スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神曲奏界ポリフォニカ ウェイワード・クリムゾン

あらすじ

精霊が力を持つ世界があった。
彼らは神曲楽士の奏でる楽曲を糧とし、さまざまな力を発揮する。
そんな精霊たちと契約し、彼らを操ることのできる者は『神曲楽士(ダンティスト)』と呼ばれていた。
新米神曲楽士のタタラ・フォロンは、キュートで最強の精霊コーティカルテと契約をしては
いるものの、安定した神曲が扱えず
未だに見習い楽士。そんな彼に、精霊の放つ力“精霊雷”を集める初仕事が舞い込んだ。
張り切るフォロンに、普段は何かとうるさいコーティカルテも、この時ばかりはなにも言わず
素直に協力してくれたのだが……。

榊一郎の奏でる、ファンタジーな楽曲が、いまここに響き渡る!

感想

1つの世界設定の中で別々の人間が物語を書くシェアード・ワールドと呼ばれる作品群の
「赤」のポリフォニカシリーズの小説版1作目です。

この作品の前に主人公のフォロンとヒロインのコーティカルテの出会い、神曲楽士になるための
学園生活などがPCで読む小説(キネティックノベル)で描かれています。(全四話)
この話を読まないと2人の絆の強さがわかりにくいかもしれません。
(一応キネティックノベルの1話に相当する話も小説化してますが)

この話は小説版の1巻なので主要メンバーは大体出てきます。
フォロンが所属す神曲楽士派遣事務所の所長・ユフィンリー
同僚のレンバルト、アルバイトのペルセルテプリネシカの姉妹。
この4人とフォロンとコーティカルテが主要メンバーになります。
この4人とのつながりもフォロンの学生時代からのものなのでやっぱりキネティックノベルを
読んでからのほうがより楽しめる気がします。

何気に”最強”の精霊であるコーティカルテと契約してるフォロンですが典型的なヘタレです。
好意に鈍感で自分の力を過小評価して悩む・・・典型的な主人公な気がします。
それでも本当に大切な場面でがんばれる彼のようなキャラは結構好きです。

コーティカルテはツンデレなキャラですが、実際はデレデレでフォロンに一途なキャラですね。
結構わかりやすい反応をしているのに気づかないフォロンにやきもきしたりフォロンの無自覚の言葉に言葉を詰まらせたりとかわいいですね。

最後に一文。コーティカルテのフォロンへの誓い

「私は何が在ってもお前を護る」

神曲奏界ポリフォニカ ウェイワード・クリムゾン (GA文庫)神曲奏界ポリフォニカ
ウェイワード・クリムゾン
(GA文庫)
(2006/01/14)
榊 一郎
神奈月 昇

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。