スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソードアート・オンライン 4 フェアリィ・ダンス

あらすじ

SAOから未だ帰還しないアスナを救うため、
疑惑のVRMMO《アルヴヘイム・オンライン》にログオンしたキリト。

その次世代飛行系《ALO》は、《魔法》という概念、
プレイヤーの反応力と判断力が勝敗を決めるアクション要素、
そして《妖精》となって空を駆け巡る《飛翔システム》と、
《SAO》に優るとも劣らない高スペックで数多のプレイヤーを魅了していた。

《妖精》スプリガンとなったキリトは、アスナの幽閉先
──全プレイヤーの最終目標《世界樹》目指し突き進む・・・・・・!

道中、妖精種族《サラマンダー》のプレイヤーたちの策略により、
絶体絶命の危機に陥るキリトだったが、《シルフ》の少女・リーファの助力、
ナビゲートピクシー・ユイのバックアップを受け、どうにか九死に一生を得る。

そしてついにキリトは《世界樹》の根元までたどり着く。
しかしそのとき、リーファとキリトは互いの《秘密》を知ってしまい・・・。

感想

ソードアート・オンラインの4巻。
『フェアリィ・ダンス』編の完結編。

やっぱり、面白いなぁ・・・このシリーズ

最初からWEB版ではなかった地下世界『ヨツンヘイム』の話。
キリトリーファ・・・和人直葉は兄妹だけあってか感性というか
心根というかがとても似ている感じがする。

モンスターとモンスターが戦っていて一方的にやられている方を助けたり、
そのモンスターがイベント(?)で懐き、名前を一緒に付け、
そしてプレイヤーの正当な権利としてそのモンスターを倒しに来た
別のプレイヤーにそのモンスターを守るために戦いを挑む・・・

血の繋がりではイトコである訳ですがこういう所を見るとやっぱり兄妹なんだなぁ・・・

この2人はちゃんとMMORPGの世界をもう一つの現実として感じて、
精一杯生きている感じがします。

そしてついにキリトアスナが居る場所を突き止める。
そして彼女の為に無謀ともいえる戦いに挑むキリト
彼を助ける為に危険に飛び込むリーファ

その末に2人はお互いが和人直葉である事を知る。

その直前に直葉は自分が和人に向ける気持ちが恋慕である事を、
アスナの病室で確認していただけにこのタイミングは・・・

和人に想いを寄せながらもリーファとしてキリトにも惹かれていた直葉
だけどその2人は同一人物で彼女は2重の意味で失恋した事に

うわぁ・・・

和人アスナの事で落ち込んでいた時に背中を押してくれたのは直葉
キリトAOLに入って初めて出会い、そして共に戦ってくれたのはリーファ

彼にとってもどちらも大切な存在になっていたけれど、
やっぱり彼にとって全てはアスナを取り戻してから・・・

2人は剣士として再び剣を合わせ、同じ考えの下に相手の剣を受けようとした・・・

本当に似た者兄妹・・・

それでもアスナを救う為に再び、今度は共に戦いに挑む2人。
そして集う仲間達・・・

燃える展開でした!

やっぱり今回もあったキリト無双の2刀流
そして利益や報酬目当てではない仲間達の援護
こういうシーンがあるとMMOをやってみたいなぁという気になる。

そして決着

システムというゲーム内ではある意味で絶対的なものに苦しめられるキリト
それでも諦めずにアスナを救おうとした彼の想いが、”ヒースクリフ=茅場晶彦”の意識を呼び
彼にアスナを救う力を与えた。

この事件を引き起こした須藤は茅場と比べてみると本当に小物である事がよくわかる。

たとえゲーム内で手に入れた強さでも、アスナを救う為にがむしゃらに前に進んだキリトと、
システム管理者としての絶対的な力に胡坐をかき、絶対的安全圏で行動していた須藤
どちらが勝つかは最初から明白だった気がしました。

全ての始まり

そして全てが解決した後の話。
リズペットシリカも再登場していい感じ。
ここまできてやっとソードアート・オンラインがクリアされたって感じがしました。
そしてAOLで最後にキリトを助けたヒースクリフが彼に託した”世界の種子”

それは本当に意味で種子であり、仮想世界を広げるもの
全ての仮想世界が連結し世界はどんどん広がる。
これからキリト達がどうなるか楽しみだ。

現実世界でのキリトリズペット、シリカとの再会や、
SAOの帰還者が通う学園生活など、そっちの方の話もかなり読んでみたいかも。
それだけでも何冊か本が書けるようなネタが色々とある気がする。
特にキリトの女性関係の話は色々と波乱があって楽しそう。
本人はアスナ一筋なんだけどね・・・

次回は第3のゲームが登場。
『ガンゲイル・オンライン』
これはこれで楽しみだ。
そしてキリトは相変わらず女の子とフラグを立てるのだ・・・

最後に一文

キリトアスナ
SAO内で心を通わせ結ばれ、共に居る事を誓った2人
その2人が桐ヶ谷 和人結城 明日奈としてようやく再会と出会いをした時の言葉。

「はじめまして、結城、明日奈です。──ただいま、キリトくん」

「桐ヶ谷和人です。・・・おかえり、アスナ」

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
ソードアート・オンライン 4 (電撃文庫 か 16-8)ソードアート・オンライン 4
(電撃文庫 か 16-8)
(2010/04/10)
川原 礫

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ソードアート・オンライン4巻の感想レビュー(ライトノベル)

電撃文庫のラノベ、『ソードアート・オンライン4 フェアリィ・ダンス』(川原礫先生原作、abec先生イラスト)が発売中です。 表紙はスプリガン・キリトと囚われのアスナ。 フェアリィ・ダンス編ではアスナよりもキリトの妹であるリーファ=直葉(すぐは)の方がヒロ...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

お久しぶりです。
以前ココロコネクト ヒトランダムを紹介さていただいた、
ひふみむぅです^^

今回は以前紹介した作品の続編らしき物の
ココロコネクト2(仮)が5月29日に発売予定と知って、
コメントしました。

この作品は続編が難しいと思っていましたが、
ココロコネクトヒトランダム2(仮)ではなくココロコネクト(2)
となっているのが、登場人物そのままで、
前回とは違った話になるのではないかと、
勝手な想像を膨らませていますw

以上、壁井ユカコ先生のクロノ×セクス×コンプレックスの
2巻が突然の発売延期から何の音沙汰もなくて困っている
ひふみむぅでした。

Re: No title

ひふみむぅさん、情報ありがとうございます。
どんな形であれ気に入った作品の続編が出ると嬉しいですね。

No title

初コメです

ホント熱いって言うか心を動かされるシリーズですよね
最後二人のホントの出会いの言葉は感動しました
いい話でした…

あと勝手なんですが
相互リンクお願いしてもよろしいですか?

No title

はじめてコメントさせていただきます。ぐれです。

やっぱりこのシリーズは面白いですよね。
現実の病院で、2人の再開であり出会いのシーンは本当に感動しました。
後日談も、のどか感じでよかったですよね。

次回は銃と鋼鉄の世界ということで楽しみなんですが、キリトのすさまじい剣技が見られるか、少し不安です。

Re: No title

コメントありがとうございます。

>次回は銃と鋼鉄の世界ということで楽しみなんですが、キリトのすさまじい剣技が見られるか、少し不安です。

見てのお楽しみという事で。
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。