スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

聖剣使いの禁呪詠唱 12

あらすじ

「発表しまーす。今日、この学校は」 

「オレたちの手で滅ぼすと決めた!」

諸葉不在の亜鐘学園を襲う未曾有の危機。

反・救世主を唱える六翼会議の熾場亮が暗躍し、レナードとルイーズ、
そしてヂーシンまでもが、学園壊滅の嵐を巻き起こす! 

対抗するのはサツキ、静乃をはじめとした実戦部隊の精鋭たち。
絶望的危機下にあって、誰もが命と全力を賭して立ち向かう。
心は一つ、諸葉の帰還をひたすらに信じて……! 

「皆のことはこのあたしが守ーる!!」 

「夫の留守を守るのは妻の務めよ?」 

招かれざる悪魔どもの来訪に、一致団結で立ち向かえ! 
若き総力結集の防衛戦に挑む、超最強学園ソード&ソーサリィ第12弾!!

感想

聖剣使いの禁呪詠唱の12巻

前回のラストで亜鐘学園が『六翼会議』のメンバーである
レナードに襲われた所から始まる今回

主人公である諸葉がアメリカに行っていて不在という状況下で
最悪の状況になった生徒達の奮闘・・・なんですが・・・

主要メンバー以外はやっぱりパッとしない

『実戦部隊』のメンバー・・・特に中心メンバーはきっちり戦い
何人か弱気な隊員はいても頑張って戦ってはいたんだけど
『救世主』ではあってもランクが低い一般生徒は・・・戦えないという状況。

自分達も参戦すべきでは?って生徒もいたけど
あまりに実力が違う戦いに及び腰になってしまったり
悪いのだとただただ自分達の無事を祈っていたりと・・・
『実戦部隊』の主力が卒業によって抜ける今後が心配になる状態でしたね。

それでも・・・サツキレナードとの最後の攻防で言い放ったセリフは
今後の展開に希望を残しそうなものでしたけど・・・さてどうなんでしょうか・・・気になるところ

今回のメインとなった戦いについて書くと

春鹿 VS レナード
迅 VS レナード


まずこの二つ・・・最初に前回のラストの続きのまま春鹿レナードと戦闘開始
この二人は凄くぶっちゃけると

同じタイプの『白鉄』

であり彼らの適正は何においても

スピード

というタイプであり・・・そしてレナードはそれを突き詰めた存在
春鹿諸葉の導きでそれを目指す存在・・・って感じになっていて
当然だけど・・・現在の地力の差で春鹿は負ける事に。

そして駆けつけたレナードの戦いについて・・・この二人も

同じタイプの人間

という共通点があり・・・

最強を目指す

という点で似た存在であると言える二人であり総合力ではおそらくが勝ち
だけどレナードの経験値と・・・そして彼の

フィニッシャー
終焉剣

という武器と・・・技術によってもまた敗れる事に。
最強を目指す事に躊躇も手段も選ばないゆえにレナードは強く
そして何より・・・彼固有の武器とは別の『終焉剣』
彼がアメリカ支部滞在時にアーリンが作ったらしい『黒魔』『闇術』
込めてもらってそれを弾丸として装填することで
諸葉の使う『太極』と同じ現象を引き起こしているわけで
その一撃はまさに全てを終焉させる一撃でしたね・・・

ただ春鹿にとっては自分の完成形とも言える彼の戦い方を見たことで

自分にはスピードしかない

というネガティブな発想から

誰にも負けないスピードがある

というポジティブな発想を得る事ができて、普段から諸葉が凄いと言っている言葉を
きちんと信じて・・・自分を信じて行こうと前向きになれたのは僥倖だったかも
この戦いが春鹿のさらなる成長に繋がりそうな予感
何気に練習中だった技をぶっつけ本番で成功させたりと
決して才能がないキャラじゃないですしね・・・

は逆に悔しさを感じていたわけで・・・『ランクA』同士の戦いで負けて
目指す『ランクS』への壁の厚さを実感していた感じ
まぁこの人はそれでも諦めなさそうだけど・・・ここまでくると
もう1度くらい彼が壁を破って『ランクS』に到達する・・・って感じの展開を期待したいところです。

サツキ・静乃・実戦部隊 VS ルイーズ

こちらは同じく『六翼会議』の一員であるルイーズが作ったゴーレムとの戦い
彼女自身は遠距離からゴーレムを操作して遠見の術みたいなので
こっちを煽ったりしつつ・・・という自分の身は安全な状態での戦い

シャルルと同じ姓なので『黒魔』として凄いのかと思ったらそうではなく
ただ・・・『ランクS』ヴァシリーサよりも保有魔力が多く
ゴーレム作りの天才であり

歴代最高のパリのサン=ジェルマ

と学園の教師が称したシャルルの先々代の『パリのサン=ジェルマン(PSG)』であり
歴代最強と謳われるシャルルとは毛色が違う感じ。

基本的にかなり不器用らしくてスペリングが遅く実用性に欠けるみたいで
だからこそどれだけ時間をかけても完成させられるゴーレム作りに特化したみたい。
『異端者』を材料にしたりしてかなり凶悪であり
現役の頃も結構後ろ暗い事をする魔術師たちの中でもなお疎まれるレベルの人間であり
最終的には先代に討ち取られた人間みたいで100歳を超える女性
なのに見た目12・3歳ってんだから異常性は際立ってるんですけどね。

ゴーレムの相手はサツキ静乃『実戦部隊』のメンバーを
副長である斎子が指揮して事にあたり・・・

なんとか押さえ込める

ってレベルでしたね・・・やはり無双できる人がいないと厳しい様子でした。
それでも諦めず戦い続け7体中1体を破壊して、さらにレナードの攻撃の余波で
2体が破壊されて・・・と順調に進んだんだけど・・・まぁ苦戦でしたね。

特に静乃諸葉が関わらないと普段は昼行灯って感じで訓練もおざなりであり
その結果、体力的な問題や限定された状況下で細かい制御ができなかったりと
反省する点が多々と見つかって自分で反省したり・・・
諸葉を支えていく上での理想の力を斎子の指揮に見出したりと
これからの成長に期待できる部分はあったけど・・・今はまだまだって感じでした。

途中から斎子サツキ達の援護に向かわせたんだけど
その後、致命的な事態が発生してさらに大量のゴーレムを召喚され
一般生徒にもかなりの負傷がでたりして・・・それでもなんとか持ちこたえながら
戦い続けた『実戦部隊』はやっぱり凄いけど・・・相手にもならなかった
一般生徒たちのレベルアップは急務な気がする・・・
1年はともかく2・3年は今の情勢だと『白騎士機関』に行っても
苦労しそうな感じですしね・・・

レーシャ VS ヂーシン

こちらは裏切りの『ランクS』で新しく『六翼会議』に加わったヂーシン
レーシャの戦い。

さくっと負けて終わり

でしたけどね・・・諸葉に切り裂かれた両目が治らず盲目なヂーシン
受けにまわっていて、レーシャは彼との前の戦いを機に
剣術を鍛えたけどそれでもなお

隔絶

というべき差が二人にはあって・・・最終的に負けて『レプラザン』を奪われ
学園の結界をそれで破られてしまったわけで・・・完敗って感じでしたね。

まぁそれでもヂーシンいわく、レーシャの成長は著しいみたいですけど。
最後は隙を見て助けに現れた初介ヂーシンの目をなんとか盗んでレーシャを回収して終わり

初介のこの彼自身は嫌う暗殺者の技量は結構凄いですよね・・・
敵には容赦しないですし・・・結局、どんな技でも使いような気がしますね

ヂーシンは不老不死を目指していて、『六翼会議』の目的はさらにその先の何からしいけど
ヂーシンはなんていうか・・・保身に関しては凄いブレないですね・・・

サツキ VS レナード

でも勝てなかった相手に果たして・・・と思ったら

凄く相性がいい

と判明・・・持ち前の『通力』の強大さによる攻撃を受けてもほとんど
ダメージを受けない圧倒的防御力と
それによる面の攻撃の連射でレナードを寄せ付けないという
意外といい感じの戦いになりました

まぁだからこそ『終焉剣』を抜かせてしまいはそれに真っ向から対抗して敗北
そしてこの状況でもなお戦おうとしない一般生徒たちを嘲るレナードに対して

自分がみんなを守ってみせる!

と・・・決意を込めて全力で・・・今まで7門全て開放していてもまだ完全でなかった『通力』
ついに完全解放され・・・レナード『終焉剣』サツキの一撃の激突に・・・そして・・・

相殺

という結果に・・・

サツキ、すげー

レナードも脱帽って感じで自分に戦いを挑んだ3人に関してはとても気に入り満足したっぽい
レナードは最強を求めるあまりに過程も方法もこだわらないタイプであり
弱者・・・とくに戦う気概が無い相手を見下している感じで
おそらくある程度弱くても向かってくるなら馬鹿にはしないと思うんだけど
それでもやっぱり敵・・・根本的な部分で相容れない相手っぽいですね。

それにレナードに対して言ったサツキのセリフは・・・なんかフラグになりそう。
主要メンバーばかりに目を向けている『六翼会議』
彼らの足元を掬うのは・・・って感じで・・・この先の展開に期待

諸葉 VS ルイーズ

戦いの合間に校長である万里宇佐子によって浚われてしまい
『移ろいの門』による諸葉の帰還がかなわなくなってピンチだったわけですが
こんな時のための

ビックリドッキリメカ

って事でアーリン作成の速度だけに主眼を置いたロケット型の輸送機で
マッハ15の速さでアメリカから飛来して無事最悪の一歩前で間に合った諸葉
アーリンのメカについては・・・もうツッコミはなしにしよう・・・うん・・・

相手はルイーズが全てのゴーレムを引かせた後に呼び出した
雷龍という巨大なゴーレムであり・・・流石の『実戦部隊』
戦いでボロボロのサツキも絶望を感じていたわけなんですけど

絶望?それって主人公の事だよね!

って事で仲間を友人を母校を傷つけられて最初から怒りMAXの諸葉
ルイーズはそれに気づかずと引き分けたの本当なのか?とか煽ってたんだけど・・・

                   ナ  ム  ・  ド  ウ  ル  ツ  ク
源祖の業の太極 『鳴神まつろわす霹靂の蒼剣』

アニメオリジナルだった雷の第八階梯を剣に纏わせたアレですかね・・・
まぁ結果は『六翼会議』の本拠地でルイーズがピアノを弾きまくってました・・・

八つ当たりで

なんていうかとりあえず諸葉が強すぎて敵としたらなるべく戦わない状況を
作るほうがいい感じなんですかね・・・今回のように・・・
ただ万里を浚って・・・摩耶を悲しませ・・・泣かせたわけで・・・

あ、もうこれ許されないでしょ

って感じで完全に敵対認定というか・・・殲滅認定されたんじゃなかろうか・・・
その上で万里の能力をどう利用したのかラストではロシア支部に
転移による襲撃を仕掛けていたし・・・もしその結果、知り合いが死のうものなら・・・
『六翼会議』の安否の方を案じたくなるよ・・・うん・・・

気になったのはこれが万里の意思によるものだったりした場合であったり
後は・・・敵の『巫女』が学園から何かしらの気配を感じていた事・・・かな?

『六翼会議』の仲間であるっぽい田中の今後の行動も気になるしなぁ・・・
なんか今回は普通に学園側で戦っていたけどね・・・さてどうなんだろうか・・・

次の13巻は短編集で8月、14巻は10月予定らしいけど・・・
楽しみに待っていようかと。

最後に一文。

サツキのセリフ

戦わない一般生徒達を馬鹿にするレナードサツキが言った言葉
いつかこれが実現する展開になってくれると燃えるんだが・・・って事でコレ

 あ た し た ち
「亜鐘学園生はクズじゃない。

 勘違いしてたら、いつか足元をすくわれるわ。
  あ ん た ら                  あ た し た ち
 六翼会議を叩き潰すのは、亜鐘学園よ!」


にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
聖剣使いの禁呪詠唱《ワールドブレイク》12 (GA文庫) 聖剣使いの禁呪詠唱
《ワールドブレイク》12
(GA文庫)

(2015/6/12)
あわむら 赤光

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー(月別)
11 ≪│2016/12│≫ 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。