スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ほうかご百物語 8

あらすじ

ある日、僕の前に現れた未来を予言する妖怪アマビコ。
彼は、“絶対にはずれることがない予言”をする妖怪だという。

そんな彼が僕に告げたのは、もうすぐ妖怪たちを一掃する祭り
“大祓(おおはらえ)”が始まるということだった。

その祭りは、妖怪はもちろんのこと
彼らに深く関係した人間たち(つまり僕たち美術部+α!)をも消し去ってしまう危険な祭りだという。

それってもしかして、僕らの放課後が消滅の危機ってことですか?

放課後ライフを守るべく行動を開始した僕らの運命は!?
ピュア可愛いイタチさんと僕の放課後不思議物語、緊迫の第8弾登場。

感想

ほうかご百物語の8巻。
今回も帯に隠れる所に男性キャラが・・・
しかもまさかのニュー吹奏楽部部長・野更志 臨十朗・・・
なんだこの無駄なイケメンは・・・

今回の話を一言で表現するなら・・・

全員集合!!!最終決戦!!

前回、真一達が止めた”大祓”が始まると絶対に預言を外さない妖怪に言われる真一達
顕現したが全ての妖怪とそれに関わった者達を消滅させてしまうという
とんでもない事態なんですが・・・

意外とみんな冷静・・・

事前に知れたお陰かありとあらゆる対抗策を講じて万全の体制で”大祓”を迎える真一とその仲間達。
普通はもっと切羽詰った感じになってどうにか・・・って展開なんだと思うんだが・・・
ここら辺はいつもと同じ準備をして事に当たってたな・・・
この作品らしくていいと思う。

まぁ”大祓”自体は敵の攻撃などが激しく仲間達も色々とピンチになったけど、
ここで今まで知り合った仲間(一部敵だった相手も含む)達が加勢に・・・
まぁ妖怪に関わった者を消すという性質上、どうやっても強制参加だったみたいですが・・・

真一、イタチさん、御崎、奈良山、フィルの美術部メンバー
犬神使い赫音にその犬神ライカ
化け猫の血を引く多々羅木 豊、多々羅木 美生の兄妹
生徒会長で御崎の彼氏でライカに憑依されて犬神男に変身する江戸橋
最強無敵の九尾の狐稲葉先生
真一の自称元妻で江戸橋の自称現妻で妖怪・蛇女房
化け狸真一達の担任でもある寺林先生
ちょっとマッドが入ってる良子と妖怪のせいで風を起こせるようになったハルカの後輩コンビ
さらにイタチさんの友人でやっぱり妖怪がらみで怪力になったアルマ
おまけに求道丸(本当におまけ・・・ってか活躍・・・したっけ?)

といういつもの学校関係者の他にも・・・って多いな関係者!?
もはやこれだけで十分な戦力といえる気もしますが、今回はさらに大判振る舞い。

電話のみの協力となってしまったけどフィルの保護者のような画家のニコ

何気に彼女の描いた絵を元に御崎が実体化したものはなんか凄い事に・・・
絵はなかったけど明らかに善悪と言ったら悪のような気がする描写だった。
まぁ相手が神様なんだからそれはそれでいいのかもしれないが・・・

雪女八雲とその相方でなんか色々できる爺さん・慈吾郎

何気に海外でも色々と修羅場を経験しているよう。
ヴァルキリーだかデュラハンと戦闘経験があるらしく、
さらに普通の人間であるはずの慈吾郎も妙に強かった。

良子の妹で妖怪ショウケラと同化しているまどか

ついに姉に妖怪化の事がばれるまどか
ひさびさの登場なんですけどね・・・
この姉妹の話も面白そう。
次の巻あたりででないかな・・・

そして良子まどかの父親でかつてイタチさん達と戦った粂神

なんか確かに関係者だけど・・・でてきてビックリ
そして妖怪関係の記憶を失ったはずの彼が戦えたのもビックリ

研究者だから日記や研究成果を密かに残していた!!

凄ぇ・・・まさかそんあ手段が・・・強引な気もするけど笑った。

さらに6巻に登場の画霊まで参戦

何気に無敵っぽい能力で敵を撃破。
しかも敵をいっぱい食べたお陰で最終的に若返りました・・・
何気に一番無慈悲で最強っぽかった・・・あくまで限定空間内ではですが・・・

全員の力を集結し、最後の最後・・・
往生際の悪いに止めを刺したのは、神の依代にされていた
ある意味、彼女の愛の力が最後に勝ったような気がしました。

今回はかなり切羽詰った状況だったんだけど最終的には全部解決。
でもいつも通り・・・なんだろうか?

微妙にカップルが何個か形成されてきた感じがします。

今まで同様、傍から見たらラブラブな真一&イタチさん

赫音に気があるらしい臨十朗

フィルの正体である人狼を可愛がっていて、今回その正体を知った事で
猫可愛がり状態になった美生とそれが満更でもないフィル
おまえ、ニコへの想いはどうなった・・・

そして画霊であるガレーも良い感じに・・・
まぁ江戸橋御崎の仲がさらに深まった感じもあるし、
ようやく彼女も相手を見つけたと言う所だろうか・・・

そして今回の最初から最後まで良い所を持っていった
天狗奈良山
副会長であり今回の事件の中心であったの2人

本編の裏で着々と進んでいたらしいの想いと、
今回の話でわかった2人の本当の出会い。

そしてに乗っ取られながらもずっと考えていたのは奈良山の事。
今回の最後。

”大祓”を阻止して宴会モードの中、は勇気をだして告白。
奈良山も最初は自分が天狗だからとか言って断るが、
そんなものを気にしない彼女の言葉と行動に自分の本心を伝える・・・

というわけでカップル誕生。

本編の裏で進行していた話もこれで一件落着。
次回からは・・・どうなるんだろう。

とりあえず家が壊れた真一イタチさんの家でやっかいになる事に。
マテ、一人暮らしのイタチさんの家に一緒って・・・いいのかよ・・・

今回は最初から最終回っぽい雰囲気の話だったんですけどまだ続くようです。
好きなシリーズなので嬉しい。
次からはどんな感じになっていくのかな?
楽しみだ。

今回もイタチさんは可愛かったし、
真一イタチさんに対する気持ちを全開だった・・・いつも通りだな。

何気に稲葉先生が普通にいい人になってきた上、最強であって万能すぎる。
何気に今回は中心となった2人を差し置いて表紙にいるし・・・
やっぱり九尾の狐=最強って意識がどこかに・・・

最後に一文。

に言った言葉。
彼女の心というか魂というか・・・とても強いですね。

自分が理解できないものを消そうとする・・・
それはなんかじゃなくただの狭量な化物であると・・・
そしてなにより・・・

「仮にも神様を名乗るなら、人の恋路を邪魔するなっ!ばか!」

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです
ほうかご百物語〈8〉 (電撃文庫)ほうかご百物語〈8〉
(電撃文庫)

(2010/06/10)
峰守 ひろかず

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ほうかご百物語〈8〉【62】

ほうかご百物語〈8〉 (電撃文庫)(2010/06/10)峰守 ひろかず商品詳細を見る ◆基本データ 著者:峰守 ひろかず イラスト:京極しん 出版:電撃文...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

無謀さん、コメントありがとうございます。

江戸橋⇒奈良山

テキストで置換する時に間違ってたようです。
忠告ありがとうございました。
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。