スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウェスタディアの双星 3 世を忍ぶ将軍漫遊記の章

あらすじ

二度の戦功で磐石の地位を手にしたバドエルとアルファーニ。
貴族たちも二人に取り入るのに躍起になる。
そんなおべっかにもうんざりしていたとき、バドエルは下級貴族の子女ルチーナと出会う。
自分を王宮の守衛と勘違いした天然な彼女に、バドエルも久方ぶりになごむのだった。
その頃、ルチーナの家が治める星系では海賊が横行していた。
このままでは統治能力を疑われ、彼女の家は知事職を追われるかもしれない……。
それを知ったバドエルは内密に事態を解決するため、身分を偽り海賊退治に乗り出すのだが!?

感想

ウェスタディアの双星の3巻です。
今回のバドエルアルファーニの相手は宇宙海賊。

1巻、2巻の戦いで磐石の地位を手にいれた2人ですが今回はもろもろの事情で素性を隠し
一仕官として戦うことになるのですが今回はいままでと違い結構楽勝ムードでしたね。

素性を隠しているため国軍を使えず相手よりも数は少ないのですがしょせん海賊って感じでした。
前までの話に比べて戦闘シーンはそれほど盛り上がりもなく終わった感じがします。
まぁラタントの人達から見たらドキドキだったと思いますが。

ラタント星系の為に王国に海賊の事を連絡せず自分達で解決しようとした領民達の願い。
それを受け奔走したルチーナの父と兄。
そしてルチーナがいたからこそバドエル達は素性を隠してでも彼らに協力したのだと思います。
終盤のルチーナとバドエルのやりとりは本当によかったです。

今回の話の最大の見所は戦闘シーンにいくまでの過程。
新キャラであるルチーナとバドエルの交流こそがメインだと思います。
貴族を嫌っているふしがあるバドエルが心を許し領民のことを思う彼女はいい感じです。
これからこの2人の関係がどうなっていくか楽しみです。

序盤のアルファーニとローゼのやりとりはあいかわらず面白いですね。
それにチェザーリルシリアに話した”代理戦争”・”新しい道”など
これからの展開が楽しみな話もあり続きが気になります。

最後に一文。ルチーナの一言。前後の文がないと意味がよくわからないかもしれませんが
心に残ったので。

気づいていてもそれを口にだせない。もどかしいですね。

「今も。そして、きっとこれからも」


ウェスタディアの双星 (3) (電撃文庫 (1654))ウェスタディアの双星 (3)
(電撃文庫 (1654))
(2008/09/10)
小河 正岳

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー(月別)
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。