スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

影執事マルクの迎撃

あらすじ

ヴァレンシュタイン家の広大な庭の木々が倒れた朝、
招かれざる客—強大な契約者が三名来訪した。
執事・マルクの丁寧な接客の結果、彼に四つの使命が加わった。
一つ、屋敷を襲撃した三名の契約者の速やかなる排除。
一つ、その契約者たちがいかなる情報を入手し襲撃したのか調査。
一つ、在るはずのない存在と現象を許容し、それを理解、対処できる庭師の確保。
一つ、…新たなメガネの購入。
その使命を果たすため、屋敷を出る許可を美貌の当主・エルミナに申し出たところ、
エルミナも一緒に行くと言い出して…。

感想

戦う執事さんの話。2巻です。

前回、無事ヴァレンシュタイン家の執事となったマルク
今回はいきなり3人の契約者に襲われてしまい・・・・・

今回はマルクが主であるエルミナと共に街にでる話。

ぶっちゃけデートに見える。

マルクが他の女性と話していると不機嫌になったりと、

エルミナ可愛い。

そして今回はエルミナの力や過去が少し語られます。
彼女にとってマルクアイシャがとても支えになっているんだとわかります。

さらに前回、敵として対峙したアルバセリアは今回協力してくれます。
こういう展開大好きなので燃えました。

アルバ達が再びエルミナ達を襲わない理由は世知辛いものを感じますが・・・。
エルミナ達が住んでいる町はとてもいい町だとわかります。

そして今回あまり話の大筋に関わらないメイドのアイシャ
彼女が契約者になった経緯や彼女が起こしたと思われる事件などが
少しだけ語られてます。
アルバと同じクーランと呼ばれる一族の彼女。
アルバが何故エルミナを襲ったのかの理由とあわせて考えると。

もしかしてこの2人は・・・・・。

そして今回、新たに登場した契約者3人。

特にアーロンカナメはこれからもばんばん登場しそうです。
なにせ・・・・・・・・ですから。

エルミナアイシャマルクに好意を抱いているっぽいです。
セリアは違う方向ですがマルクに執着。
今回、新たに登場した”彼女”もどうなることやら・・・・・。

そしてエピローグのドミニクの豹変は呼んでて笑えた。

最後に一文。
力を行使しようとしたエルミナを静止し契約者から守るため駆けつけたマルク
エルミナの色々な疑問を含んだ問いかけに対するマルクの答え。
それは全ての疑問に答える一言。

「私があなたの執事(バトラー)で、

           あなたが私の主だからですよ」


にほんブログ<br />村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。


影執事マルクの迎撃 (富士見ファンタジア文庫)影執事マルクの迎撃
(富士見ファンタジア文庫)
(2009/01/20)
手島 史詞

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。