スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

空ろの箱と零のマリア 2

あらすじ

繰り返しの日々の果てに、再び星野一輝の前に現れた音無麻理亜。
しかし、ふたりで過ごす穏やかな時間は長くは続かない。
一輝の周辺で不思議な事が起き始めたのだ。
送った記憶のない告白メール、断絶する記憶、
「自分ではない自分」が引き起こす事件、死体。
そして、携帯電話に残された宣戦布告―

『ボクはアンタを壊す。アンタが大切にしているものを全部壊す。

“箱”を手にしたボクは、アンタから全てを奪える』

“所有者”が一輝に向ける“悪意の理由”と“願い”とは・・・?
緊迫の第二巻。

感想

空ろの箱と零のマリアの2巻。

今回も”箱”に関わる事件が起きて一輝麻理亜がそれに巻き込まれていく。
”箱”を与える謎の存在”O”の目的が”箱”に関わらなくても
自分を認識できる一輝を観察する事。

ゆえに彼らが巻き込まれるのは当然といえば当然なんですが。
今回の犯人、”箱”の所有者は

え げ つ な い

一輝の体を乗っ取る事を目的とし1日に3時間ずつ奪われていく意思のある時間。
そして犯人の行動によって壊されていく日常。
そして友人達との関係。

麻理亜すら協力はするが信用してもらえない状況で一輝がだんだん追い詰められていく。

えげつないです。読んでて鬱になってくるというか・・・・
しかも今回は1巻の繰り返す1日と違い事件が解決すれば全て元通りとはいかない。
つまり友人との関係も一輝の体を使った犯人によって壊されたまま。
それを知った時の一輝の絶望もひどかった。

読んでて「うわぁ」って感じに私もなりましたし。
犯人側に追い詰められてどうにか麻理亜のおかげで立ち直るが
今度は犯人側にまったく救いがないような展開に・・・
2度目ですが

え げ つ な い

やっぱりこういう救いがないような話は苦手だなぁ・・・
まぁなんとかなるわけですが。

最後の最後に意味深なセリフで終わっているので3巻はでるかな?
作品そのものはミステリっぽくて好きなので楽しみだ。

最後の方の心音との関係修復の場面は一転して笑えた。
そして一輝が異様にモテる。

なんだろ、コイツ・・・。

心音一輝が好きなのかそれとも醍哉なのかちょっとわからない。
心音は一輝の事は満更でもなく、醍哉は心音が好きなのかな?

麻理亜は天然で可愛く、心音も可愛いし、
そしてなにより1巻の繰り返す1日の中ではない茂木霞が可愛かった。
一輝、この移り気野郎が・・・(笑)

最後に一文。

一輝のセリフ。
1巻の事件後、繰り返す1日の事件の実感を失ってしまい
麻理亜との関係が離れてしまった一輝
それを全て取り戻した彼が彼女に言った言葉。

「お願い手を貸して────マリア」

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
空ろの箱と零のマリア〈2〉 (電撃文庫)空ろの箱と零のマリア〈2〉
(電撃文庫)
(2009/09/10)
御影 瑛路

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー(月別)
08 ≪│2017/03│≫ 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。