スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダンタリアンの書架 4

あらすじ

郊外の寄宿学校に招かれたダリアンとヒューイ。
上流階級の令嬢が集まる女子校で、“幻書”を探す二人は、中等部五年のジェシカと出会う。

ジェシカの狙いは、学園に“幻書”を持ち込んだ、連続猟奇殺人犯ディフリングを見つけ出すこと。
学園で相次ぐ神隠し事件、その被害者の一人はジェシカの親友だった。

神出鬼没のディフリングに対し、ダリアンの仕掛けた罠とは―!?
悪魔の力を封じた書物“幻書”を巡る少女の冒険、第4弾。

感想

ダンタリアンの書架の4巻。
今回の表紙はダリアンが大きくてとてもいい感じ。

っていうかダリアンが可愛い

今回の1話目にでてきた少女・ジェシカはこれからが楽しみ。
ヒューイと彼女の話はまたあるのかな?
ヒューイの伯母は彼女とヒューイをくっつけようとしてるみたいだし。
ダリアンの反応が気になる。

今回は1,3話が救いのある(?
2,4話が物悲しい終わり方

5話は焚書官ハル壊れた読姫フランベルジュのコンビの話。

3話の『連理の書』は「またお前か!」って感じに。
ヒューイの後輩であるアルマン再登場。
やっぱり女性は怖いって話。
ヤンデレは本当に怖い。
アルマンの女運の悪さはもうどうにもならなそう。
またでてくるのかな・・・楽しみ

4話の『調香師』フィオナ・・・最後の挿絵の彼女の笑みは綺麗だけど悲しい。
こういう終わりかたの話は悲しいけど綺麗だと感じるなぁ・・・

そして5話『幻書泥棒』
また物語に関わりそうな新キャラヒューイ達と別の場所で登場。
ミスリルを名乗る幻書を奪う怪盗が登場。

ついに怪盗まで登場したか・・・

ミスリルもいずれヒューイダリアン教授ラジエルと出会う事があるのかな?
もうちょっと彼等の絡みも読んでみたいかも。

ちなみに今回の話を全部あわせて悲惨な話の第一位は断章『屋敷妖精の受難』
凄く短い短編なんですが・・・屋敷妖精が可哀想すぎ。
最後は最初に戻りますが・・・途中を考えれば最善です。
なぜよりによって屋敷妖精はあんな相手ばっか選ぶんだろう

最後に一文。

『連理の書』の最後でダリアン
泣き出す寸前のような寂しげな微笑を浮かべながら言った言葉。
ある意味でヒューイダリアンの契約も同じことになるのかな・・・
でもヒューイには寿命が・・・

「死が二人を分かつまで・・・・・・ですか」

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです
ダンタリアンの書架4 (角川スニーカー文庫)ダンタリアンの書架4
(角川スニーカー文庫)

(2010/01/01)
三雲 岳斗

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。