スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハイスクールD×D 20 進路相談のベリアル

あらすじ

「―オーフィスが邪龍に襲われたそうだ」

俺、兵藤一誠は、絶句するしかなかった―。

それは行方不明になっていたフェニックス兄妹がアジュカさまに保護されていると聞き、
俺たちグレモリー眷属が家を留守にしたちょっとの間の出来事だった。

すべてはリゼヴィムの陽動。
それは俺でも理解できることだった。

しかし、奴の卑劣な魔の手は俺の両親にまで及び…。

超クライマックス突入、学園バトルファンタジーコメディ、
レッドゾーンを振り切る赤龍帝のパワーアップが止まらない!!

感想

ハイスクールD×Dの20巻

表紙は・・・まさかの
                 バランスブレイク
アーシアの禁手!

と言っても作中で実際行われるそれはここまで実態のある鎧ではなく
オーラでしたけどね・・・というかヴァーリ回だって話だったんだけど実は

兵藤家回

だったよね・・・うん・・・今回の話って・・・

今回の話の流れ的には前回のラストで行方不明になったライザーレイヴェル
心配する一同・・・そしてそれに関わってる『皇帝』ベリアル
それに対してどうしたものか・・・って感じなんだけど
事態は・・・冥界の暗部・・・

レーティングゲームの闇

についての話になっていく事に・・・その正体こそが

王(キング)の駒

本来は主となる悪魔自身がその代わりである・・・とされてきたんだけど
実際は存在して・・・その力は

宿主の力を少なくとも10倍から100倍以上の強化

ってゲームのバランスを破壊してしまうものであり
だからこそ『悪魔の駒』を作ったアジュカ四大魔王たちは
政府に反意を持つものなどがそれで強化されてしまうのは危険だと
使用を禁止して存在そのものを秘匿したものだったんだけど
ゲーム運営をする冥界の上層部・・・古い世代の悪魔たちが
ひそかに自分の子飼い等に与えていて・・・彼らはそれによってトッププレイヤーになっていた。

ベリアルは使ってないけどランキング上位陣には結構使ってる相手がいて
そして・・・ベリアルの従妹であり妹のように思っていた女性悪魔が・・・
18巻で人間と・・・しかも教会の人間と恋に落ちたリアスの前任者でありクレーリア

彼女はこの人間との恋愛を原因に粛清された・・・と思われていたんだけど
どうやら古い悪魔たちは彼女が『王』の駒の秘密を知ってしまったために
口封じされた・・・ってのが真相だったみたい・・・

老害・・・マジ老害

ゼクラム・バアルが登場したときも思ったけど古い価値観に凝り固まって
既得権益を求めるために今を生きる若者に害をなすってのはどうなの?って感じ。

古き良きもの・・・残すべき伝統とかは確かに存在するけど
これはちょっとどうなの・・・って感じです。

この真実を知るためにベリアル『クリフォト』に・・・リゼヴィムに協力していたみたいで
今回の話で・・・この真相を『冥界』中に暴露してましたね・・・

これによって悪魔たちが・・・古い世代と新しい世代・・・それぞれがどう動くのかは
今後描かれるっぽくて今回はありませんでしたが・・・さて・・・どうなるのか・・・

そして本題である

人生相談

からの流れはまず学校での進路相談・・・みんな今後を考える中で
親同伴で教師と将来について話し合うわけなんですが

一誠がすごくしっかり考えてる!?

とちょっと驚くことに・・・まぁ考えてみたらこいつは
当初から

ハーレムを作る!

と悪魔になった後の未来について漠然と煩悩全開で考えつつも
自分なりにどうしたいか・・・はずっと考えていたりして
アーシア達を連れて行くとかについても了承していたし
不純な動機はあれど・・・最近はきっちり考えていたし
年下へはかなり顕著・・・同世代でもそうですが

物凄く面倒見がいい

それが一誠ですからね・・・何気に教師からの評価もそういう面では
かなり高評価であり、リアスの家の会社に入って・・・
いずれは自分で・・・って意見を親や教師に伝えていて
両親としては・・・

息子の成長が嬉しい

って感じだったみたい・・・まぁエロ方面については注意されてて
謝ってましたけどね

そしてそんな両親が・・・

クリフォトに誘拐されることに・・・

これは・・・

一誠の・・・赤龍帝の逆鱗に触れる

という事でガチギレします・・・しかも誘拐した時に
二人を人質にしてオーフィスを邪龍が嬲ったりしてボロボロにしたんで
めっちゃ怒ります・・・ってかただひたすら下種な邪龍でしたね・・・

まぁ・・・不死身に近い力を持つというこの邪龍も
一誠リアスの合体技

クリムゾン・エクスティンクト・ドラグナー
真紅の滅殺龍姫

『白龍皇の妖精達』リアスに次々に取り付いて鎧と化し『禁手』のような状況になり
制限はあるけど一誠と同じ力が使えるようになるというこの新技でぶっ飛ばされ
それでもなお復活して襲おうとしてたんだけど

三日月の暗黒龍 クロウ・クルワッハ

ドラゴンを知るためにオーフィスを観察するって事で最近は一誠の家にいた彼が
敵の行動があまりにも気に障ったみたいで参戦・・・

格が違う

とばかりに・・・そして俺に任せて先に行け・・・と・・・

あ・・・兄貴!?格好いい!?

って感じになってます・・・何気にこの行動の理由の一端に
アーシアからもなった

バナナ

が気に入ったってのもあったみたい・・・

あれ?いいのかそれで・・・最強の邪龍さん!?

そして親を助けに行くのは子供の役目・・・って事で
救出には一誠ともはや実の娘と変わらないアーシアが向かったわけですが

ベリアル・・・悩みすぎ

リゼヴィム・・・卑劣で最悪


って感じですかね・・・彼ら二人とバトルになったんですがべリアルは
自分の行動に迷いつつ・・・そしてリゼヴィムは最悪なことに

一誠を両親の前で龍化させる

という・・・最悪の状況を作り出して精神をへし折りにきましたからね・・・
最悪です・・・そして・・・

どうしようもなく小物

でしたね・・・リゼヴィムが・・・前に今までのふざけた態度ではなく
魔王の息子らしい態度を見せていたわけなんですが
孫であるヴァーリにはそれが虚構で素はふざけてる方だと見破られ
一誠の心をへし折る予定だった兵藤夫妻は

ちょっとした仕草で息子と確信して守ろうとする

という・・・

なんていい両親なんだ!?

ってくらいいい人で息子である一誠を・・・実は2度の流産を経て
ようやく生まれてくれた息子をとても大切にしている二人であり
たとえ見た目が化け物になろうとも関係なく守り抱きしめることができる親であり
そしてそんな両親の姿に・・・両親の愛に

子供たちが奮起しないわけがない!

って事でアーシアは二人を守るために上で書いたファーブニルの力を借りた『禁手』
広範囲を魔力で守り範囲内のものを回復させる力みたいですね・・・
そして一誠は・・・

ド ラ ゴ ン イ ン フィ ニ ティ ド ラ イ ブ
Dragon ∞ Drive 

真二天龍の片割れ、悪魔にして真紅の赫龍帝

『D×D
(ディアボロス・ドラゴン)


今の一誠の体を構成するグレートレッドの肉とオーフィスの力を解放し超強化

なにしてんのこいつ!?

リゼヴィムの特性である『神器無効化』もできないほどの強大なエネルギーで
無理やり攻撃を通しぶっ飛ばすことに・・・ここに至って一誠
『冥界』の3人の『超越者』のうちリゼヴィムは他の二人に二枚も三枚も劣ると確信
リゼヴィムは逃走する事になり・・・兵藤夫妻の愛を見たべリアルは
リゼヴィムが持っていた『フェニックスの涙』の効果を自身の力で『無価値』にして
最初からそうする予定だったようにリゼヴィムを裏切って投降・・・
二人が出会ったクレーリアの魂の姿を聞いて敗北を認めることに。

この人の今後については・・・どうなるのか今のところわからないですね。
レーティングゲームで戦ってみたいって人は多いみたいだし・・・

そして一方で逃走したリゼヴィムは・・・さらに格を落とすというか・・・駄目駄目に・・・
元々今回の作戦もかなり焦りがあったみたいで粗が多かったんだけど
その原因は前にファーブニルの逆鱗に触れて襲われた時のあれで

呪いを受け、眠ると夢の中でファーブニルに殺され続ける

って状況で睡眠をまともに取ることができずに憔悴状態であり
さらに自分の護衛としていたオーフィスの分身体であるリリス
悪ふざけでつけた感情が予想以上に育ってしまい・・・↑の戦闘の前に
アザゼルが接触して餌付け・・・さらに一誠オーフィスの事を出汁にして
勧誘された事で迷いが生じてしまってリゼヴィムを守れなくなり
さらに因縁を断ち切るために・・・追いかけてきたヴァーリに命乞い・・・

兵藤夫妻の愛が理解できず
虐待してきた孫に命乞いをして
リリスの中では お菓子 > リゼヴィム
自分が復活させた邪龍『アジ・ダハーカ』『アポプス』に見限られる


と・・・うん・・・あれだ・・・

もう駄目だ、これ

って感じです・・・邪龍たちには『聖杯』を自分の力で隠しておいたのに
それをあっさり奪われて持ってかれちゃうし・・・
そして最後は・・・孫や主人公に・・・『二天龍』に滅ぼされるって名誉すら与えられず・・・

かつて触れてしまった龍王の逆鱗

傷を負いアーシアの召喚に応じることもせず夢の中でリゼヴィムを襲い続け
そしてここにきてようやく本体の位置を補足した存在が・・・

  ギガンティス・ドラゴン
黄金龍君ファーブニル

が現れ叩き潰し・・・そして噛み潰して終了・・・いや、あの・・・

変態とか言ってスミマセン、怒らないでね?

って感じです・・・ドラゴン怒らせるのはやめましょうって格言ができるレベル
ってか実際に存在するわけでそれをサクッと破っちゃったリゼヴィムには
当然ともいえる結果だったのかも・・・いや、それにしてもすさまじい執念・・・

これが

龍の逆鱗に触れる

ってやつだったって事ですね・・・ってかリゼヴィムって
一誠ヴァーリって二人の『二天龍』の逆鱗にも思いっきり触れてたしね・・・
ただ何気に今回のこの一件でヴァーリが兵藤一家の姿に
見とれたりしてましたが・・・才能とか血筋とか圧倒的なヴァーリに対して
一誠が唯一・・・圧倒的に勝っていたものこそが今回のテーマというか・・・

家族愛

でしたね・・・ことこの分野ではおそらくヴァーリ一誠に適わない・・・
それこそ今回の序章で曹操とストラーダの会話で

誰かを愛した時にこそ貴殿を愛するものが現れ力が宿る

って言葉通りに・・・彼が誰かに心を許さない限りは・・・
最近じゃ力の差も縮まってきてるわけだしここらへんが今後のヴァーリの課題かも
といっても修行とかでどうにかなる問題じゃないわけで・・・大変かもしれないけどね。

一応、兄や姉のような存在とか・・・家族的存在は
いるんですけどね・・・あっちの作品のキャラで

さて、こんな感じでここからは『冥界』の闇とも言える問題
リゼヴィムが自分が死んだときに開放されるように仕組んでいた『トライヘキサ』の復活
それと共に動き出す邪龍たち

ドラゴン中心

といってもいい感じに事態は推移していきそうな感じ

アジュカサーゼクスとの友情のために『破壊神シヴァ』が余計な動きをしないように
自ら彼の元へ赴くことで牽制してるし

一誠は・・・今回の『龍神化』による代償で血を噴いて倒れたんだけど・・・
さてどんな恐ろしい代償が・・・

なんかキツイ代償じゃなくて斜め上の愉快な代償な気がしないでもないけど・・・
うん・・・どうなるんだろうか
あとがきによると覚悟が必要らしいけど・・・それは厳しいものなのか
それとも腹筋なのか・・・

最後に一文。

一誠と両親の会話

細かい説明はいらない・・・これが一番印象深かったので。
次点は『龍神化』の呪文とか色々あったんだけどね・・・

「・・・なあ、父さん、母さん。

 ─俺さ、父さんと母さんの子供でいいかな?」


「当たり前だろう」

「一誠は私たちの子供よ」

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
ハイスクールD×D (20) 進路相談のベリアル (富士見ファンタジア文庫) ハイスクールD×D (20)
進路相談のベリアル
(富士見ファンタジア文庫)

(2015/7/18)
石踏 一榮

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
カレンダー(月別)
11 ≪│2016/12│≫ 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。