スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラノベ部 2

あらすじ

軽小説部—通称『ラノベ部』。
そんな不思議な部に入部した物部文香。
クラスメイト・藤倉暦や部長・浅羽美咲らとともに、本を読んだりお喋りしたり、
たまには勉強もしてみたりといつまでも続きそうな毎日を過ごしていた。
そんなある日、文香たちのクラスに留学生・リアがやってきた。
リアは幼い頃から日本の漫画や小説が大好きだったらしく、
それがきっかけで文香と仲良くなっていく。
でも、ラノベ部の日常は変わりなく過ぎていき—。
美咲&竹田のラノベ部設立のエピソードも収録した、大好評の日常系ライトノベル第2弾。

感想

登場人物がラノベについて語ったり、ネタについて語ったりする短編集の2巻。

今回はラノベ部ができるまでの話が組み込まれててよかった。
幼馴染である龍之介美咲の関係も前回より判った気がする。

この2人の恋愛についてはすでに決着がついているっぽいのですが
最終的にはくっついてしまうのではと思うんですが、どうなんでしょう。

あいかわらず短編形式で短い時間でも読めるのでちょっとした空き時間や
仕事の休憩中など重宝した。

今回の話で気に入ったのは
上にも書いたラノベ部ができる経緯を書いた『ラノベ部はじめて物語①~⑤』
みんなでコスプレをする『コスプレ』
もし超能力が使えたらを皆で話す『超能力』
ラノベ部メンバーが書くリレー小説第2弾『鳳凰寺紅蓮最後の戦い』

元ネタがわかると楽しいのだがわからないと気になってしょうがない。
それと文香が何気に黒いのが面白い。
意外と毒舌で運動神経もいいようだ。

それと今回新しく入部した留学生のリア
こっちは文香と同じ天然系だが明るく社交的な感じ。
これからの活躍に期待です。

龍之介のライトノベルはジャンル分けやカテゴリーの意味や価値が軽い
という意見はなるほどと思った。
基本的に読んだ人間がラノベだと思ったらそれはラノベなのかも知れない。
あくまで私見ですが。

最後に一文。
『コスプレ』でコスプレをして決めポーズとセリフを言おうとしていた美咲を目撃した
文香と暦強調文
美咲の必死な言い訳に対するの一言がツボだった。

美咲「ちょっ、ちょっと待って、これはその、違うの!
   ちょっと間違えちゃって!」


暦「・・・・・・生き方を?」

にほんブログ<br /><br />村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。

ラノベ部〈2〉 (MF文庫J)ラノベ部〈2〉
(MF文庫J)
(2009/01)
平坂 読

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。