スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日もオカリナを吹く予定はない

あらすじ

「メガネ山君て部活入ってないよね?」

「俺の名前メガネ山じゃないんだけど。普通に考えてメガネ山って名前なわけないでしょ。

 いや、そもそも俺メガネ掛けてないって見りゃわかるでしょ」

・・・そんなやりとりで、ちっこくてかわいい女の子・井波に誘われるまま、
オカルト大好き略して(?)オカリナ部に入部させられた俺。
部の目的は、謎の敵「死角」を破壊すること!?
うなる一升瓶、壊れる日常、そして飛びかうブルマ!!
第3回小学館ライトノベル大賞・優秀賞受賞作。

感想

ガガガ文庫の7月の新刊。
あらすじから予想していた馬鹿っぽいところも確かにあったがなんかホラーだった。

普通の人には見えない『死角』
その『死角』を見ることができる『見る目がある人』

『見る目がある人』”空気を読む”事でで『死角』がどこにいるかわかるのですが・・・
なんとなくあそこって感じらしいです。

そして各々条件を満たさなければ目視する事はできない。
”水1ℓ飲む”だったり、”1分息止める”だったりとなんか地味に厳しい。

主人公・エビマヨ(本名不明)『見る目がある人』っぽいのだが条件が毎回変わるうえに
『死角』を察知する能力がないという微妙な状態。

そんなエビマヨがヒロインである井波から『死角』の事を聞き、
彼女が作ったオカルト大好き略して(?)オカリナ部に入部させられる話。

一般人には見えず人知れず徘徊する『死角』
彼等は人の寿命を吸い取る。
それが見えないというのは考えてみると・・・

かなり怖い!

主人公達、オカリナ部の面々のやり取りは基本的に馬鹿っぽいのに
『死角』の怖さが印象に残った。

『死角』のデザインもよくわからない感じが逆に怖かった。
機械をごちゃごちゃにつけた感じなんだがはっきりとなにかの形をしているより
こっちの方が怖い感じがしました。

主人公とヒロインの関係はいつのまにかニヤニヤするような感じになってます。
何気にお互い告白の近いような事を言ってたり、
井波はヤキモチのような態度を見せたりと・・・

学園モノとしての面ではまぁオーソドックスな感じで楽しめた。
他のオカリナ部メンバーである
藤村兄妹も面白いキャラだったし続くがでるなら2人が中心の話も見てみたいかも。

バトルの方もあらすじ通りにゆるーい感じなんですが
やっぱり私は『死角』が怖かった。

なんだか知らないが想像したらゾッとするほど恐怖を感じたんだがなんだろうか?
影響を受けて夢に出てこない事を願いたいなぁ。

最後に一文。

この本の最初の一文。
主人公がいきなり自分の事を暴露しているんですが・・・
この一文のおかげで一気に最後まで読み進めたといっても過言ではないかも。

”そう、俺はむっつりスケベである。”

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。

今日もオカリナを吹く予定はない (ガガガ文庫)今日もオカリナを吹く予定はない
(ガガガ文庫)
(2009/07/17)
原田 源五郎

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。