スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電波女と青春男 4

あらすじ

電波女になる前のエリオは、それでも宇宙を追っかける少女だった。
布団のかわりに、赤いランドセルを背負っていたんだってさ。

リューシさんと前川さんは、俺に出会う前に、なんと淡い初恋を経験しちゃったりしてた。
その結末は、ほろ苦い青春の味・・・・・・
だったりするのかな、やっぱり(すごく気になるけど訊けないし)。

そして俺は、エリオと同居しているにもかかわらず、意を決してエロ本購入大作戦を決行して!?
 
うー、俺たちの恥ずかしい過去を綴った短編集登場、らしい。

感想

電波女と青春男の4巻。
登場人物たちの過去が描かれた短編集。
表紙が色々とアレなような・・・

『家出基地』

流子に出会う前。
高校1年生の時に前回出てきた”彼”に告白してフラれた直後の話。

家出をして漫画喫茶であったキラキラと粒子を放出する美少年と出会って、
宇宙関係の施設に秘密裏に潜入するって話なんだけど・・・

書いていて、現実味がまるでねぇ・・・

なんかもうなあんでこうなったんだろうって感じ。
前回でてきた社の存在でこの作品の世界では『宇宙人』が実在する可能性がでてきたが、
それを後押しするかのように謎の少年が登場。

しかも時系列的にはこのシリーズが始める前と言う・・・
これから一気にSF感あふれる話に移行するための伏線なんだろうか・・・

まぁどんな方向にいっても全体的な雰囲気は変えてほしくないなぁ・・・

『初恋を見下ろして』

前川さんの初恋の話。

そろそろいいかげん彼女の名前が気になってきた・・・

まだ高校入学前の話なんだけど初対面の人から幼馴染まで、全員が『前川』って呼ぶ。
在る意味で宇宙人とかの謎よりも彼女の名前のほうが気になってしかたない。
一体、彼女の名前はなんなんだろ・・・

しかも中3の時点で身長180cm超えてるとか・・・スゲェ。
自然成長らしいが・・・関節痛とか書いてあったが想像するとかなり嫌だなぁ。

そしてこの話には美容師として『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん』の過去話にでてきた
遠江が登場してる。
挿絵でこの時点での姿がわかるのだが・・・

なに?この美人・・・

かつてみーくんが逃した魚はとんでもない美人になったようです。
まぁ彼の場合、つねに一定ランクの美少女達が周りにいたみたいですが・・・

彼女とみーくんは結局、あの後再会する事はなかったようだけど、娘の名前にその名残が
あったりと時系列のつながりを感じさせる。

そしてまたまた宇宙人らしいかぐやさんが登場。

この町で自称宇宙人って何人くらいいるんだろうか・・・
そして実際に何人くらいが”本物”なんだろうか・・・・

とりあえず前川さんかぐやさんとの触れ合いで初恋と自分の身長に対して、
どうにか気持ちの整理ができるようになったみたい。

『空への明日』

エリオが小学生だった頃の話。
なんかだんだん過去に遡ってるな・・・

この頃のエリオは同級生と取っ組み合いの喧嘩をしたりと、
本編とは比べ物にならないくらい活発な少女だったよう。
まぁ水色の髪の毛と目の色はさすがに色々と目立ったようですが、なにより・・・

電波女じゃない!!!

っていうか自分が置かれてる状況とか相手がどういう考えをするかとかを結構冷静に考えて
対抗策を練ったりしてます・・・

えっと・・・誰?

しかも将来の夢は宇宙飛行士でその為の訓練は欠かさないとかすごい前向き。
このまま育っていたらどんな子になっていたかとても気になるなぁ。

お母さん、大好きな所は全然変わってないみたいだけど。

何気に夢を叶えてしまいその後の人生を持て余していたおっさんに希望を持たせたりして
子供にしては凄い聡い子だったよう。

行方不明~記憶喪失のせいで夢は破れてしまったけど、今は女々と一緒で
それはそれで幸せを感じ。

何気にこの頃、高校生だった遠江と会っているみたいで
遠江が猫に『えせ』って名前を付けるシーンは感慨深い。
彼女の中ではやっぱり大切な初恋の思い出なんだなぁ・・・

『ぼくと彼女の月の距離』

が中学三年だった頃の話。
エリオが子供の頃は電波女じゃなかったように、この頃の真は・・・

青春男じゃなかった!?

っていうか青春ポイントって言葉を使っていたのもではない。

前は友達以上恋人未満な関係だった星中小梅

最近は彼女に彼氏ができ、疎遠だったけど夜中にいきなり呼び出されて駄弁る所から始まり、
最後はお互いの気持ちを吹っ切って終わる。

昔から何気にモテてあのね・・・真は

今は彼氏持ちの星中の方も真に対して恋愛感情が残っている感じがちらほら。
はそれを吹っ切らせるためにクリスマスの夜に一緒に星を見に行ったわけですが、
もしここで告白とかをしていたらやっぱりまったく別の展開になっていたような気もする。

はお互いの心の距離は開いてしまったと言っていたけどまだ十分いけた気がする。
まぁそうするとこのシリーズ自体が成り立たなくなるわけですが・・・

この件がきっかけで真は青春男になったわけだから物語は不思議だ。

短編のキャラでもう出番はなさそうだと判ってはいるが星中は気に入った。
どうにかして本編の方にも登場しないものか・・・

『E.R.O』

時間軸は3巻のちょっと前。
凄まじい始まり方で始まる話。

要約すると真がエロ本を買いに行く話。

家族2人(女々、エリオ)がいない隙に本屋に向かい買おうとするが、
お約束と言うかなんと言うか・・・そこには偶然、前川さん流子が・・・

これは・・・なんてベタな展開。

どうにかして2人に気づかれないように目的の物を買って家に帰るが、
本から想像する物が全部前川さん流子エリオに置き換わってしまって悶々とする真。

なんかグダグダだったけど、らしいといえばらしい話だった。

最後に一文。

『E.R.O』での真のセリフ。
『ぼくと彼女の月の距離』にもいい感じのセリフはあるのだが、
やはりインパクトはこれが一番大きかったので。
とりあえずの頭が熱さでやられていないか心配すべきなのかも・・・

「今の俺に足りてない栄養素は、エロだ」

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
電波女と青春男〈4〉 (電撃文庫)電波女と青春男〈4〉
(電撃文庫)
(2010/03)
入間 人間

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

初めましてシャモといいます
電波女と青春男の感想を久しぶりにまともに見たので感動してます

この巻は今の真たちの人間を作るきっかけになった物語が
詰まってると思います(エリオは少しちがいますが)
自分的にはこの巻の真がかっこいいと思います
「ぼくと彼女の月の距離」も「E.R.O」のほうも

Re: No title

はじめまして、シャモさん。
コメントありがとうございました。

前川さんの名前って…

僕の勝手な予想ですが、前川さんのしたの名前はおそらく『さん』だと思います。

Re: 前川さんの名前って…

田中太郎さん、コメントありがとうございます。

> 僕の勝手な予想ですが、前川さんのしたの名前はおそらく『さん』だと思います。

まさに発想の転換!
前川さんの両親の店の名前がそのまま彼女の名前のようですが・・・

ありえなくもない・・・
それに子供の頃は”~ちゃん”と呼ばれてたってあるが、
”さんちゃん”でも違和感はない・・・
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。