなあと気になってます

樒さんは対人戦なら艶美ちゃんと言ってましたが
7巻以前では菱神の女に対抗できるのは菱神の男ともありましたし
個人的には舞さんはそうであるように振る舞う専門家なら
対菱神樒の専門家であるように振る舞ってリンベンジしてもらいたいです
結局だれが樒さんと戦うのかわからないなあ

過去忍と渚のおままごとがカオスすぎる
渚の犬がお父さん役、縁さんは赤ちゃん役、その他家族役に貧乏神や蠱毒とかなにそれ怖い

だいぶ7巻で伏線回収しましたね
まだ残ってる伏線と7巻で新たにでた伏線探し直してます

舞と三島警視の6巻のセリフとか
暗殺とはいえ呪達を葬った身内や手法も気になりますね
正面からぶつかったらあんな化物じみた人達どうしようもないし

ご存知かと思いますが真早さんのブログtranshy-diary(仮)にてラフが見れます
本編では掲載されていないモブキャラ達も多く描かれていてより一層楽しく読めますよ

長文失礼しました
カレンダー(月別)
11 ≪│2016/12│≫ 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。