スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

約束の柱、落日の女王

あらすじ

「私を裏切ったとは、思わぬ」

すべてを知っても、そう言って微笑もうとするクリムをカルロは抱き寄せる。

「君を残していくことはしない」

迫る隣国の脅威、私欲しかない家臣たち。
危機感を覚えても、どうすることもできず
孤立する若きシュラトス王国女王クリムエラの前に、一人の戦士が現れる。
カルロと名乗り、政治、軍事と鮮やかな手並みを見せるその男は、
短い間にクリムの中で、大切な存在となってゆく。
・・・だが、彼にはある秘密が・・。
そして、そのために二人は同じ道を歩めないはずだった。
それでも。クリムとカルロは誓う―

「どんな刻も、一緒に生きる」

と。
約束を果たすため、彼らの“運命”との闘いが始まる!
第16回ファンタジア長編小説大賞準入選受賞のピュア・ラブストーリー。
ひとつの出会いが、刻を超え世界を変えてゆく―。

感想

5年近くまえの作品ですが昨日UPした花守の竜の叙情詩を読んで
感想をUPする事にした作品。

この作品も最後には主人公とヒロインの避けられない別れがある。
基本的にこういう話は綺麗で好きなんだけど・・・哀しい。

イリアーラという国の貴族であり軍人でもある青年カルロ
彼は28の若さで陸軍中将となりさらにその上を目指す才能ある若者。

シュラトスという国の女王クリムエラ
17歳の少女で弟が毒殺され女王となり、重臣達の無能さに辟易しながらも
自身も何をすべきかはっきりとはわからない少女。

イリアーラシュラトス、同じ場所にある2つの国。
違うのは存在する時間だけ。
その間にあるのは2千年という長い年月。

別々の時間に生まれた2人がクリムの国を救う神の戦士を召喚する魔術により
出会うことから始まる物語です。

カルロは最初は未来に戻るための手段を見つける為、クリムに取り入り
シュラトスでの地位を固めていきます。

しかしクリムとの触れ合いを経て徐々に未来に帰るのではなく彼女を
支えようと・・・そして愛するようになっていく。

しかしカルロカルロが史実では滅びの運命にあったシュラトスを救う為の手段を考え
実行に移すごとに彼は段々と不安に駆られていく。

そして全ての準備が整ったとき2人に別れが訪れる。

2千年という時間によって離れ離れになった2人は・・・

号泣しましたよ!

5年前、買った当時、すでに二十歳過ぎてた兄ちゃんが家で本読んで号泣。
今回も読み返してウルっときました。

いいものはいつ読んでもいいものだ。
カルロクリムはもう出会う事は・・・触れ合う事はできない。
こういう悲しい終わりかただが、こういう話はやっぱり綺麗だと思う。

自らの時間に戻ったカルロが廃墟の神殿で2千年彼を待っていたクリムの幽霊(?)と出会い
その会話の後、自害しようとすると彼の剣がまるで2千年の時を過ごしたかのように
錆付きカルロクリムの想いを知るシーンとか本当にもう・・・

最後に一文。
2千年もの長い時間に引き離された2人。
それでもクリムの意思はカルロが自分に会いに来る事を信じて待っていた。
そしてずっと彼の中で生き続けると・・・・・・

「ありがとう、カルロ。これからもずっと一緒だよ」

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。

約束の柱、落日の女王 (富士見ファンタジア文庫)約束の柱、落日の女王 (富士見ファンタジア文庫)
(2004/09/16)
いわなぎ 一葉

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。