スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蒼穹のカルマ 2

あらすじ

「—ッけ、結婚してください—ッ!」

鷹崎駆真に、出会い頭にプロポーズしてきた新人騎士・松永衛二。
しかし急いでいた駆真に男の相手をする暇などない。
入念な準備、完璧な計画
—そう、すべては二週間後に迫った蒼穹園騎士団内で行われる重要な武会のため・・・
ではなく—在紗の誕生日のために。
彼女は手に入れなければならない。
何を?
在紗のプレゼントを!!
急がなければ無くなってしまう。
店に着いた駆真の一瞬の油断。
振り切ったはずの衛二に再び邪魔をされ、売り切れてしまう商品。
こうなったら武会に参加するしかない!!
そこにはある心境の変化が。

「騎士の誇りに目覚めたんだ」

と駆真は宣言するのだが—。

感想

なにか目的(特に姪の事について)を持ってやろうとするとなぜか
色々と邪魔がはいる空を駆ける騎士・駆真の物語。
2巻です。

今回は武会ということでバトル中心

じゃなかったね!やっぱり・・・

確かに戦っているけどバトルってバトルはしてないしなぁ・・・・・

1巻もそうだったんですが駆真は決めた目標を丸々1冊使って達成している。
前回は姪である在紗の授業参観。
そして今回は在紗の誕生日のため奮闘します。

1.プレゼントとして限定のぬいぐるみを買おうとするが求婚されその間に完売。
2.武会の本戦1回戦の敗退者の商品がそのぬいぐるみと判明し参加を決意。
3.予選で駆真をライバル視する鳶一槙奈に執拗な妨害を受ける。正し本人は気づかず。
4.本戦1回戦、棄権を宣言するが上層部の邪魔で認められず
5.対戦相手である槙奈にわざと負けようとするが逆に警戒される。
6.なぜか勝ってしまい、目的を誕生日会の準備に変更。
7.ただし在紗の為に棄権はできなくなり、別の方法で一刻も早く負ける事を決意。
8.決勝戦進出
9.空獣が大量に襲来


どんだけ!

今回は前回のように非常識な存在による邪魔ではないのに、
なぜか的確に駆真の邪魔をしてます。

すでにこれは呪いですね。作中でも槙奈がすごい微妙な呪いを実践してますが・・・
今回はほとんど人間キャラばっかで前回出てきた魔王はでてきませんでしたね。
魔法使い魔人はでてきて活躍してましたが。

今回もかなり笑えました。
カラーイラストですごく重要っぽい紹介されたキャラ達がどうなったかとか
読んでて吹き出してしまいました・・・本がちょっと汚れて焦りました。

今回も駆真達があずかり知らぬ所でなにか真面目な話が進行してますが、
本人達にはほとんど関わりませんでした。
今回登場したメンバーのほとんどは駆真と同じ世界の人間なので、
これからも登場すると思います。
松永衛二、鳶一槙奈、決勝の相手は多分また出てきますね。
前2人はほぼ確実に。

ちなみにあとがきの「カステラ」の行は何気にツボでした。

最後に一文。
昔、槙奈が試みた『左頬に一生消えない火傷を負う呪い』
その呪いに必要なイモリの黒焼きをトカゲの尻尾で代用した
結果を部下に聞かれた時の返答。
明らかに相手の頬ではなく心に傷跡が残りますよねこれ・・・

「いや、火傷は負わなかったけど」

「そいつの家が不審火で全焼したわね」


にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。

蒼穹のカルマ2 (富士見ファンタジア文庫)蒼穹のカルマ2
(富士見ファンタジア文庫)
(2009/04/20)
橘 公司

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。