スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白山さんと黒い鞄 4

あらすじ

学園祭が近づく2学期のある日。
衡たちの前に新たな鞄の住人が現われた。
その住人は美しい少女の姿をしており、唐突に「衡の妻」を宣言。猛烈なアタックを開始した!!

そして悲しいほど優柔不断な衡は、為すすべもなくそれに飲まれはじめる。
もちろん心穏やかではいられない白山さんは、
遠咲先輩の力すら借り衡を奪われまいと徹底抗戦の構えで!?

一方、学園祭実行委員として活動していた伊織は、
青嵐と出店の売り上げ競争をすることになる・・・が、どうも青嵐の様子がおかしく・・・?

様々な想いが火花を散らす、不思議系学園ラブコメ第4弾。

感想

白山さんの黒い鞄の4巻

衡&伊織が女の子2人の挟まれて大変な目に・・・

とりあえず2人は少しくらい不幸になってもいいと思う

まずは主人公である白山さん

学園祭の準備で偶然訪れた店で白山さんに渡されたアクセサリーからでてきた
『阿頼耶識(あらやしき)』であるムール・ミュール

彼女は今まで敵として現れた『阿頼耶識(あらやしき)』よりも上位の存在のようですが、
危険性がまったくないという変り種。

ただ自らが姿を変えたアクセサリーに触れた相手と添い遂げるというとんでもない存在。

なんだろう・・・このトンデモ設定

彼女の猛烈なアタックではあたふたし、白山さんの嫉妬し、九衛は怒るという
とんでもない修羅場に。

そういう存在だからを好きになったムール・ミュール
だけど、
それが存在理由だからこそ、その想いは本物で深い。

本を読んでいると彼女が本当に心の底からが好きなのだとわかる。

そしてその本気の想いに対抗しなくてはならなくなったからこそ
あの終わり方になったんだと思う。

ムール・ミュール
が白山さんをから離れるように仕向けるために言った事も、
確かに間違ってなく、そしてを護る事に繋がっていると思う。

それでもなお一緒に居たいと白山さんは望み、
その想いの前に負け消えてしまった彼女の存在はちょっともの悲しかった。
まぁ元のアクセサリーに戻っただけなんですけど・・・

明確な”敵”でなかっただけにちょっと悲しかったかも。

あいかわらず、はしゃぐ九衛は可愛かったが・・・

今回の出来事で白山さんはお互いの気持ちを確認しあい、
九衛もただ白山さんを物理的に護る事だけが護る事でないと学んだ感じがあり
この3人にとってはとても大きな出来事になった気がする。

の不幸の原因である『星霜袖』の事もちょっとわかったけど、
完全に置いておかれてる感じ。
『領域(なわばり)』の影響をほとんど受けないというのはこれから生きてくる設定なのかな?

伊織の場合は3人とも言えるけど1人は・・・ねぇ。
何気に1巻からちょっとした事で関わってくるサブキャラ扱いの十叶
いまだに青嵐が男と勘違いし不良らしからぬ一途さで想ってるようです

今回の話で前の話でもなんかいい感じだった青嵐の気持ちが判明。
キス魔で男装の麗人の彼女もどうやら伊織に気があるよう。
よく勝負とかしているうちにってやつでしょうか・・・

伊織の気持ちがどうなるかは・・・微妙。
まだ青嵐の気持ちには気づいてないように思えるし、
付き合いの長い宮代とは、こっちはこっちでいいコンビみたい。

十叶 → 青嵐 → 伊織 ←宮代

ある意味で主人公より修羅場な気がしないでもない・・・
なにせの方は今回の一件でそっち方面は完全決着と言ってもいい感じになったのに、
こっちはまだ始まってもいない感じ・・・

こっちはこっちできちんと進行するんだろうか・・・?

そして朱遊はあいかわらず別格だった。

最後に一文。

自分のせいで、黒い鞄の持ち主だからが危険に巻き込まれる。
彼女が居なければ、が危険な事に首を突っ込む事はなかった。
そしてムール・ミュール
は全身全霊をかけてに想いをよせている、
彼女にはを護り癒す力が在る。

それでも白山さんと一緒に居たい理由。
それは・・・

「・・・わたしだって、衡くんのことが、好きなんだもん」

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
白山さんと黒い鞄〈4〉 (電撃文庫)白山さんと黒い鞄〈4〉
(電撃文庫)
(2010/03)
鈴木 鈴

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。