スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(アニメ感想)アスラクライン2 第23話「残る命、散る命」

第23話「残る命、散る命」

asura2-ritu10.jpg

「それがあなたの選択なの?」

「この世界を救う事、それともあなたの世界に戻る事。」

「選ぶのはどちらかしら?」

「どちらにしても貴方に会ってもらいたい人がいるの」

「夏目直貴。貴方のお兄さんでこの実験の中心人物。そして私の彼氏よ」


智春は1巡目の律都から世界の破滅の真相を聞く。
ブラックホール生成実験の事故により異世界への門が開き、それが破滅をもたらした、
そして神に見放された人間は悪魔と取引をした。

実験の中心近くにいた人間のほとんどが悪魔化した。
というわけで律都も悪魔に。
恋人がいるから両目緑なのかな?

でも回想によると1巡目の智春、操緒、奏、直貴も中心近くにいた気がする。
なぜ操緒と律都だけが悪魔に・・・

1巡目の智春が悪魔になったのは2巡目にいって上書き失敗した為だし、
悪魔は副葬処女になれないから1巡目の奏も無事だったはず。

なんか色々と無理がある気がしてきた・・・

律都は実験の中心人物であり、恋人である1巡目の夏目直貴と会うように智春に言う。

ここらへんの律都と智春の会話。
智春は前回、2巡目の世界に還る事を決意していましたがここではちょっとした迷いを見せてます。
滅ぶとわかっている世界を放っておけないということでしょうか?

まぁこっちで知り合った秋希などを見捨てるのは流石に・・・ってとこでしょうか。
基本優しいですからね、智春は。ヘタレだけど。

----------------------------------------------------------------------
asura2-naotaka10.jpg

「うずしおへようこそ、2巡目の弟」

「鐵と白銀をくっつけちゃえば鋼になるんじゃない?」

「もしこの世界を救えるならやってみたい」

「操緒はトモといっしょだよ」

「世界が違っても・・・お前は変わらないんだな」

「普段はヘタレなくせに一度決めたらテコでも動かん」

魔界といってもいい異世界にいるらしい直貴。
そこに入れるのは悪魔と契約者、副葬処女だけ。
という訳で悪魔の力を失った奏は律都と一緒に留守番。

後々わかる事を考えると奏はこの時、後悔してるかも。
一緒について行けないわけですから・・・

そして直貴登場。

うわ、智春そっくり。でも微妙にかっこいい。

智春が成長すると1巡目の智春より彼のようになると言われたほうが説得力ある気がします。

魂を失った副葬処女の肉体。
そこには秋希、哀音、紫浬(朱浬)のものもあり・・・そして1巡目の奏のものも。

直貴は智春達に鐵を修理しすぐに2巡目に戻すと言うが、智春は1巡目の世界をどうにかしたいと考える。
やっぱり何かしたいとは思っていたようですね。

直貴は鋼があれば異世界への門を閉じれたかもしれないがそれは一度失敗し、
鋼はいまや塔貴也のものなので無理だという。

だが操緒の”鐵と白銀をくっつけたら~”という発言をきき可能性を見つける。

・・・ってかアニアも驚いてる・・・本気で?

製作者なんだしそれくらいわからないものだろうか・・・
そんなこと考えもしなかったって顔してますね2人とも。

直貴は可能かもしれないが危険がある事も示唆。
もしかしたら智春、操緒の両方が消滅する可能性も・・・

それでも智春は可能性があるならと意見を変えず、操緒は智春と一緒にいると・・・

このシーンはよかった。

操緒の言葉
直貴の言葉

どんな時でも智春と一緒にいる事を選択した操緒、
世界は違っても弟は弟であると悟った直貴。
どっちも結構いい感じ。

そこに警報が鳴り響き・・・はぐれ使い魔の大群が襲来。

----------------------------------------------------------------------
asura2-tomoharu10-1.jpg

「泣いてお願いするなら、操緒が契約してあげるけど?」

「男の悪魔は契約者の記憶を失っちゃうだろ?」

「操緒の事を忘れるのは嫌だよ」


「でも非在化しちゃうのも記憶を失くすのもどっちも嫌だね」

「なくしてもまた作ればいいんだよ。」

「なくすよりも沢山の記憶を、思い出を作ればいい」

「そうすれば誰も不幸になんかならないんだ」


「トモ・・・きもッ」


魔精霊の力で襲来したはぐれ使い魔を撃退する智春。

ってか数、多すぎ・・・

助けに行こうとして律都に止められる奏・・・
非在化が進行している・・・つまり悪魔の力が無くなったと言うのは嘘。
そういえば前回秋希が怪我をした時、攻撃しようとする動作があった気がする。

アニアは鐵と白銀の回収作業。
昔やったデビチルのゲームを思い出した。悪魔の合体
そしてカプセルの中にいる1巡目の操緒に反応が・・・

はぐれ使い魔と戦いながらも軽口を言い合う智春と操緒。
非在化しないように契約してあげようかという操緒。
操緒の記憶を失いたくないからという智春。

なんていうかやっぱり一緒にいるのが自然な2人です。

非在化するのも記憶を失うのも嫌だという操緒に、
智春は記憶を失っても思い出をもっと作ればいいと伝える。

なんか格好いいぞ、智春!

でも操緒の反応は結構ひどいもの。

----------------------------------------------------------------------
asura2-kuroganeKai10a.jpg

「来い、鐵!」

「闇より暗き深淵より出でし

 其(そ)は、科学の光が落とす影!」

「これが・・・新しい鐵」

「さすが僕の弟」

「うん、鋼の出力を上回っている。これならいけるかもしれない」

「操緒は絶対消えないよ。なにがあってもずっとトモに憑りついててあげる」

「門を護っている使い魔だ、こいつは手強い。一度は智春と鋼が撃退したんだが・・・」

「焔月!」

「嵩月!?」


鐵・改 爆誕!!

でてくるまでは「オオッ!!」って思ったんですが・・・微妙。
今までの鐵のほうが好きかも。原作ともやっぱり違うみたいだし・・・
まぁ格好悪くはないんですけど。

力のほうはとんでもでしたが。
まるではぐれ使い魔がゴミのようだ・・

某魔砲少女の全力全開を思い出したのはきっと私だけじゃない。

鐵・改の力で異世界への門を閉じるには莫大な力が必要。
智春は操緒の魂を大幅に削る事になるので躊躇するが、
操緒は智春と一緒にいる事を誓い、智春はその力を行使する。

なんか操緒がいい感じ。

しばらく登場してなかったせいか奏の独壇場だったけどやっぱりメインヒロインの1人。
こういう何気なく智春をやる気にさせるのは彼女じゃなきゃ駄目っぽいですね。

そして現れる異世界への門の守護者であるはぐれ使い魔・・・
あ・・・これ知ってる。↓ですよね

asura2-pzetton.jpg

「ゼットン、ピポポポポポポポ・・・・・・」

宇宙恐竜ゼットン(これはパワードゼットンですが)

※ここからこのはぐれ使い魔=ゼットンで記述していきます。

まさかここであのウルトラマンすら倒した怪獣がでてくるなんて・・・正直舐めてました。
まさかこんな大物が控えていたなんて・・・

そして異世界への門を閉めるにはウルトラマンを超えなくてはいけないなんて・・・
1巡目の智春が失敗したのも納得が行きます。

智春はゼットンの隙を見て門を閉じようとするが邪魔され危機に陥る。
それを助けたのは奏。
焔月でゼットンの攻撃を押し返し倒れる奏。
智春は魔精霊でゼットンを押さえ込み鐵・改の剣でゼットンを両断。

智春はウルトラマンを超えた・・・

ってか奏が凄い。
鐵・改の攻撃を弾き飛ばすほどの攻撃を逆に押し返した。
どんだけ強いんでしょうか彼女の炎・・・

そういえばゼットンの火炎は1兆度とかいう話を昔、聞いたような・・・

正直、ゼットン登場からは???でいっぱいでしたがとりあえず撃退。

----------------------------------------------------------------------
asura2-kanade10.jpg

「非在化!?どうして?」

「ごめん・・・なさい、嘘ついて。」

「ずっと一緒にいたかったんです、夏目君と」

「こんな私を好きって言ってくれた事、嬉しかった。だからそれだけで・・・」


「だめだよ!そんなの・・・」

「もっと幸せになっていいんだよ!」

「欲しい物は欲しいって、好きな人には好きって叫んでもいいんだよ!」

「こんな幽霊の小姑付きのドヘタレでよかったらいくらでもあげるんだから」


「素敵ですね、そうできたら」

「夏目智春─

 汝は我、嵩月奏の生涯の契約者となることを誓うか?」


「ああ。誓う!だから・・・」

「許し・・・ます」


智春と一緒にいるために嘘をついていた奏。
途中で1巡目の奏の肉体がでてきたあたりでどうなるか気になってたんだが・・・

そして奏にはちゃんと智春の告白は聞こえていたみたいです。
それだけで満足だという奏に操緒はもっと欲張りになってもいいと、
智春をあげるからと・・・

そして奏は智春に契約者になってくれるか質問し、智春はそれを了承する。

なんて・・・なんて健気な・・・

原作とは色々と設定が違うから謎なんだが、原作と一緒で時間がループしてるのかなこの場所?
しかも非在化が原因で倒れたしなぁ・・・

まぁ消滅してないからまだ手遅れではないと思うが・・・理由はなんだろう?
とりあえずこれで来週の契約フラグはたった。

操緒の態度やセリフを聞いて思ったんだが、こうやって魔神相剋者は生まれていくんだろうな・・・
副葬処女である操緒が悪魔である奏に智春と付き合え見たいな事を言ってるし。

こういう関係じゃないと魔神相剋者は生まれにくいよな・・・
塔貴也はともかく加賀篝はこういう関係だったっぽいし。

このシーンはよかったけど、原作の奏との会話→鐵・改、召喚のほうが個人的には好きだった。

----------------------------------------------------------------------
asura2-1stmisao10.jpg

「大丈夫だよ、トモには操緒たちがついてるから」

涙を堪えて門を閉じる為に鐵・改の力を振るう智春。
だがゼットンとの戦いのせいで力が足りなくなり門を閉じられない。
このままでは操緒の魂が消えてしまう。

焦燥にかられるアニア達。
ここで動いたのが1巡目の操緒。
1巡目の夏目智春が愛した少女。

彼女は自分の智春が自分のために世界を救おうとし、
そして亡くなった事を謝り、
そしてもう1人の智春とそして智春と自分の世界を守るために副葬処女のカプセルの中へ。

そして智春の前に現れ言葉を伝え鐵・改の力に・・・

その力で異世界への門は閉じ世界の非在化は止まり世界は救われる。
そして操緒の肉体もいままでの副葬処女達のように石像かして・・・・

゚゚。(>□<)゚。゚゚ 操緒~

ここでこんな展開とは・・・
1巡目の操緒が1巡目に残っている事からどうなるのかと思ってたんですがこうなるとは・・・

好きな人(1巡目の智春)が自分のために行動した結果、死んでしまった。
だからせめて同じ存在である2巡目の智春だけは助けたいと・・・
自分が彼と一緒に過ごした世界を守りたいと彼女は思ったのでしょうか。

せつないなぁ・・・

この作品はこういうシーンが結構あるのですがやっぱりつらいなぁ。
いい話だとは思うんですけど・・・哀しい。

1巡目の操緒が力を貸したのは1巡目の智春が2巡目の智春の命を助けるのに
2巡目の操緒の魂を使ったことの応用かな?
悪魔は副葬処女になれないはずだし・・・
魂が消滅したのはすでに非在化が結構進んでいたためかな?
非在化はあくまで肉体が消滅していくだったような気がするんですがね。

まぁなんにしても・・・せつないなぁ。
副葬処女ってほとんど笑顔で消滅していく気がする・・・そこもせつない。

そして普通に世界の破滅が止まった1巡目の世界

あれ?

----------------------------------------------------------------------
asura2-uzusio10.jpg

「イグナイターと鋼さえあれば自分の望むように世界を作り変える事ができるのだ」

「時空と因果を操ってな」


「それじゃあ、まるで神様みたいな・・・」

「お前なら間違った選択はしない。僕の弟だからな」

「本当に感謝している。」

「この世界の破滅は止まり、1巡目の世界は2巡目の世界の歴史に追いつかれる事はない」


「私達の世界の未来が始まるの」

「嵩月さん?トモが選んだ人って?」

「ごめん」

「ほら、最後くらいはっきりふる!」

「うん、これが僕の彼女だよ」

「そっか・・・えへへ、ふられちゃった。」

「トモが呼んだの?」

「答えを出せる人間は僕だけだから」

「うずしお、その真の能力は時空移動能力」

「でもこの力を使うのもこれが最後だ。さよならだ智春」


カプセルの中で眠る奏。
死んでは・・・いないようですが。
原作読んでるんでやったのかやってないのかが気になります。
なにをかは・・・多分次回。

直貴からイグナイターを渡される智春。
これは魔神相剋者専用のプラグインで因果律を操作できる。

なに?このトンでも設定。

塔貴也はこの事を知っていたんでしょうか?
直貴は智春を信頼しこれを託す。
やっぱり世界は違っても兄弟なんですね。

律都に抱きつかれて顔を赤くしてそっぽを向く様子は面白かった。

そして2巡目に戻ろうとする智春達の所にやってくる杏。
呼んだのは智春。

彼女の気持ちに答える事ができるのはすでに彼しかいないから・・・
智春は奏を彼女として紹介し杏をきちんと振る。

ごまかさずにはっきりと振って欲しいと言った杏。

この子もいい娘だよなぁ・・・
ってかなんて罪作りな奴なんだろう・・・1巡目の智春。

そして智春、操緒、奏、アニアは直貴の機巧魔神であった”うずしお”の力で2巡目の世界へ。
この設定もなぁ・・・副葬処女は誰?とか恋人の律都が悪魔だから魔神相剋者なのか?とか
色々とツッコミどころが満載だ。

来週は2巡目の世界に帰還して残りの話を全部使って塔貴也達との戦いかな?

----------------------------------------------------------------------
asura24wa.jpg

  巻き戻す               螺旋

    右                   

       生

  そばにいて         一緒にして

終わりの始まりが       瞳を壊した

次回「君への想いが世界を壊す」

次回はまさか・・・

契約するんですかお二人さん!!!!!

なんか予告映像を見ているとかなりそんな雰囲気が・・・
契約ってことはつまり・・・・まぁあってもそのシーンは飛ばされそうですがね。

ちょっと楽しみ。

作画はこのままのレベルを保っていってほしいなぁ・・・
あと3話だし頑張って欲しい。

最早、原作はまったくあてにならないからどうなるか気になる。
まぁ原作準拠だったほうが嬉しかったんですが・・・
ここまで変わると最早何も言えないっていうか・・・。

氷羽子の戦う理由は次回わかるかな?
普通に塔貴也が好きだからとかだったらどうしたもんか・・・
やはり蹴策の存在が抹消されたのが痛い。
もしこれから出てくるにしてもさすがに無理がある気がするし。
さてどうなっていくか・・・

ブログランキング・にほんブログ村へ 読み終わったあと押していただけると幸いです。
            踊って喜ぶかもしれません。


------------------------------------------------
言及リンク

http://seraraku2.blog59.fc2.com/blog-entry-4087.html
http://moon12.blog.so-net.ne.jp/2009-12-03-1
http://plaza.rakuten.co.jp/blackwidow/diary/200912030001/
http://wendykai.blog60.fc2.com/blog-entry-676.html
http://ai-mugi.blog.eonet.jp/aimugi/2009/12/ex023-7de3.html
http://12091015.blog70.fc2.com/blog-entry-886.html
http://hyumablog.blog70.fc2.com/blog-entry-1306.html
http://plaza.rakuten.co.jp/cherokato/diary/200912020000/
http://lessiy.jugem.jp/?eid=2103
http://mikihara.blog70.fc2.com/blog-entry-1805.html
http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/200912030002/
http://georg.paslog.jp/article/1265667.html
http://shoumo2.blog14.fc2.com/blog-entry-813.html
http://d.hatena.ne.jp/syousa/20091204/1259889425
http://candlexxxlight.blog16.fc2.com/blog-entry-1092.html
http://28903894.at.webry.info/200912/article_9.html
http://blog.livedoor.jp/katsux2/archives/51321135.html
http://harutoki2.blog18.fc2.com/blog-entry-1737.html
http://i-keisuke.at.webry.info/200912/article_3.html
http://takaseyuka.moe-nifty.com/takaseyuka/2009/12/223-031c.html
http://hienkyaku.blog50.fc2.com/blog-entry-887.html
http://ameblo.jp/adam/entry-10405980720.html
http://monokuronoanime2.blog.shinobi.jp/Entry/460/

テーマ : アスラクライン
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

アスラクライン2 第23話

第23話『残る命、散る命』アスラクライン2 1(初回限定版) [DVD]今回は・・・なかなか面白かったです。

アスラクライン2 第23話「残る命、散る命」

1巡目のクライマックス・・・なんですが・・・

アスラクライン2 第10話(EX023) 「残る命、散る命」

 最終回みたいな盛り上がりでしたね。随分と駆け足でしたけど。操緒のツインドライヴには驚きました。

『アスラクライン2』第23話

第23話「残る命、散る命」本物の直貴の登場(一巡目ですが)なんと律都の彼氏でした(驚)

アスラクライン2 EX023『残る命、散る命』

この世界の直貴に会うことになった智春。 とことで直貴が出てきたのだが、ぶっちゃけ智春本人とあまり変わんないなw

「アスラクライン2」 第10話(23話)

☆ 「アスラクライン2」  第10話(23話)  ☆ 「奏」がついに非在化・・・・・!?(;_;)  今期は何かと「健気」な描写が多く、すっかり感情移入してしまったサブヒロインでしたので、この展開はかなり辛いものがありました。 思えば「奏」は、その「炎の ...

アスラクライン2 第23話「残る命、散る命」

異世界への門。

[アニメ][アスラクライン]『アスラクライン2』EX023「残る命、散る命」

ストーリー  ブラックホール制御実験によって生まれた異世界とつながる穴。それこそが一巡目の世界滅亡の原因だと知らされた智春。  智春は一巡目の世界を救うため、リスクを承知で障テ鐵改造のための時間を稼ぐのであった。 第一感想  原作と設定や話の流れを変えつつ、

アスラクライン2 第23話 「残る命、散る命」 感想

世界の非在化やはぐれ使い魔の出現は、重力炉実験の失敗によって引き起こされたものだった。 世界滅亡の引き金となった研究所で操緒との再...

アスラクライン2 EX023「残る命、散る命」

人類の生活を豊かにしようとブラックホールを人工的に精製する実験を行っていた夏目直貴は実験に失敗する。潮泉律都を始めとしてこの実験に関わった多くの者達は、悪魔となった。律都は夏目智春に1巡目の世界か、2巡目の世界、いずれか一方しか救えないと告げる。八方美...

アスラクライン2 第 23 話

一巡目の非在化に歯止めが…。

アスラクライン2 EX023

EX023 残る命、散る命 「ブラックホール生成実験……。電子や陽子を光速に近付くまで加速させ、人工的にマイクロブラックホールを生成することが目的。……ブラックホールを安定的な電源供給源として、人間の生活はより豊かになるはずだ...

◎アスラクライン2EX023『残る命、散る命』

マイクロブラックホールの説明をする。しかし実験失敗で異世界への扉が開いてしまう。そして、悪魔ととりひきする。これが破滅の真相だった。そして、メガネの女性はナオタカに合わせたいという。このメガネコはナオタカの女だった。ニアは、魔界にナオタカがいると説明。...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。