スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神曲奏界ポリフォニカ ペイシェント・ブラック

あらすじ

テラマ・シュレディングが最後に見たのは、
愛車にまたがったまま進んでいく自分自身の身体だった。
いつものルートをいつものように走り、そして家に帰るはずの夜、彼は一瞬で絶命した。
環状高速で起きた多重衝突の現場に駆けつけたマナガとマティアが見たのは、
衝突して壊れた車と、あり得ない精度で首を切断された男の頭部だった。
状況から精霊による殺人の疑いをもった二人は、被害者の身辺を捜査するのだが、
その裏には二人が想像もしなかった深い動機が横たわっていた!
ブルースハープが鳴り響くそのとき、隠された真相があらわになる!
黒のポリフォニカ第六弾!

感想

「黒」のポリフォニカ第6弾。

今回も前回に続き普通のミステリー形式で最初から犯人がわかっているわけではない。
バイクに乗っていた人物が走行中に首を切断されるというのは結構見る題材。
ポリフォニカの世界ではどうなるか楽しみにしてました。

今回の事件は精霊が契約を申し込む人間に感じる執着でしょうか?
ポリフォニカシリーズ全体に言える事ですが契約精霊は契約楽士に対して
とても大きな想いをもって接している気がします。

時には友情、そして時には愛情を。
『紅』のコーティカルテフォロンの仕事の妨げになるとしても彼の神曲を独占するように。
今回の話はその大きすぎる執着が全てだった気がします。

マティアマナガのコンビはあいかわらずいい感じです。
2人きりのときのマティアは本当にかわいいです。
特に今回は2人きりのときの2枚の挿絵がかなりよかった。

バーガーを食べていてレタスを引っ張り出してしまい食べるシーンと、
マナガに自分を抱えて飛ぶように頼むシーンなんですが
事件中のマティアとはまったく違う一面が見れてよかった。
前巻でマティアの見に起きた事による変化が最後に少し見られた。
白のポリフォニカと赤のキネマティックノベルをやってて思ったのだが
もしかしてマティアもいずれスノーみたいになるのかな?
推測ですが。

11巻(これを書いている時は10巻まで刊行)でマナガの過去が明らかになるようだ。
白の時代からマティアに会うまでのことが語られるのか、それとも直前の期間だけなのか
気になります。

そういえばポリフォニカが再びアニメ化するがフォロン達の学生時代という事は
今回はマナガ達の出番はないだろうなぁ。
かなり残念だ。

最後に一文。
マティアの神曲をうけたマナガの姿と力に大騒ぎをする犯人に対するマナガの一言。
犯人との戦闘中にこんなこと言えるなんてかっこいいです。

「近所迷惑なんだよ」


にほんブログ<br /><br />村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。

神曲奏界ポリフォニカ ペイシェント・ブラック 神曲奏界ポリフォニカブラックシリーズ6 (GA文庫 お 2-7)神曲奏界ポリフォニカ
ペイシェント・ブラック
神曲奏界ポリフォニカ
ブラックシリーズ6
(GA文庫 お 2-7)
(2007/10/12)
大迫 純一

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。