スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツァラトゥストラへの階段 2

あらすじ

「このゲームはチェスをモチーフにしています。
 ピースは二種類を使用します。
 
  King   男性プレイヤーが受け持ちます。
  Queen  女性プレイヤーが受け持ちます。」

パルスに感染したことで一変した福原駿介の人生。
“兵士タイプ” “英雄タイプ” “指揮官タイプ” “魔法使いタイプ”のなかから
“魔法使いタイプ” と診断された彼のパルス能力とは果たして……?
そして、その彼が挑む次 なるゲームは……!
読み出したら止まらない! ノンストップストーリー第2弾!!

感想

今回のゲームはチェスをモチーフにしたものです。

『Overload Game』

・男性(king)は女性(Queen)を操作し陣地を進み別のkingを倒す。
・Queen同士は出会ったら戦闘になる。実際戦います。
・Queenは降伏することで勝者のQueenになる。
・kingは他のkingと交渉等をモニターを介して行うことができる。
・『EXIT』と書かれた扉を探し48時間以内に脱出すること。
・ヒント:『出口はこの画面の向こう側にあります。』



チェス+陣取りゲームですね。kingQueenのペアで参加するゲームなのに互いに裏切ることが
でき、さらに1巻と違い直接戦闘があります。
なにげにこのゲームは出口を探す以外は最初にペアになったQueenの”力”が全てな気がします。

今回はパルス能力のおおまかな種別の説明があります。前回よりもパルス能力について触れてます。
能力の種類は細かくするとかなり多そうですね。

このシリーズは裏切りや苦痛を伴うことがあるゲームパートと友人や幼馴染と触れ合う日常パート
の2つがあります。福原が囚人ゲームに参加できるのは日常パートの触れ合いがあってのことだと
思います。物語中盤の幼馴染である由紀との会話は読んでいて心地よかったです。

今回も福原飛鳥の絡みは少なかったけど二人の間により確かな何か、
絆・・・と呼んでいいかわからないですがあることがわかります。
何気にいいかんじな2人です。

そして今回登場の新キャラクター・秋島カレン
Sで年上のお姉さんです。凶暴なお姉さんで男嫌いなようなのですが福原に興味ありありです。
何気にいずれ味方になりそうなキャラですね。フラグも立ってるっぽい。

囚人ゲーム側で起きた異変、福原の新しい力など続きが楽しみな話です。
私としてはもっとにも活躍の場がほしいのですがゲーム側の人間である以上無理なのかな?

最後に一文。事情は何も知らない。それでも由紀が福原に言った言葉。

「おかえり」

ツァラトゥストラへの階段 2 (2) (電撃文庫 と 8-5)

ツァラトゥストラへの階段 2 

(電撃文庫 と 8-5)
(2008/02/10)
土橋 真二郎

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。