スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カナエの星 3

あらすじ

夏。そして、海。
都会の喧騒を離れ、まぶしく輝く水着姿の女子たちがキャピキャピと水遊びを楽しんでいた。

そんな中、直会カナエは、青い空をじっと見上げている。
そこにあるのは、『死像』。

ゆっくりと『どこか』へ向かうそれは、
カナエの敵『ハインの手先』が放った世界を崩壊に導くものだった。

しかし同じ頃、『ハインの手先』である一条摩芙も、驚いていた。
この『死像』は、私たちが創り出したものではない―。

女子チームの水着が眩しい最新刊登場!

感想

カナエの星の3巻

表紙は水着姿の摩芙夕子
というわけで今回は

水着回

ですね・・・まぁ水着シーンはそれほどあるわけではないんですが
読んでて思ったのは

カナエ、爆発しろ!

でしたけど・・・ってか女子4男子1の割合で海とかどんだけ・・・

今回は巨大な『死像』が空に浮かんでるのをカナエが見つけ
だけどその移動速度は緩やかで・・・とりあえず攻撃するも通じない

とりあえず『崩壊点』で待ち伏せしてどうにかしよう・・・って事で
夕子が特定してくれた場所に向かう事になり
それが何故かこの大所帯に・・・

いや、マジでどうしてこうなった

ちなみに男友達である里久はメンバー的に面倒くさそうだから留守番
まぁカナエ関連で面倒そうなのは摩芙夕子だけなんですけどね。

手梓は・・・そよぎって感じだしね

で・・・まぁ展開としてはテンプレぎみに海に来たわけなんですが
たった1つだけ・・・そして大きく違う点は・・・

この『死像』って誰が作ったの?

というもの・・・誰が核になっているかじゃなくて、そもそも
誰が作ったのかがわからないって点・・・カナエ達は最初わからないわけだけど
『ハインの手先』である摩芙にとっては

自分達以外の誰かが作った

って点で警戒すべきものであり・・・摩芙は前回の話で
いつの間にか夕子『死像』になっていた一件と合わせて報告して
調査・・・って部分もあったみたい。
それにしても・・・

あいかわらず・・・凄いすれ違い

すれ違い・・・っていうかこのお互いの立場と状況の理解度が
全然違う事による行動のすれ違いというか・・・

ちょっと面白い

カナエにとっては摩芙は絶対に守るべき、最優先に大切な女の子であり
今回の同行メンバーでは唯一、『半開きの目』『半閉じの目』の事情を知らず
教えるべきでもない相手として接していて、同行メンバーもそれは同様

だけど摩芙は唯一全ての事情と立ち居地を知っている存在であり
それを隠しつつ行動しなきゃならない・・・

うん、やっぱり面白い

立場的にはお互いに敵同士なんだけど、お互いに相手を守ろうとしていて
だけどそれが直接相手に届かないし、届けられない
こういうのはやっぱり今後の展開がどうなるのかわくわくする感じです。

そして今回登場したかつて教義を裏切ってしまい追放され
追っ手におびえながらも日本で細々とその技術を継承してきたらしい
暗殺術の使い手の一族

その現当主が今回の『死像』の核にされているらしく
その一族の残り3人が当主のために今回の黒幕の言いなりで動いていて
カナエ摩芙を襲ったりしたわけなんですが・・・

異能 > 超人的な技術

という結果に・・・凄くあっさりと・・・ぶっちゃけ焦ることすらなく
カナエ摩芙はそれぞれ知らないところで別々に相手を撃退

相手から情報を得て『死像』に突入・・・黒幕の妨害・・・と来て

共闘・・・これは燃える!

いや、まぁ摩芙からしたら結構いい展開なんでしょうけど・・・
戦わなくっていいわけだし・・・なんだかんだで勘がよくて
自分が進むべき道がわかってるカナエ『ハインの手先』摩芙だと
認識できないまでも完全に倒すべき敵だと認識できずに
気になってしまっているあたり・・・まぁ複雑な関係ではあるんですけどね

そしてその黒幕こそが

 あめの  ゆきなが
天廼 行永

『友たるハイン』側も知っていて、何よりカナエにとっては

師匠

と呼ぶ存在・・・カナエ『既の道』を教えた謎の人物であるみたいで
今回の事件は彼がカナエ摩芙に自分たちの力の危険性と
甘さをなんとかさせるために企んだっぽい事件で
摩芙にわざと敵にまぎれさせた人間を殺させようとして
それをカナエがなんとか止めたので作戦は失敗したっぽいですが
彼の存在のせいで・・・色々と謎が増えました・・・なにせ

半開きの目と半閉じの目の両方の力を使う

というちょっとチートじみた存在ですからね・・・この人・・・
摩芙と一緒にいつもいる『ハインの手先』の一人であるアルベド
『友たるハイン』の事もよく知っている感じだし
なにより

そよぎが彼を見て混乱する

という状況に陥って・・・今回の終わりまで言っても
カナエ行永の話題を出すのを避けようとしてましたし・・・
ある意味で色々なキーパーソンになる存在になりそう

というかなんか『友たるハイン』摩芙の祖父をヨリシロにしてるっぽいことや
アルベド心十郎という人が姿を変えたものっぽくて
摩芙の関係者っぽいですね。

なにより摩芙にとってはカナエをこの世界に巻き込んだ存在として
すさまじい怒りを向けてましたしね

今回、カナエ達にぶっ飛ばされて消えたけど・・・普通に生きてそうだし
これからの彼の動きも気になるところ。

今回は短めの話だったんだけど・・・彼が関わってきたことで
色々と今後の展開が面白くなりそうで楽しみです。

最後に一文。

暗殺集団の一人であるのセリフ

当主である『死像』から開放され彼女が『暗殺血統』を終わらせようとしてる事
だからこそを含めた3人に最後の試練である殺人をさせなかった事
そして4人で穏やかに暮らす事こそが目的だったとわかり
を含めてその想いをきっちり受け止めて受け入れたわけなんだけど
そのしんみりした雰囲気から一点・・・寡黙で冷静なキャラだと思われた
の唐突なこのセリフにキャラ達も読んでた自分も

え?

となったのでこれで・・・
どうやら一族の掟で当主は婚姻禁止、さらに派閥が生まれないように
従姉弟同士の結婚も駄目・・・って事だったみたいなんだけど

一族を終わらせる = 掟もなし

って事でずっと隠してた想いでズバッと切り込んだみたい
この人・・・何気に熱い人なのね・・・

「そういうことだ。ついては縒、結婚してくれ」

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
カナエの星 (3) (電撃文庫) カナエの星 (3)
(電撃文庫)

(2015/9/10)
高橋 弥七郎

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー(月別)
11 ≪│2016/12│≫ 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。