スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カレイドスコープのむこうがわ

あらすじ

委員長の井上さんからバレンタインデーに渡されたチョコの意味に悩む普通の少年・道弘は、
学校からの帰り道、スーツ姿の美女と和服の少女という奇妙な二人組に出会う。
スーツの女は祓い師・門倉淑乃、少女は使い魔の小夜と名乗るが、あまりに日常から逸脱した
自己紹介に、道弘はとまどいを隠せない。
淑乃が言うには、道弘は幽霊や残留思念など、普通の人には見えない存在が見える
『同調者』らしい。
淑乃は怨霊退治の手伝いを、道弘に強要するが…。

感想

5つの短編からなる短編集です。

主人公の道弘は幽霊退治を手伝うことになるのですが、この作品は一般の作品と違って、
幽霊を”退治”できる人間(祓い師)と幽霊を”見る”ことができる人間(同調者)
別々に存在します。

同調者は集中することで幽霊と”同調”して認識しさらに他者と”同調”することでその姿を他人にも
見せることができるのですがこの能力のおかげで道弘は淑乃小夜の仕事を手伝うことになり
いろいろ大変なことになります。

この作品はお祓いパートで経験したことや感じたことで道弘が成長してそれが日常パートのやりとりにつながっていく感じになっています。日常パートがメインなのだと感じるときもあります。

祓い師の仕事パートでは悪霊や怨念のようなものが相手のときでもそれほど怖い描写もなく
普通に読んでいけると思います。
むしろ道弘は周りの人間に危害を加えられているような気がします。特に淑乃さん・・・

作品全体を通してキャラ同士の掛け合いに違和感もなく読みやすかったです。

「義理じゃないけど、チョコいる?」

この本のオビにも描いてあり道弘が井上さんからバレンタインデーのチョコを貰った時(受験間際)に言われたセリフなのですが・・・・・ほとんど告白じゃん。
道弘は渡されたチョコの意味に悩むのですがおいおいって感じです。
中学を卒業して別々の学校に通うことになった後も井上さんは見たい映画があると道弘に
連絡したり勉強をみたり買い物に誘ったりしているのですがそれがアピールだということに
気づかれてないようでかわいそうになります。
まぁ実際読者からは2人が両思いであることは明白なのですが。
だいたいの話で最後の方に井上さんとのオチがあって面白いです。
特に3話と5話の最後の井上さんの言動はかなり可愛かったです。道弘、お前ってやつは・・・・・

他のキャラクターもそれぞれ個性があって読んでいて楽しいと思います。まぁ個性的すぎる人も
いますが・・・。ちなみに私の一番お気に入りのキャラは5話ででてくる"トキ"だったりします。

全2巻で次の感想は2巻のものになると思います。
それでは最後に一文。やっぱりこれだと思います。

「義理じゃないけど、チョコいる?」

カレイドスコープのむこうがわ (電撃文庫 (1404))カレイドスコープのむこうがわ
(電撃文庫 (1404))
(2007/03)
三木 遊泳

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。