スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぼくのゆうしゃ 8

あらすじ

私、田舎のしがない村娘サクヤ・ルーンはずっと勇者様に憧れていました。
危機に颯爽と現れ、悪を滅ぼし、人々を救済する勇者様。

…かくしてその人は実際私 の前に現れました。
私は彼をすぐに大好きになりました。

でもそれは決して、彼が勇者だったからじゃありません。
彼がトオルさんだったからです。

…ねぇ、ト オルさん。
貴方に改変されたこの世界では今でも、
ファルディオさんが、セシリアさんが、レイアさんが、魔王ヨルさんが
―あらゆる生命が皆必死に戦っていま すよ。

聞こえていますか、トオルさん。
私は―私達はいつまでも、貴方の帰還を、幸福を、笑顔を、心の底から願っています。

感想

ぼくのゆうしゃの8巻

最終巻です!

というわけで前回のラスト・・・主人公であり『勇者』であるトオルが当初の目的通り

自分の命と引き換えに兄・ヒロキを救った

って事で死んでしまったわけで・・・オイどうするんだよこれ・・・って感じだったわけですが
今回はトオルが死んだ後の・・・彼の願いとは別のもう1つの決断

異世界ノルンガルドの魔物と魔法について

に焦点を当てつつ・・・仲間たちの動き・・・そして・・・って感じになってます。

この世界では世界が生み出した魔物から力を奪うことで人間が魔法を使っていて
人間が魔法を使い続ける限り魔物達は力を搾取さて続けているってのがこの世界の実態で
『勇者』はそれを審判してどうするのかを決める存在だったわけなんですが
トオルが考えたその決断は

完全廃止

なわけなんだけど・・・徐々に弱体化していき、その間に色々と事情説明を
この世界では『女神』と呼ばれるアウルに頼み、魔法に代わる存在として
禁忌魔法を・・・この世界の人類がようやくたどり着いた自分達の力のみで発動できる
魔法を一般に周知しよう・・・ってものであり世界中の人間に世界の魔法の仕組みを暴露
教会とかの上層部やかつての人間の闇を全部暴露して色々と固定概念を破壊しつつも
希望を残して・・・というか

お前らさっさと自立しろ

という厳しくも優しい決断でしたね。
そんな中で教皇に選ばれたセシリアファルディオレイアヨルというメンバーで
トオルが作り変えた世界をめぐる旅に・・・

教皇と大魔導士と魔王と魔法少女

が一緒に旅に・・・

どんな状況だ!?

というかアウルトオルの頼みで生前のぶっ飛んだ性格で
世界中に色々とバラしまくって・・・

女神?え?女神って一体・・・

魔法使えなく何の?今の生活どうなんの?

って状況でこのパーティーで旅・・・もはやカオスしかない・・・
ただ一応、あの場でトオルと争ったヨルファルディオには
代理人としてトオルの審判を認めるか、認めないかを投票する権利があり
それもあって・・・世界中を巡って・・・それについても決めることに。

トオルがもういない世界だけどね

って部分が色々と切ないし・・・ヨルとしては魔物を救う選択肢である
この結果は感謝に値する事でありいまさらファルディオ達と戦うまでもないし
って事で・・・意外とおちゃめな『魔王』とそれを問答無用で弄る人間達という
いや、お前ら・・・それでいいのか・・・というパーティーに

いや、マジでいいのかこのパーティー

そしてヨルレイアはそんな中で姿を消した『魔人』スーリムを警戒
あの他者の不幸を悦とする歪んだ相手がどう動くのか・・・
読んでるこっちも気になっていたわけですが・・・

あれ?聖域着いちゃったんですけど?

これは恥ずかしい・・・レイアヨルがシリアスに警戒しようって話し合ってただけに
すげー恥ずかしい・・・ってか旅に何の妨害も無いとか・・・もはやただの観光じゃん!?

魔物についても言うほど強化されてる感じがしないし・・・という違和感はあったんですが・・・

ここからが本番!

って事でスーリムトオルに細工をしていて代理人に選ばれていたみたいで
最初からこのゴールで待ち構え・・・そしてもう1つの細工で準備が整うのを待っていた
と言うことで・・・総力戦に・・・総力戦に・・・

駄目だこいつら!?

という事で何故かヨル以外がさらっとスーリムによって異空間に飛ばされピンチとか!?
そしてスーリムの目的・・・

初代勇者 クロノフブキの復活

というのが判明してヨルと因縁がある相手であり・・・そして間の話で

フブキはヒロキの父親

って事が明かされることに・・・つまり再婚前の
トオルの兄・・・ヒロキの実の父親である彼が・・・って事に。

まぁ当然、ファルディオ達はそんな事一切知らず・・・さてどうなるのか・・・と
思っていたわけなんですが・・・
復活したフブキはかつての洗脳状態のままで暴走して・・・
さらに巨大な怪物のようになっていて大暴れで大ピンチに・・・
そしてここで・・・

ファルディオ・・・お前ってやつは!!

って事で彼がトオルから与えられていた代行者の権利で
1つだけ願いを叶えてもらえる権利で

トオル復活!

とあいなって・・・前より何故かパワーアップしてるトオルの力で
危機に立ち向かうことに。

世界の危機にこそ勇者が必要だろ!

ってお約束なんですが・・・命にかかわる願いにはそれと等価の代償が
必要なはずであり、だからこそトオルヒロキのために自分の命を使った
ならトオルの復活に使われたのは?という疑問については
ファルディオがことごとくスルーして・・・うーん、なんだろ?って感じでした。
まぁラストでわかるんですけどね。

そしてここからの戦いは・・・

こってこての王道展開

でした・・・スーリムフブキのパートナーだった魔物・・・こっちも暴走してたんですが
それの分身体をトオル達と関係が深い6つの都市に放って動揺させようとしたんですが

セシリアの街は同僚の騎士達が『魔人』イグニール

闘技大会があった街はかつてトオルがサクッと倒した戦士達が

魔法都市では覚えたての禁忌魔法で魔法使い達が嬉々として

港街ではトオル達を乗せた海賊っぽい船長達が戦って

頑張って撃退してました・・・これはまぁ・・・うん、いいよね
ただ残り二つ・・・・医療都市とサクヤの故郷であるヴェリール村には
戦力らしい戦力が・・・と思ってたら・・・

『魔人』ミュートとゴムックス

で無事撃退成功・・・前者は・・・まぁ縄張りとも言えるし納得・・・
ただ後者は

また、それか!?

という・・・というかこの村の人達の変な方向の逞しさが凄い・・・
トオルの武器を開発したエイリが開発した

周囲の人間の魔力を電気に転換する石畳

を村中に敷いてあり・・・村を襲った魔物がその電撃によって黒焦げに・・・
村人はゴム製の靴のおかげで無傷という・・・ついでに
トオルに悲惨な光景を見せるためにスーリムが各街の様子を
空に投影していたのを幸いにと・・・

靴ならやっぱりぃ~?ヴァリール村のゴムックス!

と宣伝までしてましたからね・・・商魂すらも逞しい・・・

そして・・・決着については・・・

仲間の力を束ねて,必殺のミョルニルハンマー

と1巻で使ったあの武器の改良版を・・・さらに自分とそして
仲間たちの魔力も使った一撃・・・そして最後の最後に
幻聴かもしれないけど死んでしまったルゥの声の一押しで
フブキを打ち破るという・・・

うん、やっぱりこういう展開はいいよね

っていう・・・王道展開は王道だからこそってのがありますよね。

この後、トオルからフブキの正体がヒロキの父親ではなく

弟であるフウト

ではないのか?って事が明かされ・・・パートナーであった魔物こそが
フブキの魂を宿した存在だったみたい・・・って事が判明。

フウトは死に瀕してこの世界に呼ばれ・・・憧れからフブキの外見になり
そしてフブキを模して行動していた・・・だけど根は純粋な子供であり
そして異世界で生きる楽しみを知ってしまったからこそ死を恐れて
そして洗脳も相まって暴走してしまった・・・ってのが真相だったみたい。

というかこの異世界の召還システム・・・

トオル関係者に迷惑かけすぎだろ!?

ってツッコミを入れたい気分・・・この後、フウトはこの世界に残り
精一杯生きていく事にしたみたい。

現実では交流が無かった義理の兄弟であるトオルフウト
もうちょっと二人の会話を見たかったなぁ・・・って部分もあるかな?

そしてこの後・・・今度は平和な世界を見て回った後
ヴァニール村の・・・トオルが召還された森まで戻って帰還・・・って流れになり
サクヤセシリアが切なそうだったり・・・セシリアがキスしたりと
色々ヒロイン勢ともあったんだけど・・・

最後はファルディオと一緒に

って事で最初に出会ったこの二人で最後の別れ・・・
そしてトオルが生き返った代償と罰について・・・

ファルディオ・・・お前ってやつは・・・

トオルが生き返った代償はこの世界のトオルに感謝する人間
そして結果的に力の搾取がなくなって救われた魔物・・・その

総勢25億から寿命を1秒ずつ

というもので・・・それによって約80年分の寿命を確保してトオルを復活させた
って事みたい・・・この展開の何がよかったかっていうと

トオルが凄いショックを受けた

って所だと思いますね・・・1秒くらいなら・・・なんて思わずに
こんなに大勢から命を分けて貰って自分はなんて罪深い存在なんだ
こんな大きな借りを返せるわけが無い・・・と思うような・・・
子供らしくない子供だった所でしょうか・・・

自分なんかはそこまで気にしないでも・・・って思ったんですけど
この後、ファルディオが大きな借りを作ったトオルにこの異世界の・・・
『ノルンガルド』の代表としてトオルに与えた罰こそが・・・
これまでの全部の伏線になっていた感じで・・・
子供としては色々と考えすぎて・・・自分の命すら担保にしてしまう
トオルを本当の意味で救うために・・・この言葉を贈る為に
今までの全部があったんじゃないか・・・そんな気がしました

その言葉を最後に一文に

トオルはこの後、無事現実世界に戻って蘇生も成功したみたいで
ヒロキも元気になり・・・というかトオル『勇者』パワーも持ったままで
ちょっと力をもてあましぎみってオマケもあり・・・
そして家族の関係も・・・ぎこちないけど・・・前とは違うものになって
家族で食卓を囲んで・・・ちょっとした切欠で笑える・・・そんな普通に
幸せな家族になれたみたいだし・・・ハッピーエンドでした

それも全部、ファルディオのこの言葉のおかげ・・・って事でコレで

何気に・・・表紙でハッピーエンドって事はわかっていた気もしますけど・・・
ここまで満面の笑みの主人公って・・・何気に今まで表紙ではなかったしね

「─お前はこれから、元の世界で、幸福に生きろ」

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
ぼくのゆうしゃ (8) (ファンタジア文庫) ぼくのゆうしゃ (8)
(ファンタジア文庫)

(2015/9/19)
葵 せきな

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

はじめまして。

ぼくのゆうしゃの感想を探して、ここにたどり着きました。
自分としても非常に良いエンディングだったと思っています。

結局、この話のテーマは「一人の人間に出来ることなんてたかがしれているんだから、助けて欲しいときは素直にまわりに相談しようよ」ってことだったのかなと思います。

トオルも、ルウ(ヒロキ)も、フウトも、周りの大人達に「助けて」って言えればこの物語の悲劇の大多数は起きなかったのではないか。
そして、そもそもヨルだって、最初に人類に裏切られたときに、本当に全ての人類の指導者がヨルと本心から敵対していたのか。中にはヨルの味方になる人類だっていたと思うし、いきなり魔物を生み出すんじゃ無くて、そういう人達と相談することはできたのではないか。

要するに、「自分の殻に閉じこもって悩まずに、みんなと悩みは共有しましょう」っていうことなんでしょう。

物語的には、どうしてももやっとするとろころがあって、それは何かというと、ヨルが「先代勇者の旅の結末は笑える結果になった」って前に言っていたんですが、そのことについて結局まったく触れられていないことなんです。

で、さらにいうと、そもそも魔法少女レイア自体が物語り上いなくてもいいキャラになってしまっている気もしました。
もちろん、禁忌魔法の使い手フォルディオに対する一般的な魔法使いという意味では必要なキャラだったのでしょうけど、「先代勇者の娘」というファクターはストーリー上ほとんど意味のないものになってしまっていた気がします。

そう考えたときに、本当は先代勇者の話を入れる予定だったのに、入りきらなかったのかなぁって思えて、そこだけが残念なんですよね。

後書きで先代勇者の正体は女子高生って書かれていましたが、いったいだれなんでしょうか。
トオルくんの周りにいるとしたら、彼の実母くらいなのですが(さすがに現在の養母は異世界のこと知らないみたいでしたし)
全く関係ない人の可能性もありますが、ここまでくると、先代勇者も何らかの形でトオルの関係者の予定だったんじゃ無いかと邪推したくなります。

やはり、ラノベで小学生主人公だったせいか、売上もあれだったみたいで、そういう意味でも当初より巻数を減らさざるおえなかったのかもしれません。

続編も見てみたいなと思うのですが、なかなか難しいでしょうか。
今度はセリシアとサクヤがトオル達の世界にやって来てお気楽な三角関係とかおもしろそうなんですが。
その時には、トオルくんもラノベ主人公にふさわしい年齢(高校生)になっているでしょうし。
カレンダー(月別)
11 ≪│2016/12│≫ 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。