スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラプンツェルの翼 Ⅳ

あらすじ

天使と人間との“関係”に疑問を持つ者が起こしたクーデターによって、
「天使たちの楽園」ユーロランドは、一瞬にして人間を閉じ込める“檻”と化した。

騒動に巻き込まれた遼一と奈々は、人質となった天使の姫を助けるため
キサラギとともに危険な“ゲーム”に身を投じるが、
そこに待ち受けていたのは“クリアするために他者の命を奪わねばならない”という
過酷な選択だった!

死へのタイムリミットが迫る中、遼一たちの選んだ選択とは?
その一方で、非情な決断を下す上層部に反発を覚える天使たちも現れ…!?
“禁断”のゲーム小説第四幕。「ユーロランド」編、クライマックス。

感想

ラプンツェルの翼の4巻。

4巻です!!!

この作者さんのゲーム小説3作目にしてようやく3巻の壁を越えました。
この調子でどうにかツァラトゥストラへの階段の続きでないかなぁ・・・
あれ、好きなんだけど。

とりあえず4巻の話。

まずは性格最悪な東京の天使のまとめ役であるお姉さまの過去の姿・・・

どうしてこうなった・・・

なんか色々ショックな事があって歪んでしまったようですけど・・
昔はこんなに美人だったんだな・・・

彼女があそこまで歪んでしまった出来事を推測するとちょっと可哀想な気もする。

そして前回の悪意に満ちた終わり方の続き・・・

天使の姫を助けるためにも、自分達の命を救う為にもゲームをクリアしないといけない
遼一、奈々、キサラギ

だけどその為には敵キャラとして設置された人間を殺さなくては経験値が貯まらない。

うわぁ、ひどい設定だ・・・

それでも人間達を助ける為に最後の最後まで考え続けた遼一
合理的な判断を降す天使達奈々を知っているからこそ、最後まで信じた彼だからこそ
状況を打開できたのだと思う。

それでも足りなかった時にキサラギがとった行動はある意味で天使らしくない行動。
他にもいくらでも手段があったはずなのに彼女がとった行動は自らを殺す事で
経験値を貯める事だった。
奈々達と触れ合った天使達は徐々にだけど変わっていくのかな?
変わったからこそキサラギには生きていて欲しかった・・・

そして他の天使達
反乱を起こしたミズホを殺す事に執念を燃やすお姉さま
その為には人間の犠牲や、仲間である天使の犠牲すらいとわず、

人との真の共生を目指すミズホもそのための手段として人間を操る。

やはりどこか人間とはずれた価値観を感じました。
まぁそれでも反乱を起こした側のほうがまともに見えるから性質が悪いが・・・

そして1巻から登場のジェシカ
彼女も遼一奈々に強く影響を受けている天使

彼女も相変わらず健気というか・・・

命令違反を犯してでも遼一達の安全の為に動き、さらに東京に派遣されるために
危険な任務に付いたジェシカ
彼女にとっても遼一は本当に大切な人のよう。
彼女も死んでしまうのではないかとハラハラしたが無事でよかった

天使の姫であるアンナも優しいいい娘。
やっぱりどこかズレた所があるようだけど今回の事件で前向きになれた気がする。
彼女がリーダーシップをとれれば一番いいんだろうけど・・・無理っぽい。

そして奈々
今回の最後のゲームは自分の陣地に集めた人数がそのまま戦闘力になる
仮想現実における戦い。

それまでずっと操る事で戦っていミズホ、ジェシカ、お姉さま
だけど最後の最後で全てを決したのは人間である遼一と心地よい関係を作り上げた奈々
遼一奈々の姿に打たれた天使達が能力を使わずに集めた人々。
それが奈々の力となって彼女を勝利に導いた

この展開は・・・かなりよかった

強制ではなくコミュニケーションによる繋がり。
ある意味で反乱を起こしたミズホ達の望みを形にして見せた感じ。

お姉さまの悪あがきで奈々は生死不明。
でも最後の場面、遼一に渡されたトランクは希望なんだと思います。

でも主人公である遼一とヒロインである奈々
今回は奈々極限状態だったせいかいつにもまして素直だった。
なのに奈々とキスシーンがあったのが遼一の幼馴染である美穂

これはこれで綺麗だけど・・・どうなの?

予想外すぎて驚いた。
結局、この作品では恋愛面はまだまだ微妙だ。

「ユーロランド」編、クライマックスって書いてあるけどまだ続くのかな?
それならトランクを開く場面までやってほしかったんだけど・・・

続くなら続いて欲しいし、これで終わりでも綺麗な終わり方だと思う。
そしてツァラトゥストラの階段の続きも書いて欲しい。
どうにかならんものか・・・そろそろ飛鳥の活躍を見たい。

最後に一文。

天使が入っているトランクの側面に書かれている言葉。
全ての始まりだった言葉。
そして今回の最後を締めくくった言葉。

Turn over OK?(起動しますか?)

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです
ラプンツェルの翼〈4〉 (電撃文庫)ラプンツェルの翼〈4〉
(電撃文庫)
(2010/02/10)
土橋 真二郎

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。