スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

氷結鏡界のエデン 3 黄金境界

あらすじ

「・・・あなたは、わたしと真逆だ」

絶望的な戦闘で、なおマハに挑むシェルティスを華宮は見つめる。

「あなたは、あなたを信じる人を──信じられるのですね」

巫女を守護する正護士を目指し、モニカの部隊に入るシェルティス。
そこで彼を待っていたのは、3人目の隊員候補生・華宮だった。

あなたには“過去”がない──

異端ゆえ経歴を消去されたシェルティスは、華宮に不信を抱かれてしまう。

そんな中、他部隊が何者かによって壊滅する事件が発生。
真相を追うシェルティスと華宮の前に、圧倒的強さを誇る沁力術士『黄金のマハ』がたちはだかる。
世界の理に拒絶された少年が絆を奏でる、重層世界ファンタジー。

感想

氷結鏡界のエデンの3巻。
やっぱいい感じの作風だ・・・。

前回の一件でモニカと共に任務に出て、彼女から千年獅に大切なものは
強さだけじゃない事を教えられたシェルティス

今回も彼にとって色々と得るものが多かった話だったかと。

新しい部隊を作る事にしたモニカに誘われるシェルティス
もう1人の部隊メンバー候補である華宮を紹介されるが、
彼女は警戒心が強い『ネルの民』と呼ばれる種族の女の子。

また女か・・・・・・・・

っていうか華宮・・・可愛いじゃないか・・・

彼女は相手を信頼し、自分の好奇心などを満たすために相手を質問攻めにして、
相手がどれだけ真摯に答かを見て相手を信頼するか決めるようなところがあるのですが、
彼女がシェルティスに最初にした質問は彼の過去について。
どうやら情報を収集している華宮シェルティスの過去に心当たりがあり、
さらに彼がモニカの憧れていた相手ではないかと疑っている状態。

まぁ、正直に答えられるまでも無いわけで・・・

今回は表紙にモニカもいるけど彼女の活躍も出番もほとんどない感じ。
シェルティス華宮の信頼を徐々に得ていくって感じでした。
微妙に報われないな・・・モニカ
次回は活躍するといいのだが。

シェルティスの周りも多少変化。
ユミィが巫女として立派になったのを見て、
彼女との現在の自分との距離を感じるが、徐々に理解者も増えてきてる。
前回、モニカと組んで戦い勝利した正護士のペア。

イーシャジン
彼らは前回、シェルティスに敗れた事で彼の力を認め、
なにかと気にするようになったみたい。
こんな感じで昔の仲間以外でも交流を深めていくのはいい傾向なんだと思う。

そして暗躍する敵の存在。
幽幻種が閉じ込められた水槽とそれを守護する謎の男『黄金のマハ』
彼に守護を依頼したシェルティスを知るらしい謎の男。

前回の謎の施設に続き、今度は裏で暗躍する怪しい連中が登場します。
シェルティスの事を知っている相手もいるらしいし、これから物語が動いていきそう。

部隊の謎の遭難事件が起き、それを救いに行った部隊も連絡を絶ち、
正護士であるイーシャジン達も向かうがマハにより退けられる。
傷ついたイーシャとジンの為にシェルティスは単独で現場に向かおうとするが
華宮も付いてくる。

やっぱりどこか、
1人でなんとかしようと思ってしまうところがシェルティスにはあるようです。

そして強力な力を使うマハの前に苦戦する2人。
華宮は真実を話そうとしないシェルティスへの不信を払拭できないでいたけど、
彼の自分の身を挺して彼女を助け、彼女だけでも逃がそうとする態度を見て
シェルティスを信頼する事に。

シェルティスは自分を信頼し、自分が護る事を信じて
マハの術式の解析にあたる彼女を護るために
シェルティスは禁断の第七真音律を使う・・・彼女を信頼しそして護るために。

おおー燃える展開!!

こういう展開はやっぱり好きだ。
隠さなくてはいけない魔笛を使ってまで華宮を助けたシェルティス
この行為がそのまま彼女への信頼、そして彼女がシェルティスを信用するための
きっかけとなり、2人の力でマハを撃破。

華宮はこの事でシェルティスの過去を知った事になるけど、
シェルティスへ向ける寸らいの笑顔を見る限り、それが外部に漏れる事はなさそう。
まぁ彼女も言っていた通り、モニカにもいずればれるだろうけど・・・
彼女が知った時はどうなるか楽しみのような怖いような。
なにせモニカが憧れていた相手がいつのまにか部隊の仲間に・・・
そっち方面のごたごたもちょっと想像すると楽しい。

ふと思ったんだが、シェルティスの周りの女性って基本的に非凡だよな。
エリエにいたっては華宮がデータベースをフル活用して解析した
マハの術式の秘密を即答だったし・・・やっぱなんとかと天才は紙一重ってやつなのだろうか?

ユミィの方もやるべき事をきちんと見据えて進み始めたし成長してる。
人の沁力形がわかる巫女・春雷からユミィの形は『アマリリス』だと言われたらしく
彼女の沁力の呪文の一文にも『Arma-Riris』という言葉が使われている。
そしてシェルティスが使った第七真音律にも『Arma-Riris』という一文が組み込まれてる。
この作者さんの前作『黄昏色の詠使い』でも『アマリリス』はキーとなるものだったので
やっぱりこの作品でもそうなんだろうか・・・

最後に一文。

あらすじにもあった華宮のセリフ。
他人をたやすく信じられない華宮
でもシェルティスは自分を信じてくれる人を信じる事ができる。
それはとてもいい事なのではないかなぁ。

「・・・・・・・・・あなたは、私と真逆だ」

「わたしはわたしの信じる者しか信じられないのに、

 あなたはあなたを信じる者を信じられる人なんですね・・・・・・」

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです
氷結鏡界のエデン3  黄金境界 (富士見ファンタジア文庫)氷結鏡界のエデン3
黄金境界
(富士見ファンタジア文庫)

(2010/04/25)
細音 啓

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。