スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

くるくるクロッキー

あらすじ

“女の子の肌”に絵を描くと、その絵が生命を持ってしまう―。
或瀬は特異体質を周囲に隠し、美術の時間も絵を描かずに生活する高校1年生。

しかしある日の放課後、クラスメイトの鳴歌に待ちぶせされ、

「秘密を知っている」

と告げられる。

さらに彼女は、翌日から二人はつきあっていることにすると言い出した!
或瀬の能力に興味があるという鳴歌は、なんとか彼に絵を描かせようと
自宅のメイド・真昼をキャンバスとして差し出したり、勝手に部屋に忍び込んだりとやりたい放題。
しかも、彼女は或瀬の能力を使って何かを企んでいるようで―!?
画狂少年と傍若無人なお嬢様の、新感覚学園ストーリー。

感想

電撃文庫12月の新刊。
クロッキーは素早く描いた絵の事のようです。

女性の肌に絵を描くとその絵が生命を持つという能力を持つ主人公と、
彼に生命を持つ絵を描かせようとするヒロインの話。

ヒロインである鳴歌は超お嬢様気質。
自分が嫌な事は嫌だし自分がやりたい事はやるという超自分中心な考え方。
まぁその為に手段は選ばないので主人公である或瀬と恋人になる事も手段の1つ。

絵を描かせようとする時は自分のメイドである真昼をキャンパスとして
提供しようとしたりとかなり傍若無人。

一方、主人公の或瀬は自分の能力を秘密にするために絵を描く事をせずに
過ごしてきたが彼の本質は画狂。
本来なら描かずにはいられない性質で彼も絵を描くためならおそらく手段を選ばない。

ある意味でこの2人は似たもの同士な気がしました。

登場する女の子はみんな可愛くていい感じ。

鳴歌真昼もそして・・・

道流も!!!

或瀬の妹である道流ですが可愛い。
こんな妹が欲しいものです。

強引な鳴歌によって自分の中にあった絵を描きたい気持ちをついに表した或瀬
でもその力によって問題が起き、さらに過去に起こした事件によっ
鳴歌も巻き込み大変な事に。
絵を描く時の或瀬の変貌振りは結構凄い。
傍若無人な鳴歌を黙らせるほどの傍若無人。
やっぱりこの2人は本質で似てる
なんか最後にはずっと一緒に居るという(正確には或瀬を見守る)約束を

なんか・・・微笑ましいなこの2

これは・・・続きがあるのかな?
これで終わりのような気もしますが・・・どうだろ?

最後に一文。

話にはまったく関係ないけどかなり気に入った言い回しだったので
かつて或瀬道流の頬に書いて生命を持った魚の絵である紙魚(しみ)
彼のセリフ。
”秋が来ない→飽きがこない”という事らしいが・・・なるほど。

「うむ、四季が一つ欠ける」

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです

くるくるクロッキー (電撃文庫)くるくるクロッキー
(電撃文庫)
(2009/12/10)
渡部 狛

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。