スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

死想図書館のリヴル・ブランジェ

あらすじ

お待ちしておりました、黒間イツキ様。
私は、この図書館の案内を仰せつかっております、リヴル・ブランシェと申します。

貴方様は私をお使いになり、この図書館より逃げ出した”死書”の封印をしていただきます。
その過程において、この身はすべてイツキ様に隷属します。
私は、そのために存在しています。

ですからイツキ様、これから共に──

イツキ様?
なぜこちらを見ようとしないのですか?
私がメイド服だからですか?
まさか私が、人間に見えないからですか?

分かりました。
今からその証明をするために、衣服を脱ぎ、身体の御確認をお願いしたく──

感想

電撃文庫4月の新刊。
『九罰の悪魔召喚術』折口 良乃さんの新シリーズ。
何気に連続刊行だったりします。

読書好きだからかなのか”本”が話の中心である話は結構好きです。
本を題材とした本を読む・・・結構面白いです。

全ての死と生を司る女神・エレシュキガルによって、”死書”と呼ばれる
力を持った本の封印をさせられることになった少年・黒間イツキの物語。

死想図書館という死んだ本が集う図書館っというのは面白いかも。
すでに現実世界では喪失してしまった本や、空想の中にしか存在しない本。
それらが収められている図書館。
色々置いてあって読書好きにはいいかもしれないが読むと死んだり発狂したりするのも
あるようなので行きたいとは思わないかも。

そしてそこの”司書”にして”死書”
管理人にして封印者で別名『真白き本』であるリブル・ブランシェ
表紙も彼女です。

リヴルは自分の本体である『真白き本』に文章を書き込む事で、
それを実体化させる『筆記官(ライター)』に隷属する。

つまりこの表紙の女の子はイツキに隷属します・・・

マジで!?

彼女はエレシュキガルに作られた人間。
感情はないわけではないけどかなり希薄。
しかもエレシュキガルの命令には逆らわないので作中ではメイド服やらナース服やら
色々とコスプレしてます。
まぁメイド服が通常の服なんですけどね・・・

内容もいい感じかも。
今回イツキが封印する事になったのは『クトゥルフ神話』『邪神秘法書(ネクロノミコン)』
この神話体系の話は気になっていたのでかなり興味深かった。

ナイアルラトホテップなども登場してかなりいい感じ。
対するイツキリヴルに与えた力は武器関係の記述などが豊富な『北欧神話』の力

レーヴァティンフェンリルなどこっちも好きなのでかなりいい感じかも。
別の神話体系の神同士や武器同士が戦ったりとかなり楽しいかも。

でも『クトゥルフ神話』を知ったきっかけがPCゲームの『斬魔大聖デモンベイン』だったせいか
『邪神秘法書(ネクロノミコン)』が敵っていう展開にちょっと違和感を感じてしまったりしましたが・・・
途中でナイアルラトホテップがイツキ達に協力するようになったりしますし。

エレシュキガルも最初はイツキを脅して『筆記官』にしたりして
かなり悪い奴っぽかったのですが、実は色々と子供っぽい憎めないキャラ。
見た目ちっちゃな女の子ですし。
っていうかイツキに怒られて涙目になってる姿は可愛かった。
彼女も一応ヒロインって事になるんだろうか・・・微妙だ。

リヴルは決してイツキの命令には決して逆らわず、行動も色々と優先行動が違う。
でも物語の終盤ではイツキも彼女のわずかな感情を読み取れるようになってきてた。
これからちょっとづつ人間の女の子っぽくなっていくのかな?

そしてイツキの幼馴染で今回の事件に巻き込まれた未耶
『邪神秘法書(ネクロノミコン)』に利用され、邪神への生贄に捧げられて
とても無惨な姿に・・・
なんていうか『クトゥルフ神話』っぽさがでてた気がしました。
下半身を触手と融合され白目をむいて・・・とかラノベっぽくないよね明らかに・・・
しかもどうにか邪神を倒しても助からなかったし・・・ひでぇ。
まぁ今回は初めてなので特例という事でエレシュキガルのおかげで復活しましたが、
初回から身近な人間がこんな目にあってしまった以上、
イツキはこれから死に物狂いにならざるを得ない気もします。

”死書”は他にも逃げ出しているっぽいので続きが楽しみ。
他の神話体系の本などもでてくるのかな?
期待して続編を待とうかと。
でもその分、九罰の悪魔召喚術が遅れるのか・・・悩みどころだ。

最後に一文。

カラーイラストにも載っているリヴルのセリフ。
格好よかったのでこれで・・・

「イエス、マイライター。

 溢れる想像により、無二の幻想を創造してください」

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです
死想図書館のリヴル・ブランシェ (電撃文庫)死想図書館のリヴル・ブランシェ
(電撃文庫)

(2010/04/10)
折口 良乃

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

MF文庫はよんでます?ガガガとかGAとHJもか

Re: No title

コメントありがとうございます。

> MF文庫はよんでます?ガガガとかGAとHJもか

HJ文庫はそういえば持ってないですね・・・
今、アニメやってる『いちばんうしろの大魔王』とか
『くじびき勇者さま』とか気になってはいるんですが・・・
フトコロがね・・・

ガガガ・GA・MF文庫は読んでますよ。
感想も何冊か書いてます。
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。