スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イスカリオテ Ⅱ

あらすじ

七つの大罪を具現する〈獣〉。
彼らの脅威に対抗するために作られた特別指定数区・御陵市。
かつて英雄であった兄になりすまし、その街に降り立った九瀬イザヤは
新たな危機に直面する。
陰惨な路地裏に佇む玻璃の姿。真意の読めない枢機卿代行・カルロ。
得体の知れぬ新たな修道士の着任。
全てを裏返す新たな〈獣〉の脈動―。
第九祭器・ノウェムと共に難局にあたるイザヤは、さまざまな思惑に翻弄される。
戦いの果てにイザヤが抱く覚悟とは!?
罪と罰が織りなすアイロニック・アクション、第2弾。

感想

イスカリオテの2巻。

2巻にしてパートナーであるイザヤノウェムにすれ違い(でいいのかな?)が起きます。
自分が本物の英雄ではなく偽者であることに罪悪感や劣等感を覚えるイザヤ
その態度に不満を覚え、さらにその言動に過剰に反応してしまうノウェム

イザヤは元々、報酬の為に九瀬諫也の演技をする事を決めた少年。
それが偽者を演じることを考えるようになったのは
”本物”であるノウェムと彼を”本物”と信じる玻璃の影響でしょうか。

1巻では刑務所に入っていた彼ですがまったくそのような人間に見えないです。
素の言葉遣いは相変わらず悪いですがこの年代の少年なら変ではない。
まぁ神父としてはダメダメでしょうが・・・。

ノウェムがかわいい。

イザヤの事をあれこれ悩み、彼を1番に考える彼女はかなりいい。
イザヤのささいな言葉で悲しんだり喜んだりするのはかわいいです。

ちょっとすれ違いがありますがお互いを大切に想っているのは確かだと。

そして今回大きく動くのはもう1人の朱鷺頭玻璃
バビロンの大淫婦と呼ばれる彼女の正体はいまだ謎のまま。
ただ<獣>を引き寄せ<獣>を喰らう存在。

1巻の最終局面でイザヤに力を与えた敵か味方かわからない存在。
ささいな言動の変化でどちらの玻璃か気づくイザヤ
彼自身が演技をしているからでしょうか?

玻璃イザヤが兄と慕う諫也の偽者と知らされておらず、
さらに内側にこんな存在を抱えていてなお強い意志を見せる彼女は凄い。
でも報われない娘だなぁ・・・と。

新キャラクターのラーフラ異端審問官であり偽者であるイザヤや、
バビロンの大淫婦を宿す玻璃は色々と危ない気がします。

なにはともあれ、これからの活躍に期待。

最後に一文。
ノウェムを報いるためにイザヤが望みを聞いたときのノウェムの返答。
かわいいなぁ。

「頭を撫でてください」

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。

イスカリオテ〈2〉 (電撃文庫)イスカリオテ〈2〉 (電撃文庫)
(2009/03/10)
三田 誠

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。