スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鷲見ヶ原うぐいすの論証

あらすじ

うぐいすという少女は変わり者である。
いつも図書室にこもっていて、教室に顔を出すことはない。
だが、試験では常に満点というひねくれぶり。
なぜか譲はそんな彼女と奇妙な付き合いが続いていた。

変わり者には変わった依頼が来る。
天才数学者、霧生賽馬は魔術師である—その真否を問い質してほしいというのだ。

かくしてうぐいすと譲は霧生博士が待つ麒麟館へ。
だが翌日、霧生は首なしの死体となっていた。

限られた容疑者は全員が無実という奇妙な状況に陥り!?
魔術師であるのか、殺人なのか、被害者はいるのか、犯人はいるのか、
これはそれらすべてを「論証」する物語である。

感想

トリックスターズ久住 四季先生の新作。
色々と小難しい話が色々とでてくるがなぜかこういうのは好きだ。

魔術師と呼ばれる男の住む洋館で起きる密室殺人。
ミステリ好きとしてはこれでもう買う動機といってもいいかもしれない。

タイトルは”鷲見ヶ原うぐいすの論証”なのでが主人公は別。
うぐいすの役割はヒロイン兼探偵かな?

数学者がでてくるためか難しい理論の話などが沢山でてくるが
ほとんど私好みのもので嬉しかった。

”悪魔の証明”
”第一不完全性定理”
”第二不完全性定理”
”閉じた環の論理”
”失われた鎖の論理”
”首切りの論理”
”科学の証明”


以上が今回出てきたもの。
わかりやすいたとえが多かったのでなんとなく理解できました。
すごく噛み砕いてわかりやすい例をだしてくれていたのでわかり易かった。

”不完全性定理”とか普通に調べると凄まじくわかりにくい事が書いてあるからなぁ・・

物語は閉じられた館で起こった殺人事件をうぐいす”論証”をもって解いていく話。
パートナーで語り手、主人公でもあるのちょっとした”素質”もそれを手助けする。

正直この話に出てきたうぐいす、譲、薫、雛子の4人がいたらどんな事件も
解決できるような気がする・・・
特に雛子は推理小説などに絶対に出てきてはいけないキャラだし・・・。

この作品は続編でるかなぁ?
これはこれで完結しちゃってる感じがするんですが。
うぐいすと譲の出会いの話なども気になるしぜひ続きがでて欲しい。
望むならトリックスターズの第二部(でいいのかな?)も読みたいかも。

最後に一文。

うぐいすのセリフ。
なんかが凄まじく鈍感だ・・・
そしてなぜかそういうキャラに限ってモテるのがライトノベル。
言葉や態度の端々からわかってはいたんですがね・・・

「私は一年前から、ゆずさんしか見てないもの」

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。

鷲見ヶ原うぐいすの論証 (電撃文庫)鷲見ヶ原うぐいすの論証
(電撃文庫)
(2009/08/10)
久住 四季

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

У?С??? ????

?åν????????θ??????У?Фо

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー(月別)
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。