スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天川天音の否定公式 4

あらすじ

領域との休戦のようなひととき、長月学園では文化祭準備が佳境を迎えていた。

瑛子は天音に

「後夜祭で、雪道に告白する」

と宣言をする。

複雑な心中の天音だが、応援すると決めた。
折しも虚構式の断片が世界中で発見された報告を受け、
この街に居る時間も短いことを悟ったときだった。

しかし、後夜祭にて学園全体を巻き込む攻撃が御堂姉妹によって仕掛けられ、
雪道たちは戦闘に巻き込まれていく。

願望の化身エピメテウスの思惑とはいったい?
そして、雪道と天音がうちに抱えた「永遠」と「終焉」という世界の全ての根源である『式』が、
二人を思わぬ運命に導いていく───。

感想

天川天音の否定公式の4巻。
最終巻・・・だよね?
否定公式もなくなってこれ以上、話は続かないと思うし。
明確な事がどこにも書いてないからちょっとわからん

本編の方は最初は平和な日常。
文化祭の準備の為に雪道天音の料理の練習に付き合ったり、
瑛子雪道に告白する決意をしたりと学園ラブコメっぽい展開。

終盤、一気にきな臭くなり、宿敵である御堂叫流の登場と。
その狂気のような行動で雪道の日常は崩壊。

雪道瑛子達を守る為に自ら自分の内にいる『待ち人』の力である
『永遠式』を使い彼女との決着をつけるため日常から道を踏み外す。

でもそれも全て始まりに過ぎず・・・

かつて人間でありながら今は『式』そのものになってそれぞれの願いを持ち
彷徨う4つの『式』

『永遠式』は永遠を求めるため全てを捨て、命を収集する物

『終焉式』『永遠式』を止めたいと望み、彼を滅ぼしてでも止めようとする。

『虚構式』は見守る。かつて友であった者達が殺し合いをしていても。

『願望式』エピメテウスは人の願望を叶える物。それが例え相反するものでも。

この4つの『式』は今の4人にそれぞれ対応していると思う。

『永遠式』雪道に宿り、ただ永遠を目指そうとした。
かつて何故自分が永遠を求めたかも忘れただひたすらに

『終焉式』天音に宿り、『永遠式』を救う為に彼を破壊する手伝いをさせた、
でも瑛子とそして自らが宿る天音に全てを託しその力を貸した

『虚構式』はかつての友を見守る事しかできなかったけど、
最後の最後にシロコの想いに賭け、その力を貸した。

『願望式』はただの人間で、なんの力も無い・・・だけど心の強さを持つ瑛子が、
人の願いを叶える彼自身の望み・・・
かつての友であり、相反する願望を抱いた『永遠式』『終焉式』
救い、自分達の因縁を終わらせてくれると確信した

瑛子の心の強さ、そして雪道への想いは本当に凄い。

瑛子天音シロコ・・・3人の想いによって目覚め雪道
自分が何故『永遠』を求めたかも忘れ、かつての友達とすら争う『永遠式』の敗北は
最初から決まっていたと言ってもいいと思う。

そして全ては終わり・・・
古い因縁を終わらせた雪道達には世界から『否定公式』が消えた、元通りの日常が・・・
この後はまたラブコメパートに。

なんか雪道にそろそろムカついてきた。

出逢った頃から雪道に想いを寄せている瑛子
今回の話でようやく自分の気持ちに気づいた天音
主人である雪道大好きなシロコ

この3人の恋慕の感情にようやく雪道が気づきます。

雪道は明らかに本命なチョコをバレンタインに瑛子に貰っても気づかず、
今回の話の終盤に天音が勢いでしてしまった1回目の「好きです」という告白も
”ライク”の方だと勘違いし自分も好きだとさらっというほどの鈍感

そんな雪道でも絶対に気づくやり方で告白したんだから気づくのは当たり前だが・・・
だって・・・

キスした上で告白・・・しかも3人とも

これで気づかない訳ない・・・
女の子3人に同時に告白を受けるというのは果たして幸せなのかっていう疑問が残るが
この4人はこれからもいい関係を続けていくような気がします。
まぁ雪道に降りかかる受難は『否定公式』なんかの比ではないだろうが。

まぁ瑛子雪道への想いも半端ないと思いますが
雪道瑛子への想いも結構凄い物がある気がします。
本当の意味で瑛子雪道にとって”たった1人の特別”って感じ。
やっぱりこの作品を通して言える事は一つ。

メインヒロインは長月瑛子で間違いない!!

他の2人もそれぞれ可愛いし、いい所があるんですけど彼女の前では霞む。

天音はタイトルに名前がある割りには自分の感情に気づいたのがこの話で、
雪道に甘えまくってのは可愛かったけど・・・なんか手遅れ感があった

短編集でもいいから後日談っていうか、
あらすじにあった嘘予告が実現してくれないかな・・・

正直言ってどれも凄く読みたいと思ったんだが・・・
特にコッペリアが復活する4話は読んでみたかったかも。
雪道を巡る戦いがさらに激化しそうだが・・・読みたい。

最後に一文。

『永遠式』に囚われ、心の奥底で眠っていた雪道を目覚めさせる為に
瑛子が言った言葉。
なんていうかこのシーンは彼女の雪道への想いがこれでもかって詰まってる気がした。
やっぱり瑛子はいいなぁ・・・

「葦原の、バァカ」

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。

天川天音の否定公式 IV (MF文庫J)天川天音の否定公式 IV
(MF文庫J)

(2010/04/21)
葉村哲

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

天川天音の否定公式?(4巻)の感想レビュー(ライトノベル)

MF文庫Jのラノベ、『天川天音の否定公式 ?』(葉村哲先生原作、ほんたにかなえ先生イラスト)が発売中です。 表紙は天音と雪道のコンビ。 主人公とメインヒロインが表紙を飾るのは、ラノベや漫画の王道ですし、おそらく完結巻である今巻にはぴったりかと思います。 実は...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。