スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

下読み男子と投稿女子 -優しい空が見た、内気な海の話。

あらすじ

平凡な高校生の青は、実はラノベ新人賞の下読みのエキスパートだ。
そんな彼は、ある日応募原稿の中に、同じクラスの氷ノ宮氷雪の作品を見つける。

“氷の淑 女”と呼ばれる孤高の少女が、
フォント変えや顔文字だらけのラノベを書いて投稿している!?

驚く青だが、その後ひょんなことから彼女の投稿作にアドバイス をすることに。
評価シートに傷つく氷雪をあたたかく導き、世界観、キャラ設定、プロットと、順調に進んでいくが…。

爽やかな青春創作ストーリー!

感想

『文学少女』シリーズ『吸血鬼になったキミは永遠の愛をはじめる』シリーズ
作者さんの新作

単発作品・・・かな?
感想は短めで。

『下読み』と呼ばれる公募文学賞の一次選考(時には二次選考)を担当する仕事を
シナリオライターである叔父からバイトとして引き受けている
どんな本でも楽しんで読むことができる
クラスで『氷の淑女』と呼ばれその美貌とお嬢様であるという話から
羨望の眼差しを向けられながらも、その冷たい態度から近寄りがたいと
思われている氷雪の青春ストーリー

とりあえず単純に

面白かった!

感想はこれですね・・・ぶっちゃけこの『下読み』って仕事については

ガチで体験してみたい!!

って思えるものであり・・・基本雑食というかどんな本でも読む自分としては
文学賞に応募される作品・・・ってのも読んでみたい感じです。
特にが請け負ってるのはライトノベルレーベルのものみたいですし面白そう。
それでお金もらえるとか・・・なんてうらやましい!!

それを2年続けて実績というか・・・数人の受賞者とかもだして
『下読み』をなによりも楽しみにしていて連休もそれを読むことに
情熱を燃やす感じの

でも別に他人との関わりをおろそかにするってわけでもなく
挨拶とかきちんとしている感じなのでクラスに男女問わず友人も多く
何かあれば心配される感じの男子高校生。

一方で氷雪はその美貌から近寄りがたく、対応もそっけないせいで
遠巻きにされているんだけどそれを気にしない感じの女子高生
接点がなさそうな二人だったんだけど・・・

あれ?『下読み』の作品の中に氷雪のが?

が気づきその内容も

コテコテのライトノベル

であろ、フォント変更や文字サイズの変更、絵文字の多様
さらにはハーレムものな内容だったりと氷雪のイメージとは
全然違う感じの作品であり・・・そして初めて身近に・・・
話そうと思えばすぐに話せる相手の登場にが我慢できずに
接触を持とうとして・・・ってのが馴れ初めだったわけだけど・・・
この氷雪・・・

引っ込み思案で残念なネガティブ女の子

という事が徐々にわかってきます・・・そんな彼女にライトノベルの書き方を
教えてください・・・とは頼まれ了承。

あくまで『下読み』経験からの一次選考を通過するための要点のようなものを
教えるだけでありもちろんアドバイスもしていって二人で作品を作っていく感じ

基本的に家庭環境のせいでネガティブぎみであり
今までの投稿作品の評価で酷い総評を書かれた事もあって
人気作品のテンプレを無理に入れようとしちゃったりする氷雪に対して
が凄くポジティブに・・・氷雪の作品の良いところを具体的にあげつつも
足りない部分を補足するような意見を言っていくって関係が
自分に全然自信がない女の子になってしまっている氷雪の心を
徐々に解きほぐしていく感じでとてもよかったですね。

自分を肯定してくれるに徐々に氷雪は心を開いていって・・・
恋愛ものの登場人物・・・主人公とヒロインが二人をモデルにしたようなキャラだったりと
彼女の想いも徐々に積み重なっていっている感じでしたし

氷雪への親切心が徐々に別の感情に・・・恋心に変わっていく事に
途中でようやく自覚して・・・今までどんな作品も楽しめるからこそ・・・
そして初恋の女の子も友人が好きだとわかったら二人がうまくいくように
協力してしまったなんて事もあり

自分には特別がない

と思っていたがどうしても失いたくないものに氷雪がなっていく過程もいい感じでした。
初々しいというか・・・うん

青春してるなお前ら

そんな二人が・・・の叔父の恋人を氷雪の好きな人と勘違いして
一騒動起きたり・・・氷雪がずっと怖がっていた彼女の祖母の真意に
が気づいて・・・ちゃんと話し合って氷雪と祖母の関係を修復したりと

お前らもう付き合っちゃえよ!

って感じになり・・・氷雪がクラスで挨拶するようになり
それに応える形で徐々に周りも彼女が周りを拒絶しているのではなく
ただ奥手で・・・そしてそんな一面は近寄りがたい綺麗・・・ではなく

愛でたい可愛さ

だと気づいてクラスメイトとも交流を深めていけるようになり
そして結果的に氷雪はカップルだと認識されるようになったんだけど・・・

最後の最後で青がへたれた・・・だと!?

二人の関係は投稿が終わるまで・・・という話だったんだけど
取材って事で水族館に行ったり、彼女がいると誤解されたくないとか
家庭環境の問題を解決したりとか・・・そういう事して仲良くなったのに

最後の一線を越えられない

って感じで・・・想いを伝えるって部分でがヘタレてしまいます。
氷雪のほうは奥手だし・・・さて・・・どうなるんだろう・・・って思ったら

ヒロイン、動く!

って事で氷雪が動きましたね・・・まぁの叔父が彼女に会いに来て

主人公が動かないならヒロインを動かす

と助言した事がとっかかりになり・・・そして二人の関係が始まった日に
が読んで評価シートを記入したという氷雪の作品・・・
その評価シートがこのタイミングで郵送されてきて・・・
そこに書いてある氷雪の作品に対する評価が・・・

氷雪を肯定してくれている

かつて彼女がショックを受けた評価シートとはまったく別の
彼女の良いところをきちんと評価してそれを伸ばすように・・・
の優しさが詰まったそれを見て氷雪は想いがあふれて・・・

青を呼び出して・・・そして告白

この場面ではもちゃんとして告白は同時になりましたけど・・・
そしてエピローグでは無事、氷雪の作品が一次選考を突破
二人の関係は

恋人同士と言われても否定しない

そんな関係に落ち着いたみたい・・・つまりそういう事なんでしょうね。

この二人以外にもの叔父や氷雪の祖母とか片や面白く
片や不器用すぎるくらい不器用でそれぞれ魅力があったしいい感じでした

キャラが実はラノベ作家・・・的な作品はそこそこあるけど
この作品での氷雪はそれらと違って決して才能があるわけではなく
一次を突破したからといって二次で落ちる可能性もあるし
最終まで残って落ちる可能性もある・・・なのであくまで作品を書いて成功する事ではなく
その過程での主人公とヒロインの関係が焦点であり
そこがとてもいい感じでした。

最後に一文。

主人公であるの叔父・・・朔太郎のセリフ

二人の関係が終わってしまう事にうじうじしたいて氷雪
そんな時に朔太郎氷雪に行った物語を動かした言葉

シナリオライターらしいセリフですけど・・・実際にこれで二人の物語は
再び動き出したって感じだったのでコレで

「主人公がぐずぐずして前に進めなくて、

 話が硬直してしまった場合、

 オレならヒロインを動かすね」


にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
下読み男子と投稿女子 -優しい空が見た、内気な海の話。 (ファミ通文庫) 下読み男子と投稿女子
-優しい空が見た、内気な海の話。
(ファミ通文庫)

(2015/6/29)
野村 美月

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー(月別)
11 ≪│2016/12│≫ 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。