スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界の終わりの世界録(アンコール) 4 異端の覇王

あらすじ

伝説の英勇エルラインが遺した至宝「世界録」。
その在り処を世界中の国や旅団が探し求める時代―

聖女エリエスとの邂逅を経て、揺るぎない決意を胸に刻んだレン。
次の目的地として一行は、不穏な動きを見せる「王立七十二階位特務騎士団」の真意を測るべく、
エリエスの「カナン巡礼聖教船」と共に覇都エルメキアを目指す。

待ち受けるのは、世界最強の男・騎士王ゼルブライト、
そして精霊の怯えの正体を探る剣聖シオン。

偽英勇は、やがて伝説となる英雄たちの輪舞曲の中心で、
その存在を証明する―

いま、最も王道を行くファンタジー、大騒乱の第4弾!

感想

世界の終わりの世界録の4巻

表紙は『カナン巡礼聖教船』と呼ばれる『旅団』『聖女』と呼ばれる
『精霊』と感応できる唯一の存在と言われていたエリエス
実際が『剣聖』シオンとか主人公であるレンとかもなんですけどね。

今回は前回の終盤でレンエリエスを襲った謎の存在、

 エ  イ  ド  ス
虚構精霊

と呼ばれる存在の秘密が現在もっとも最大の『旅団』である
『王立七十二階位特務騎士団』にあると推測してエリエス達とその本拠地である
覇都エルメキアを目指す事になり、待ち受けるのは『騎士王』ゼルブライト
そして『剣聖』シオン『天界』経由で潜入してきて・・・と

主要メンバー揃い踏み!!

って感じに今回はなってます・・・1巻から名前はでていたけどレン達と直接関わらなかった
彼らの前についに・・・『偽英勇』と呼ばれたレンが立つわけで・・・
前回、弱いままではいられない!と気持ちを新たにしたレンがどう立ち向かうのか・・・
って感じになってます。

まぁ・・・うん・・・

才能って恐ろしい

その一言に尽きる話でした・・・具体的には

ゼルブライトがチートすぎる

って話・・・基本的にほとんどのものを『不純物』であると断じて気にせず
ただただ君臨する者・・・それが彼

何故彼がそんななのかというと

鍛えなくても生まれつき強い

というトンでも才能の持ち主であるから・・・力だけを見るなら
『英勇』エルラインに匹敵すると言われるレベルの人物であり
ただ自分が強くある事のみを追求している感じであり
他の者が強さを追求し・・・その手段がどんなものであろうと

力を手に入れられるなら別にいいだろう

と気にしないので部下達が何をしていても気にしないし
やろうとするなら止めない・・・結果が彼らの後ろにいた

『碑文の三賢者』

と呼ばれるずっと大昔の文明の思念が宿った碑文の暗躍を許し
『虚構精霊』や対天使装備などなどが生まれる切欠になったみたい。
ただし・・・

ゼルブライトは素で強いので使わないけど

と・・・本当にそこらへんを些事と切り捨ててしまっているタイプであり
そして生まれ持った才能で強大な力を持つ彼と主人公であるレン
まさに対極と呼べる存在として出会う事になったわけで・・・

レンにとって大きな試練

でしたね・・・前回強くならなくてはと決意して少しは成長できた
『精霊』に師事する事で力も技術も増したわけなんだけど・・・その努力をあざ笑う
存在こそがゼルブライトですからね・・・

一応、ゼルブライト『碑文の三賢者』から『英勇』の資質を持つ存在として

騎士王ゼルブライト─英勇の再来というべき偉力を与えられた者

剣聖シオン─英勇の再来というべき器量を与えられた者

偽英勇レン─英勇の再来というべき面影を与えられた者


の3人だと聞かされて興味は持っていたみたい・・・
基本的に強者である事にしか興味がないから自分に匹敵する存在は
どっちかというと嬉しい事みたいで、今回の一件も最後まで動かずに
自分の下までレンが来るのを待ってましたしね・・・

結果は・・・

最初は失望・・・相手にならなさに興味を失いかけ

次に困惑・・・もう立てないと思ったのに仲間の声援で立ち上がり

最後は歓喜・・・自分の剣を砕き、そして『英勇』の剣と『精霊』に認められた
レンの本当の『英勇としての資格』と力を感じてシオンと同様に
自分が戦うにふさわしい相手であると認めて・・・と
なんだかんだ言いつつもレンゼルブライトにも認められたみたい。

偽者と言われて蔑まれ、それでも理想を捨てずに目指し続けてきた彼を
三大姫五大災竜帝女神聖女騎士王が認めた・・・
途中で現れてレンを助け助言をしたシオンも忠告に即答して言ったレン
認めていた感じだし・・・

本人気づいてないっぽいけどかなり凄い

ですよね・・・これだけのメンバーに認められながらも単純に足りないのが
実力である・・・ってのがなんともしがたい部分なんですけど
伸び代は十分すぎるくらいあるわけですしね・・・『精霊』への師事は
現状友達って感じのイフリートノームしか力を貸してくれないけど
エリエスを倒したことと、認めてくれるまで待つっていうレンの意見を
好意的に受け止めていたシルフウンディーネの力もこれから
借りられるようになるかもしれないしね・・・
今回の一件でエルラインが初期に使用していた『霊剣ヴィエルジュ』
いつもは召還してもすぐ戻っていくのに今回は戻らず・・・

レンの傍こそが自分の居場所

というように彼の傍に付いていたので・・・新しい武器もゲットしたし
これからまだまだ成長しそうな感じ・・・

まぁゼルブライトは普通の鋼の剣で戦ってたんですけどね

この人の身体の構造が気になるよ!?

って感じです・・・どんだけだと・・・
しかもこの人、『世界録』にすらあんまり興味がないみたいで
元々それに載ってるであろうエルライン達が戦った謎の存在を知りたかったみたい
戦うために・・・それも全部レンに託して再び合い見えたのなら・・・って感じで
『虚構精霊』の製造がバレると困る王族が『旅団』上層部を
尻尾切りみたいに責任を押し付けて追放したので彼もリーダーじゃなくなったけど
特に気にすることなくどこかへ向かって行ったし・・・ある意味で
強さってモノにストイックなのかもしれない・・・最初から強いだけに。

他のメンバーではエリーゼフィアがいい感じでした。
そして

キリシェ自重!!!!!

でした・・・うん・・・こいつら強すぎるからちょっと自重しないと
色々と・・・周りが危なくてしょうがないですよね・・・うん・・・

彼女たちが今回戦ったのは『虚構精霊』であり『碑文の三賢者』
レンの心を折るために差し向けたわけで

『武闘家』であるフィアには物理事象を反射する相手

『法術士』であるエリーゼには術式事象を反射する相手

であり交換すれば容易に勝てそうだけど・・・お互いにそれは駄目だと
レンも頑張ってるんだしプライドもあるしとそのまま戦闘続行

反射って言っても99%だから1%は通る

という事に気づいたフィアはひたすらダメージを積み重ねて
最後は必殺技っぽいので撃破

天使の必殺技が拳に力を込めた一撃って!?

とか相変わらずこの物理天使にはツッコミどころ満載でしたね
エリーゼのほうも

魔皇姫 エリゼリス

かつての姿に戻って同じように術式の力押しで撃破・・・こいつも大概だ・・・
そして・・・無限に再生する敵を相手にしたキリシェは・・・

面倒くさいから竜の姿に戻って息吹で消し飛ばした

こいつが一番力押しだ!?

敵の目をひきつけるためにケルベロスの影を呼んだエリーゼもアレだけど
巨大な竜を召んで街を練り歩いたキリシェも色々と自重してなかったし
色々と・・・搦め手を力技で突破するのが好きだよね彼女たち・・・

色々な防護がされていたい巨大な門をフィアが物理で破壊したり・・・

うん、どの娘も五十歩百歩だな!

3人とも高い技術も高度な戦略も持ってるのに・・・やるのは力押しって・・・
いや、突き抜けて強いからこそなんだろうけどね・・・
ある意味で彼女たち3人もゼルブライトと同じ生まれながらに強大な存在なんですよね・・・
これを兄的存在として纏め上げていたらしいエルライン・・・いったい何者だったんだ・・・

他にもエリエス『王立七十二階位特務騎士団』の第二位と対峙したり
『虚構精霊』の製造を担っていたっぽい第四位とか
シオンと対峙した第三位・・・彼らも追放されたわけだけど・・・
このまま黙っていそうにはなさそうだし・・・色々とありそうな予感

次回は『終焉戦争』の舞台となった場所へ行くための封印を解く最後の鍵を手に入れるために
エリーゼの故郷である『冥界』に行ってエリーゼの弟である魔王と会う事に。
レンが彼に認められる事ができるかどうかとか
『五大災』の動きなども気になるところ・・・でも結構楽しみな部分もあるわけで・・・
おそらく

エリーゼ回

だろうしね・・・他にも遺跡を破壊して回る謎の組織『沈黙機関』の存在が
シオンによって語られたり・・・

精霊の姫 真天使

と呼ばれる存在がエリエスから語られ、レンも名前を知ってると言われた存在
レンが通っていた『聖フィオラ旅学園』の名前の由来もその存在が持っているっぽいんだが・・・

真天使?フィオラ・・・?

あ、フィオラミス!


という事で作者さんの別作品で先ごろ完結した『SIREN-次世代新生物統合研究特区-』
登場した”彼女”の事っぽい・・・やっぱり世界繋がってるんだなぁ・・・

エルライン達が戦った謎の相手ってのも気になるし・・・そこらへんもリンクしてそうな予感
『SIREN-次世代新生物統合研究特区-』の最終巻では
主人公とヒロインがこの『世界の終わりの世界録』の世界へ向かうっぽい
描写もあったわけだし・・・そこらへんの関係もどうなってるか気になるところ。
時間軸は違うような気もするし・・・ヒロインの名前が”フィア”だったってのも
気になるわけで・・・さて・・・どうなってるんだろうか・・・

あっちで登場した”キリシェ”もそういえば色々とチートだったよね・・・
電子分解とか・・・洒落にならなすぎて・・・

最後に一文。

キリシェのセリフ

色々と候補があったけどラストのこのセリフでこっちに変更

なんなんだ・・・このかわいい生物は!!

って事でこれ・・・船酔いで弱ってると甘えてくるとか・・・
面倒くさくなって敵を消しとばしちゃってついでに城も崩壊させちゃった
竜の姫はどこいった・・・でも可愛いから別にいっか・・・って事でコレ。

「・・・抱っこして部屋に運んでくれ。

 船酔い、もう嫌だ・・・」


にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
世界の終わりの世界録<アンコール>4 異端の覇王 (MF文庫J) 世界の終わりの世界録
<アンコール>4 
異端の覇王
(MF文庫J)

(2015/6/25)
細音 啓

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー(月別)
11 ≪│2016/12│≫ 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。