スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(アニメ感想)アスラクライン 第13話「呪われた罪人の烙印」

第13話「呪われた罪人の烙印」

seiitokai13.jpg

「おとなしく取引に応じるべきよ」

「正体がわからないプラグインをあの魔神相剋者に渡すのは危険が大きすぎる」

「何百人もの命が掛かっているのよ」

「焦る気持ちはわかるわ倉澤さん。莫大な負債を抱えたくはないものね」

「旅行傷害保険よ。第二生徒会が全部引き受けてるの」

「人質は奪還する、点火装置を渡さない。これならどう?」


「どうしてそう点火装置に拘るのかしら?あれの価値を知っているとか?」

「仮にそうでもあなたには教えないわ」

「いいかげんにしてください!」


加賀篝に2年生達を人質として取られた事で鳴桜邸に集まる他の生徒会長+α
こういう時に生徒会長が3人いると便利・・・なのかな?

冬琉は点火装置(イグナイター)を加賀篝に渡す危険性を感じるが
六夏は生徒の安全第一を叫ぶ。

保険の掛け金の為に

彼女らしいちゃらしい。
冬琉は点火装置の正体を知っている様な感じですが・・・
これは2期で明かされるのかな?

2人は意見の相違から一触即発状態へ。
2人は互いにまったく負ける気がないような感じだが周りの迷惑を考えてない。
智春は不幸だ。


reiko13.jpg

「夏目?」

「事故の事、なにか聞いてる?第一生徒会にはまだなにも情報が入ってこなくて」

「お兄様が乗った飛行機が・・・どうしよう夏目」


「なにかわかったらすぐに連絡する。」

「お願い」

「佐伯、きっと大丈夫だよ」

   ---------------------------

「お茶、淹れてきますから、会長達も仲直りしといてください」

「みんなを助けないと!」


   ---------------------------

「あの物騒な2人のお嬢さん達に気づかれないようにな」

「会長達に?」

「急げ、少年。人質を生かしておくのも楽じゃないんだ。」

「ニア」

「姉さまの事なら気にするな。私はもう大丈夫だ」

「全力で人質の奪還だ、智春」



佐伯妹からの電話を受ける智春。

なんか凄くかわいく感じた


こちらの気弱な性格こそが彼女の本質なのかもしれません。
この状況下で智春に電話する所がなんとも・・・・・・

彼女と話したことで人質救出の決意を固める智春。
剣呑な雰囲気の2人の生徒会長を諌める。

その後、加賀篝から再び連絡があり冬琉と六夏にないしょで取引場所へ。
智春はアニアの姉であるクルスティナの事を気にするがアニアは気にするなと。

アニアは姉が自分の意思で加賀篝の元にいるのならそれでいいと思っているのかな?
加賀篝の元が彼女の居場所で契約者を姉が裏切るはずがないと思ってるのか。

----------------------------------------------------------------------
tomokanade13.jpg

「真日和君、ヴィヴィアンを呼んで」

   -------------------------

「いや、少しほっとしたかも」


「なにそれ?私とじゃ不安ってこと?」

「昼間は嵩月さんの事、泣かせておいて」

「気をつけてね、都合のいい女だと思われてるよ」


「それでも別に・・・」

「私は本気」

「あの、私・・・」


「僕も無理だな。今、誰かに行くなって言われても」

「でも戦う為に行くんじゃないから」



智春達が抜け出した事を知る生徒会長達。
真日和にヴィヴィアンを呼ぶよう要請する。

智春達は取引場所の埠頭で話を立ち聞きしていた奏と合流。

(ノ゚ο゚)ノオオオオォォォォーーーッ

なんだこのかわいくて健気な娘は・・・・・
都合のいい女でもいいって、そこまで智春が好きなのか・・・

智春は不幸ではない!
これだけ想われていれば多少の不運なんて相殺できる。

智春は戦う為に行くのではないからと奏に伝え安心させようとする。
一期の最終回だけに主人公らしいかっこいいセリフや表情をする。

kagakagari13.jpg

「これはプラグインじゃない。歪んだこの世界を正す鍵さ」

「ここは所詮、2巡目の世界なんだよ。」

「俺達は誰かが勝手に始めたゲームに付き合わされているんだよ。人を馬鹿にした話だろ?」

「だからこの鍵で、苦痛に満ちた世界を終わらせる」

「心配するな。俺は夏目直貴とは違う。」


「兄貴?どういう意味だ」

「直高はいい奴だよ。ただ失敗しただけだ。君が居たせいでな」

「君も機巧魔神の呪縛から解放されたいだろ?」

「俺まで彼に邪魔されたくないんだ」

「人質は解放してやる。安心して眠れ」


イングリッドによって空で時間停止させられた航空機まで連れてこられる智春達3人。
加賀篝は2巡目の世界を終わらせる事と智春の兄である直貴の事を話す。

直貴が智春のせいで失敗した。
これはかなり重要なセリフですねぇ。
確かに彼が色々と不都合な事になったのは智春のせいといえなくもない。

自身にとっても驚異になりかねないとして排除しようとする加賀篝。

----------------------------------------------------------------------
asurabattle13-1.jpg

「それほどその少年が大事か・・・」

「嵩月!」

「今の君は無力だ。だが潜在的な驚異でもある。消えろ」

  ------------------------

「お終いよ、魔神相剋者!」

「洛芦和の生徒会を敵にまわした事を」


「後悔なさい!」
「後悔なさい!」

「翠晶、ショウダウン」

「時間静止が通用しない?」

「呪われた罪人の烙印!なるほどあの女・・・元演操者か」


「便利ね、魔力無効化能力って」

「鎖よ!倉澤」

「はいはい、わかってますって」

「闇より刮(きさ)ぎし氷晶(ひょうしょう)より出でし…

 其は、科学の涙が融かす翳(かげ)!」


「お終いよ・・・魔神相剋者」


「それはどうかな?」


奏の炎でイングリッドの束縛から抜け出す2人。
しかし奏は力の使いすぎで気を失ってしまう。
前回、非在化の兆候が見えていたのにかなり大きな魔力を使った為でしょうか。
命を賭してでも智春の事を守りたいと思っているのでしょう。

健気だ!


そういえばなぜ巫女服なんだろう?まったく文句はないんだが。

ピンチは続くが点火装置に付けてあった発信機を頼りにヴィヴィアンで
生徒会長2人が到着。
点火装置を奪い取り、加賀篝と戦闘を開始する。

時間停止の鎖に巻き取られながらもそれを無効にしその鎖を断ち切る冬琉。

呪われた罪人の烙印が額に。ナンバーはEXⅠ0Ⅵ(106)
一応”とおる”と読む事ができます。
そして元演操者(エクスハンドラー)の魔力無効化能力

元演操者については詳しく説明がされてないようです。
今回の話を見ればなんとなくは判ると思うのですが。
2期で説明されるのか、それともこのままなのか・・・

呪われた罪人の烙印を持つもの=元演操者

とりあえずそういうことですね。

生徒会長2人の連携はかなり怖い。
翠晶の能力は薔薇輝と相性がいい感じでさらに驚異である時間停止は冬琉に効かない。
なんて恐ろしいコンビ。これで玲士郎がいたら恐ろしすぎる3人です。
翡翠はイングリッドと相性がいいでしょうから。

3人いてようやく互角な感じがする加賀篝は反則かもしれません。
まぁだからこそ魔神相剋者は危険なんですが。

asurabattle13-2.jpg

「俺達の邪魔をするからだ」

「・・・なんだ?」


「朱浬さん!」

「まだ他にもいたか」

「隆・・也・・」

「琴里が保たない」

「なんだ?」


魔力の循環により力を挙げ2人を一蹴する加賀篝。
いくら冬琉が超人的でも物理攻撃は防ぐしかないわけで空中に放りだされ
六夏はイングリッドによって封じられる。
やっぱり2人だときついようです。

しかし飛行ユニットをつけた朱浬の援護によって難を逃れる。
飛行機上の加賀篝にミサイルって機体になにかあったらどうするつもりなんだろう?

そして薔薇輝の副葬処女である琴里が限界になり時間停止が止まり
その影響で飛行機にも異常が。
これは停止が一気にではなく部分ごとに解除されていったからかな?

中にいた玲士郎達はいきなり機体が揺れだして驚いただろう。

----------------------------------------------------------------------
tomoketui13.jpg

「君達の浅はかさが、人質の命を奪う事になりそうだな」

「点火装置は君達の死体の山から回収させてもらうとしよう」


「あんた、なんで乗ってなかったのよ」

「ホノルルのクソ忌々しい金属探知機に聞いてもらえます?」

「橘高会長」

「ごめん、しくじった」

「ごめんなさい。私のせい」

「違います僕ですよ。僕はなにもできなかった」

   -------------------

「琴里、大丈夫か?」

「飛行機は?」

「どの道、あと631日でこの世界は終わる」


点火装置を一時的に諦め脱出する加賀篝。
翠晶の力で機体内部に避難する智春達。

墜落しかねない状況の中、なにもできず奏に力を使わせてしまった智春は
ある決意をする。

そして加賀篝は無理をさせた琴里の心配する。
琴里はほとんど反応せず。
あと631日で世界は滅ぶ。
これは1巡目の世界が滅びた日付。
この滅びを回避するための機巧魔神のはずなんですがねぇ・・・・・。

朱浬は帰りに何かを新しく持ち込もうとしたのかな?
日本からの出国はできたし、アメリカへの入国もできたのだから。

kurogane13.jpg

「全員ですよ」

「智春(トモ)!」

「できるかな?僕なんかに」

「大丈夫!操緒がついてるよ」

「鐵の重力制御で飛行機を持ち上げる」

「だめよ智春!絶対に駄目。そんな事、鐵の魔力が保つわけない」

「待て!夏目智春」

「止めるつもりはない。哀音、着陸に必要な滑走距離は?」

「来たまえ、夏目智春」

「機体を持ち上げる必要はない。僕に考えがある、バランスの維持に勤めてくれ」


「来い、鐵」

「鐵・・・」

「解き放つ魔力が大きすぎれば機体を破壊してしまう。足りなければ意味がない」

「コントロールするんだ」


智春がした決意。
それは鐵の重力制御によって飛行機の墜落を回避する事。
六夏が飛行機の壁を人が通り抜けられるように適度に融解させた事を見て
魔力を制御すればできると判断したっぽい。

朱浬は膨大な魔力を使うこの作戦に反対するが玲士郎は部分的賛成。
智春を機体中央に連れて行きバランスの維持だけを智春に要請する。

智春は鐵を呼び重力制御の為の魔力の調節に意識を集中する。
鐵に冬琉が反応したのは意味深です。理由は2期かな?

reisirou13.jpg

「これから着陸する。君が降ろすんだ」

「君ならできる。聞いたよ、哀音は君の所へ行ったそうだな?」

「君の力を信じるには十分だ」


   ----------------------

「そこになにがあるというんだ?」(機長)

「滑走路です」

「玲士郎、あなた・・・」

「黒崎、僕を連れて飛んでもらう」

「はいはい、行ってらっしゃい。」

「バーイ、哀音」


玲士郎が智春達を信頼する理由。

哀音が智春達に助けを求めたから

玲士郎と哀音の信頼関係がよくわかる気がします。
そして玲士郎が考えた着陸の為の作戦。
それは翡翠の力で滑走路を生み出す事。

それを聞いた智春以外のメンバーは玲士郎と哀音の決意に息を飲む。
六夏のさり気ない別れのセリフや朱浬のバイバイ。
そして皆に頭を下げる哀音。

やっぱりこうなるんだなぁ・・・(つД`;)ふぇ~ん

aine13.jpg

   「夏目くん・・・」

あぅ(ノjДj)ノ

過去の哀音と同じ満面の笑顔。
智春達が助けに来てくれた事に本当に感謝しているのでしょう。

そして唯一この時点で真実を知らない智春がつらい。
そして・・・

reisirouaine13.jpg

「うぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!」

挿入歌として『Spiral』が流れる中、視線を交わす玲士郎と哀音。
そして機長が目撃する玲士郎とその後ろにそびえ立つ翡翠。

翡翠の能力によって氷の滑走路が生み出されていく。
そして滑走路の完成とともに崩れ去る翡翠

着陸成功する飛行機。
歓喜に沸く生徒達と作戦成功を喜ぶ智春

何も知らないのは判ってはいるが智春にイラッっときた。
最近のアニメで一番心に残るシーンになった気がする。

主人公は完全に玲士郎でヒロインは哀音だった!

そしてついに智春に真実が知らされる・・・

----------------------------------------------------------------------
asuraED13-1.jpg
asuraED13-2.jpg
asuraED13-3.jpg

「やったな操緒!」

「少し疲れちゃった。ちょっと眠る・・・」


   ---------------------

「会長!佐伯会長!会長さん」

「機巧魔神は彼女達の魂の質量を削って演操者の願いを叶える」

「魂を削られた少女達は感情をすり減らし、
 そして全ての感情を失くした時、彼女達は消滅する」

「哀音は逝ったよ」

「哀音、君の献身に感謝する」

「君と居る事ができて僕は幸せだった。」

「君はいつも心の支えだった。その君がもうここにはいない」

「わかってはいるが実感が湧かないな」

「君がまた心から笑えるようになる事を願っている。」

「さよなら、哀音」


「どうして・・・」

「どうして誰も教えてくれなかったんだ!」


成功を喜ぶ智春だが操緒は無表情のまま疲れたといって消える。
奏や生徒達の事を冬琉と六夏に任せ外へ出て玲士郎に駆け寄る智春。

そして玲士郎から話される機巧魔神の真実。

副葬少女の魂の質量を消費する事で演操者の願いを叶える。
魂を削られると感情を失っていき全て失った時に消滅する。

翡翠の胸のカプセルにはすでに哀音の姿はなく、
玲士郎は彼女に語りかける。

彼女がもういないことに実感がないと、そして別れの言葉を。
浮かび上がる”呪われた罪人の烙印” 
ナンバーはEX0ⅣⅥ(046)。”れいしろう”って事でしょうか。

真実を知り着陸直後の操緒の姿を思い出す智春。
なぜ誰も真実を教えてくれなかったのかと叫び崩れ落ちる。
それを見ている朱浬達。奏には再び非在化の兆候が・・・

そして謎の螺旋階段を降りて地下深くに下りていく潮泉律都

哀音ぇぇぇぇぇぇぇぇーーーー

わかってはいたけど・・・・・・・悲しい。
智春が真実を知る重要なイベントなんですけどこれはやっぱりきつい。
原作でもかなりショックがでかかった。

最初の時点での玲士郎と哀音の印象はあまり良いものではないのですが
この話で完全に逆転した覚えがあります。

呪われた罪人の烙印、それは愛する者の魂を消費して機巧魔神の力を行使した
罪人に与えられる烙印。魔力無効化能力を得る代わりに2度と魔力に関わる事ができない。
まぁ知識があるから間接的に関われるし冬琉ほど身体能力があれば戦えるが・・・

----------------------------------------------------------------------
asurakurain2kokuti.jpg

   真実を知った夏目智春──

   それでも戦うのか────

   アスラクライン2 製作決定 
   今秋放送スタート予定


まぁ予想の通りというか予定通りというか・・・・2期決定!
ここで終わったら意味ないですしね。
でもわざわざ秋まで間を作る意味がわからない。
普通に26話でやってDVDで7巻とかにすればいいのに・・・・
1期が5巻って事は2期も同じ可能性が。
これが販売戦略というものか・・・・・・
24話で12巻あるレギオスと比べれば良心的かもしれないが・・・

真実を知った上で智春がどう動いていくか、加賀篝との決着は
そして2期ではどこまでやるのか。秋まで原作を読み返しつつ待ってよう。

ブログランキング・にほんブログ村へ 読み終わったあと押していただけると幸いです。
            踊って喜ぶかもしれません。


------------------------------------------
言及リンク

http://seraraku2.blog59.fc2.com/blog-entry-3549.html
http://blog.livedoor.jp/katsux2/archives/51223771.html
http://d.hatena.ne.jp/syousa/20090627/1246117044
http://moon12.blog.so-net.ne.jp/2009-06-26
http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/200906250002/
http://kouyanoblog.blog61.fc2.com/blog-entry-2210.html
http://harutoki2.blog18.fc2.com/blog-entry-1495.html
http://hitblog0115.blog65.fc2.com/blog-entry-747.html
http://mikihara.blog70.fc2.com/blog-entry-1393.html
http://www.moe-review.com/?p=2702
http://12091015.blog70.fc2.com/blog-entry-717.html
http://hyumablog.blog70.fc2.com/blog-entry-915.html
http://blog.livedoor.jp/koubow20053/archives/51263993.html
http://georg.paslog.jp/article/1159169.html
http://plaza.rakuten.co.jp/blackwidow/diary/200906250001/
http://pagyuu.jugem.jp/?eid=761
http://lessiy.jugem.jp/?eid=1883
http://soraxcan.blog59.fc2.com/blog-entry-853.html
http://blog.livedoor.jp/animeoyazi/archives/1476060.html
http://ai-mugi.blog.eonet.jp/aimugi/2009/06/ex013-f01f.html
http://wendykai.blog60.fc2.com/blog-entry-428.html
http://www.kiokake.com/archives/806928.html

テーマ : アスラクライン
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

アスラクライン 第13話「呪われた罪人の烙印」(最終回)

まさかの展開だった最終回。

アスラクライン 第13話(終)

第13話『呪われた罪人の烙印』Spiral第2期決定ですか・・・

「アスラクライン」第13話(終)

  EX013「呪われた罪人の烙印」(終)智春が手に入れた謎の機能拡張“イグナイター”を手に入れるため、加賀篝が動き出した。彼は、修学旅行中の洛芦和高校2年生が乗る飛行機を丸ごと人質に取るという非情な手段で智春に取り引きをもちかける。イグナイターの正体...

アスラクライン EX013 「呪われた罪人の烙印」

 玲士郎が主役で、哀音がヒロインですね。智春はちょっとは頑張ったけど…という感じでした。

『アスラクライン』第13話最終回

第13話「呪われた罪人の烙印」最終回は…泣けた(T_T) 最後のほうは涙がポロリでした。まさかこういう終わり方とは思わなかったです。

アスラクライン 第13話「呪われた罪人の烙印」

副葬処女の真実。

アスラクライン第13話(最終回)『呪われた罪人の烙印』の感想レビュー

加賀篝の元にたどり着く過程が変更された以外は、原作の雰囲気をとても良く再現できた、哀音編のラストエピソードでした。 アニメシリーズ全体を通しても一番の良回だった...

[アニメ][アスラクライン]EX013「呪われた罪人の烙印」

ストーリー  洛高二年生の乗った飛行機が加賀篝にハイジャックされた。加賀篝が提示した「イグナイターと人質を交換」と言う要求を受ける智春だったが……。 第一感想  アニメ『アスラクライン』最終話! そして『アスラクライン2』制作決定ー!  分割二クールの噂は本

女性を恋愛モードに切り替える18の心理スイッチ|サンチェのモテるテクニック

一部の人にしかできない実現不可能なことではありません日常生活に支障をきたす内容でもありません精神適苦痛がともなうものではありません抽象的な内容を伝えるマニュアルではありません高いだけで中身のないマニュアルではありません一回限りのテクニックではありません...

アスラクライン 第13話 最終回 『呪われた罪人の烙印』  感想

   ひょんな事から、アスラ・マキーナのプラグイン(イグナイター)を手に入れた智春。  だけど、これを所持した事により、アスラ・クラインである加賀篝に狙わる事になったので災難だ!!  頼りになる朱浬さんや、玲士朗は修学旅行の為、不在。 前回は、第...

アスラクライン EX013「呪われた罪人の烙印」

アスラクライン EX013「呪われた罪人の烙印」です。 どうやら本当に変則2クー

アスラクライン EX013(最終回)「呪われた罪人の烙印」

修学旅行から帰還途中だった2年生たちが加賀篝隆也の手に落ちた。加賀篝は2年生と点火装置(イグナイター)の交換を要求してくる。橘高冬琉はイグナイターのデータ分析をアニア・フォルチュナ・ソメシェル・ミク・クレウゼンブルヒに急がせる。冬琉は危険が大きすぎると...

アスラクライン 第13話(最終話) 「呪われた罪人の烙印」

最後の笑顔。 アスラクライン〈7〉凍えて眠れ (電撃文庫)(2007/05)三雲 岳斗商品詳細を見る

アスラクライン第13話(終)呪われた罪人の烙印

「飛行機の乗客の命と引き換えにイグナイターとの取引を持ちかける加賀篝に智春は…」「アスラクライン第13話呪われた罪人の烙印」「2年生達をイグナイターの取引にされた智春は2人の会長、冬琉と六夏に黙って操緒と2人で取引場所のに向かうが」「密かに智春を追って奏で...

アスラクライン 第13話(最終回)「呪われた罪人の烙印」

イグナイターを要求してきたアスラクライン! 一体このプラグインにはどんな能力が・・・? なぜ渡しちゃダメなのか分からないのであま...

アスラクライン 第13話「呪われた罪人の烙印」

最初は、世界設定などがまったく説明されず意味不明な作品でしたが、 気付けば最終回となりました!

アスラクライン EX013(最終回)

加賀篝を撤退させることは出来たものの飛行機が制御を失うお話でした。 まさか最後の最後でこんな悲しい結末が待っていようとは。 アスラマキーナとベリアル・ドールの事情もようやく判明ですが、またシビアなものなんですねぇ。 加賀篝の要求に対して六夏や冬琉もや...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。