スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しずるさんと無言の姫君たち The Silemt Princess In The Unorincipled Tales

あらすじ

「よーちゃん、人は死ぬものよ。

 それはたとえ、どんなに綺麗なお姫様であっても例外ではない。

 そして死んだ者は、もう何も語ることはないのよ」

しずるさんが静かにそう語るとき、どんなに不思議な事件でも、
それはもう解決している—でも彼女がほんとうに知りたいことは何なのか、
私なんかにはよくわからなくて・・・
白い病室の中で少女たちが話し合うのは惨たらしい四つの殺人事件の話です。
それらはとても変わった事件で、被害者はなんだか、お伽噺の姫君のような有様なのでした。
白雪姫に人魚姫、眠り姫にかぐや姫みたいな奇妙な死者たち—
物言わぬその人たちの代わりのように、少女たちは大いに語ります。
ねじれた謎を解くために、
そして言葉にならなかった出来事をもう一度、はっきりと語り直すために。
奇抜で不思議で突拍子もない、ちょっと意地悪なしずるさんの推理は、今回も容赦ありません。
上遠野浩平が描く、安楽椅子探偵ミステリー、第3弾。

感想

しずるさんシリーズの3冊目。
といっても出版されたのはもう3年近く前です・・・
今回は”姫君”に関する不思議な事件をしずるさんよーちゃん
推理していくお話。
基本的に事件の現場には行かない安楽椅子探偵もの。

第1章 しずるさんと白雪姫

雪山の中で雪山には相応しくない格好で凍傷の痕もない死体が発見される事件。

そんなことよりなによりこの事件を捜査している人物に雨宮という女性が出てくる。
どうやらブギーポップシリーズにでてきた人造人間である雨宮美津子のようです。
別レーベルの作品ですが同じ作者さんだからこそのクロスオーバー・・・

不審な死に方をした事からMLPS(超能力者)の仕業の可能性を考えてでてきたんでしょうか?

事件の方は結構拍子抜けの結果に。
消去法による推理は最後に残ったのがどんなものでも・・・って事でしょうか。

第2章 しずるさんと人魚姫

下半身がない人間の遺体が海から流れ着いた話。
これも不思議ではあるけど真実はすごく単純なことだった。

事件そのものよりもやっぱり2人の会話の方が深い気がした。
2人がお互いの事を本当に大事に想っているのがわかるような気がします。
この話の中で病院の先生がよーちゃんに言っていた事がちょっと気になる。
しずるさんの思考についていけるよーちゃんはある意味で・・・

第3章 しずるさんと眠り姫

お店に来た人が急に涙を流しその直後いびきをかいて眠り。
気づくと死んでいた事件。

これはとても不思議な結果だった気がします。
そしてとても切ない話だった。

”餓死”

この事件で使われたしずるさんのこの言葉は的を射ていた気がしました。
とても哀しい事件だったと思う。

第4章 しずるさんと赫夜姫

竹林で竹に体を貫かれた人間が発見されるが警察が到着したとき
死体はどこにもなかった・・・

結果はよくある展開だったけどまったく思いつかなかった。
しずるさんの思考レベルの高さにビックリ。

そしてこの話でもやっぱりしずるさんよーちゃん
お互いをどれだけ強く想っているかがわかる話。

はりねずみチクタ、空をとぶ

チクタの目的である時計を直してくれる職人を発見するが
彼は謎の黒ずくめに連れ去られ・・・

急展開です!

このあとどうなるかが気になる・・・

--------------------
なんていうかあいかわらずこの2人は・・・

ラブラブだ!!!

実際に事件の最中で捜査をしているわけではないので全体的に2人のシーンは
ほんわかしていて安心する。
しずるさんが病院にいる理由やよーちゃんの家など謎はまだまだあるが・・・

このシリーズ再開してくれないかなぁ?
一応このまえ単行本ででたんですがそっちでもいいから続かないかなぁ?

最後に一文。
しずるさんよーちゃんに言ったセリフ。
しずるさんにとってよーちゃんはここまで大きい存在なんですね・・・

「私の前にいる、私の生きている意味が、

 そのことを決めてくれると思うの、きっとね」


にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。

しずるさんと無言の姫君たち―The Silent Princess In The Unprincipled Tales (富士見ミステリー文庫)しずるさんと無言の姫君たち―
The Silent Princess In
The Unprincipled Tales
(富士見ミステリー文庫)
(2006/12)
上遠野 浩平

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。