スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

影執事マルクの忘却

あらすじ

エルミナが本棚のハシゴから転落、最近の記憶を失ってしまった!

「ええっと…、あなたは…?」

突然失われた主従の絆。
見知らぬ者を見る目で自分を見つめる主。

「私はマルク=マルドゥークと申します。エルミナ、あなたの執事を務めています」

丁寧に腰を折って名乗りながら、マルクはひそかに決意した。
—あの日、私はただエルミナの隣に傅いて待とうと、決めたではないですか。
忘れたならば、また思い出させれば良いのです。
そのころ、街ではオークションにカナメのカタナが出品され、契約者が訪れていて—。
マルクは不安定な主の心身を守れるか。

感想

影執事マルクの手違いシリーズの4巻。
良い間隔で続きがでるので良い感じです。

今回から第2部という扱いのようです。
第1部は”使用人募集編”だったらしいです。


今回、主であるエルミナが記憶障害になってしまいマルク達の事を忘れ、
まるで別人のように明るい表情をする事に。

慌てるマルク達は記憶が戻るようにと街へ連れ出すが・・・という話。

エルミナの笑顔を望んでいたマルクだが別人のような彼女の笑顔に
逆に悲しみを感じるマルクが切なかった。

そして今回は・・・

カナメのターン!!

街へ護衛兼従者としてマルクと一緒に付いて行ったカナメ
ところどころにマルクへの好意が見え隠れしていて可愛かった。
悶えるほど可愛かった。

正直、一番のお気に入りキャラになったなぁ・・・

今回の件でさらにマルクへの好感度が上がったっぽい。
こんにゃろめ・・・!

マルクエルミナカナメを同時に意識しているような感じです。
なんなんでしょうか?

自分でも2人に感じている気持ちがどちらか判らないようですが・・・

マルクにむきゃー

この作品の女性キャラのマルクに対する好感度が総じて高いような気がする。
セリアは色々と酷い事をしているっぽいが彼女なりのコミュニケーションっぽいし。
後のメンバーは全員恋愛的な意味で好意があるような描写。
本人は鈍感で気づかないようですが・・・。

そして今回登場する2人の契約者。

ジェノバオウマ

2人とも個性的・・・・・ジェノバは個性的です。
黒ずくめのドレスで棺を背負ってますし。

何気にマルクの女性の好意に対する鈍感さの原因となった彼の知り合い。
彼女はある目的で街を訪れたのですが読んでいてその”目的”を完全に騙された。
途中でカナメが気づいた目的だと私も思っていたんですけど実際は・・・
エピローグで描写があった彼女の素顔はちょっと気になるかも。
これからのカナメとの絡みに色々と期待。
彼女は女性キャラだがマルクとは親友。マヂです。

オウマは姿を消し影や音すら消す事ができる契約者。
カナメの過去に関わりがあり今回の件に関わってくるのですが・・・

影が薄い

彼に日が当たる日は来るのかなぁ・・・
姿を消してなくても普通に存在感がなくて笑えたが。
いつも通りマルクにボコられた為か
自分なりの未来を目指すようにしたようだが・・・幸せになれるかなぁ?

第2部は”眠り姫編”で3巻構成らしいです。
今回は上巻という事で事件は解決しているが根本的な原因は次へという終わり。
続きが気になる状態で終わります。

そして何より”使用人募集編”が終わったのに上記の新キャラ2名はいつも通りに・・・
そろそろ限界かな?

アイシャの出番が少なかったのが不満と言えば不満だろうか。

最後に一文。

マルクカナメに言ったセリフ。
怪我を負い、さらに迷いを持っているカナメを残しエルミナを助けに行くマルク
彼女に行った言葉。
マルクカナメを異性として意識しているのにさらっとこんなセリフを言えるところが
天然のタラシっぽい。なんだろコイツ。

「あなたの居場所は私が取り戻します。

 剣を捨てるのも、生き甲斐を探すのも、

 安心して考えられるあなたの居場所です」

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。

影執事マルクの忘却 (富士見ファンタジア文庫 て 1-1-4)影執事マルクの忘却
(富士見ファンタジア文庫
て 1-1-4)
(2009/07/18)
手島 史詞

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。