スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鍵開けキリエと封緘師 小箱は開くのを待っている

あらすじ

「わたしはね、大統領だよ。退屈していたところなんだ。

お茶は出せないけれど、ゆっくりしていくといいよ」

目にしたすべての鍵を開けずにはいられない衝動と、天才的な解錠技術をもつ少年キリエは、
好奇心旺盛な妹ミドリカに連れられ禁断の「監獄砦」を訪れた。

そして43もの鍵を開けて辿り着いた尖塔の最奥、
不思議な檻の中で優雅に微笑み“大統領”と名乗る美女と出会う。

彼女の檻は、どうしても開けられなかった。

「鍵があれば、開けるだけ」

―“大統領”の檻を開けることを少年が決めた夏、“失われたはずの力”が甦る。
自分が何の鍵を開けようとしているのか、少年に考える間も与えずに・・・

感想

富士見ファンタジア文庫の12月の新刊。
新シリーズ。

鍵を開けずにはいられない少年・キリエ
いくつもの鍵で閉じられた砦の奥でさらに檻に入った少女と出会う話。

今まで街の中の全ての鍵を開けてきたキリエが開けられない檻に入った
大統領と名乗る少女。

そして封緘師と呼ばれるもうこの世界にはいない魔法使い

キリエは鍵を開けるためにその世界に関わっていく事に。

鍵を開けずにはいられない

一見するとほとんど犯罪者のようだけど、キリエの場合は開ける事が目的で中身に興味は無い。
まぁそれでも鍵を勝手に開けるのはどうかと思うけど・・・

大統領と出会う時にも目に付く鍵を全て開けていき、より難しい方の扉を通っていったら
最短で罠にもかからず彼女の元に辿りついたというとんでもない才能。

これで中身にも興味があったらとんでもな大怪盗になりそうだ。

基本的に鍵にしか興味が無かったキリエ大統領と出会った時は彼女に見惚れ、
そして開けられない鍵に出会う。

ある意味、運命の出会いなのかな?

この出会いがキリエ封緘師と関わるきっかけを与え、
彼が魔法で封印された箱を開ける原因となったわけだし。

この巻で起きた事件でキリエは初めて自分の中に鍵への興味以外の感情がある事を自覚します。
他人と関わる事を嫌がっていた彼が失いそうになって初めてショックを受けた。
彼がこれから普通の感情を徐々に表現できていくかも気になる。

最初に自然にでてきた心配する対象が妹のあたり実はシスコンなんじゃないかな?

キリエがまだ自覚してないっぽい大統領への興味もこれからどうなるか楽しみ。
彼が本当に求めていたモノは鍵ではなくその中身に対する期待だった。
そして大統領は彼が求める中身に相応しい存在なのかな。
キリエに比べて大統領のほうはまだ興味があるだけっぽいけど。
この2人がどうなるかはかなり気になるなぁ。

ちょっと残念なのは今回、キリエが封印を解いた封緘師ウィヌム
キリエの妹であるミドリカと仲良くなりとても可愛い娘だったんだが、
”封印されていた魔法使い”である彼女はやっぱり・・・

結構いいキャラでミドリカとも仲がよかったのでもう出ないと思うと残念。
まだ一応可能性はあるんだろうが・・・無理かなぁ?

最後に一文。

キリエの口癖、というか信念。
閉まっているからこそ中が気になる。
でも・・・なんでもかんでも開けるのはいいとは思わんのだが。

「鍵があれば、開けるだけ」

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
鍵開けキリエと封緘師  小箱は開くのを待っている (富士見ファンタジア文庫)鍵開けキリエと封緘師
小箱は開くのを待っている
(富士見ファンタジア文庫)
(2009/12/19)
池田 朝佳

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。