スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウェスタディアの双星 4 うら若き女王騒乱に立つの章

あらすじ

滅亡の危機を乗り越えたウェスタディア王国。
安堵した国民たちに求められ、ルシリアはジェルトルーデ領に巡幸することになる。
王宮から離れた束の間の休息。
チェザーリとデートまがいのお忍びもでき、ご満悦のルシリアなのだった。
一方で王国に不穏な影が忍び寄ろうとしていた。
誰かに仕組まれた王子コルネリオの帰国。
王位を求めるコルネリオの呼びかけに不遇をかこっていた諸侯が続々と挙兵する。

ついには最も恐れていた事態—

諸侯連合軍とバドエルたち国軍の交戦にまで発展してしまう。
どちらが勝っても国は衰える内乱を、ルシリアは戦わずして勝つことを求められ—。

感想

ウェスタディアの双星の4巻。
今回はバドエルアルファーニではなく
女王であるルシリアと外務卿であるチェザーリが中心。

もちろん2人も活躍するのですが今回は内乱。
あまり戦果をあげることがダメな戦いです。
2人がどんな状況でもあきらめずがんばるのは変わりませんが。

1巻のコルネリオが逃げ出したときからなんとなく予想はしていた事件でした。
先王が決めた後継者であるコルネリオと現女王であるルシリア
正当性をめぐる戦いになります。

コルネリオについては気弱なだけで王位を欲してなく利用された感じ。
兄妹の再会と対話は事件を解決するための大きな一歩になります。

そして今回の事件を引き起こした犯人であるピサーニ
過去にチェザーリと因縁がある謎の人物。

今回はウェスタディア陣営には目立ったキャラは増えずに、逆に敵側に動きが。
これからどうなっていくかが気になる1冊です。

仲間同士で戦う今回の戦いは今までで一番難しい戦いだったようです。

最後に一文。
戦いを止めるため自ら戦場に赴いたルシリアの言葉。
王が危険も顧みずに戦場に向かい、周りは王の意思を尊重するために奮戦する。

「誰か・・・・返事をしてください・・・・・・」

にほんブログ<br /><br />村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。

ウェスタディアの双星〈4〉うら若き女王騒乱に立つの章 (電撃文庫)ウェスタディアの双星〈4〉
うら若き女王騒乱に立つの章
(電撃文庫)
(2009/02)
小河 正岳

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。