スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

偽りのドラグーン Ⅲ

あらすじ

騎士学院に予期せぬ訪問者がやってくる。
海洋連合に名を連ねるウルス公国の公女サラ。
しかも自分はジャンの許婚だと言う。

奔放な彼女の言動に腹を据えかねたのかティアナが爆発。
ジャンは婿にやらんとムキになる始末。
ついにはジャンを賭けた二人の勝負に発展し!?

一方、対レガリオン帝国戦線に消極的な公国を抱き込みたい騎士学院は同盟を申し込む。
だが公国に同様の提案をする帝国と利害が対立。
結果、大公の酔狂により同盟相手は勝負で決めることに。
その勝負とは各国の竜騎士達が腕を競い合う競技「プラネッタ」だった。

ジャンは再び仮面の男と相まみえることになり!?

感想

偽りのドラグーンの3巻。

ティアナが・・・ティアナがデレた・・・だと!?

ティアナが迷いを感じた時は自分が全て選び、責任を負ってやるという言葉
彼女に自分との契約を促したジャン

やっぱりそこらへんが影響してるのかな?

他の騎士とパートナーのように常ジャンと一緒に行動するようになり、
しかも今回現れた許婚(正確にはジャンが騙っている双子の兄・ヴィクトルの)のサラ相手に
明らかに嫉妬の感情を爆発させてます。

普通にツンデレだ・・・

ほとんど料理をしたことがないというのに売り言葉に買い言葉でサラと料理勝負をする事に。
しかも選択した料理はジャンの好物であったりと今までと対応が全然違う。
まぁ普段はいつも通りツンケンとしてるんですが・・・

学院長などからも竜と人の恋愛は駄目だと言われてむきになって反論していたけど、
自分でも自覚は無いようだけどそういう気持ちがまったくなくはないよう。
ここにきてメインヒロインっぽくなってきたのでこれから2人の関係がどうなるか楽しみ。
まぁジャンティアナが隠している事や種族の差など色々と障害がありそうですが。

そしてもう1人のヒロインであるクリス

恋する女の子・・・

両親の仇を討つために男装をして学院に通っている彼女。
1巻でその秘密をジャンに知られ、その事をきっかけに仲を深めた2人。
2巻で冤罪を晴らしてもらってさらに親密になったせいなのか、
今回の話ではめちゃめちゃジャンを意識しています。
あまりにも意識しすぎて、得意の狙撃の調子が下がるほどに。

しかも今回は2巻で助けられたお礼という事でジャンと食事をする事に。
きちんと女性の格好をしてジャンと2人きりで食事。

完全にデート・・・
ある意味でティアナよりもいい雰囲気になってます。
実際にもうちょっとでキスしそうになってましたし。

ジャンクリスを女性として意識しているみたいだし、
今回の事で彼女の気持ちにも薄っすらと気づいたっぽい。

ジャンの気持ちから見たらクリスの方が恋愛に発展する可能性は高いのかな?
ティアナをそういう対象としてみているかまだちょっとわからないし。

そして今回登場のサラ

上記の2人のせいか微妙に影が薄かった。
まぁ実際はヴィクトルの許婚な訳だけど今回の『プラネッタ』の試合を経て、
彼女もジャンに心を奪われたよう。

これからしばらくサラの国に滞在するようだし、彼女の本格参戦はこれからかな?

サラティアナの料理勝負は正直予想が外れた。
サラは料理が得意といっていた上に、ティアナは一度も料理をした事が無く練習シーンも・・・

勝負中の調理では会場に異臭が漂い始め、だされたティアナの料理の見た目は
とても残念なもの・・・
一方でサラはきちんと料理を完成。

でも異臭はサラの料理からでした・・・

何故に!?

見た目完璧だけどそれ以外は駄目サラの料理と
見た目最悪だけど普通に食べられティアナの料理

なんていうか意外な結末だった。
ジャンの為に料理を頑張るティアナは可愛かったから、それでいいけど。

裏で暗躍を続けていたヴィクトル
彼にいいように利用されジャン達への憎しみを増すアダマス

こっちのほうの問題はだんだん大きくなってきた気がしました。

ヴィクトルの生存と現在の地位はついにティアナの知る事となり、
彼女は色々な板ばさみになりそうな予感。

今回の話でヴィクトルが竜脈に反応する『プラネッタ』を自在に操ってたけど、
彼はジャンとは逆で竜脈がまったくないって事なのかな?
だからこそ竜に価値を見出せないのか、それともまったく別の理由なのか。
まだまだ謎がいっぱいだ。

アダマスの方は彼のパートナーである竜が危なそう。
アダマスに心酔し彼の命令には決して逆らわないだけに、
終盤でジャン達への殺意をうわ言の様に言っていアダマスの言葉を聴いていただけに
これからどう動くかが怖い。

ヴィクトルの話だと大きな戦いを画策しているようなので4巻では
その話が中心になるのかな?
楽しみだ。

最後に一文。

クリスがデートの時にジャンに言った言葉。
これってどう考えても・・・プロポーズだよね?

「卒業した後も、君とはずっと一緒にいたいんだ。

 どんなことがあっても」

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです
偽りのドラグーン〈3〉 (電撃文庫)偽りのドラグーン〈3〉
(電撃文庫)

(2010/04/10)
三上 延

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

偽りのドラグーン3巻の感想レビュー(ライトノベル)

電撃文庫のラノベ、『偽りのドラグーン?』(三上延先生原作、椎名優先生イラスト)が発売中です。 表紙はティアナと新ヒロインのサラ。 褐色の肌と、大胆な露出面積の衣装を身に纏う姿がエキゾチックで魅力的ですね。 前半はラブコメ的なお料理対決で萌え成分マシマシ、...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。