スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レンタル・フルムーン 第三訓 星に願ってはいけません

あらすじ

七夕も近づいた夏のある日。満月堂に“珍客”が訪れる。

聖獣界の主、聖獣王は、この世界の『観測者』ツクモのアシスタントとして働くクルンを
“審査”しに来たのだという。

ところが審査日当日、楽勝かと思われたテストは、
予期せぬトラブルで・・・・・・。

傷心から満月堂を飛び出してしまったクルンを追って、
ツクモと新太は聖獣界に向かう―─!?

七夕パーティーでのカラオケデュエットなどツクモとの“距離”が近づく(?)一方で、
俺は、クルンとの関係もまた変化していたことに気付いていなかった。

ちくしょう、行くなクルンっ!

とことん“残念”なキャラクターたちが織り成すファンタジック・ラブコメ、第3弾。

感想

レンタル・フルムーンの3巻

結構シリアスで大変な時点に主人公達は巻き込まれたりしてるんですけど、
周りのキャラ達の残念具合のせいかハラハラせずに安心して読んでいられる作品。

緊迫するシーンでも『ぽわー』って感じで私は読んでた。

まぁそこが面白いんですが

今回は毎回健気に頑張るも、
その頑張りを大好きなツクモにイマイチ理解されていない感じのあったクルンが中心

今回はツクモクルンが自分の思っている事を言葉で相手に伝えなかった為に
起こったすれ違いが原因と言える事件。

ツクモクルンが2年前にお店に来た日を祝う為に、
正確な日付を覚えていなかった為1週間、クルンを祝う為に仕事を休ませた。

クルンツクモの為に仕事をするのが大好きなのに、
仕事をさせてもらえず、失敗も重なってしまった為に落ち込む・・・

お互い相手を思って行動しているのに、その理由を説明しなかった為に
すれ違いが生じ、ツクモ新太に心を開いている様子も重なったせいで
クルンは故郷である聖獣ランドへ帰ってしまう。

聖獣ランド!?

とりあえず名前にツッコミはしないでおきます・・・ええ・・・

今回は両方の気持ちを知った新太が2人の仲を元通りにして、
今まで通りでいられるように奮闘。

話そのものは真面目な感じだった・・・周りの状況はあいかわらずだったけど・・・
最後の方は結構感動できるシーンがあったしいい感じだった。

カッコイイ登場をして偉そうな事を言っていたクルンの兄が
実は重度のシスコンであったり・・・

聖獣王がダックスフントでゲーム好きで、お子様で行き当たりばったりだったり・・・

前回、ツクモの過去にも関係し、パンドラ事件の裏で暗躍していたクローエルも登場。
確かに今回も彼のせいで色々起こったけど、登場時も退場時も
なんか残念な感じのキャラだった・・・
素はなんか怖そうだけど・・・

聖獣ランドの乗り物の動力が”ぽよぽよ機関”(ぷよ○よの連鎖が動力)だったりと
なんかもう・・・って感じの残念さだった。
面白かったけど。

今回も登場の魔人2人組みとかの協力もあり事件は解決。
クローエルの去り際のセリフがこれからも彼の暗躍を表していて楽しみ。

そして今回はクルン中心だったけどツクモ新太の関係も縮まった感じが・・・

一緒に七夕祭りに参加して、その晩はツクモの家に宿泊。

同じ部屋(酔ったツクモに袖を掴まれて動けなかった)

聖獣ランドクルンを助ける為の七夕レースに出場を決め、前日の宿泊施設

同じ部屋・・・(同じチームなので)

ヾ(-_-;)オイオイ

ツクモ自身がまったくそういう事を気にしないようだけど、新太はドキドキしっぱなし。
ツクモが作った朝食のみそ汁を飲んで言った言葉は・・・

「こんなのが毎朝食えたら、俺、もう二度と寝坊しない気がするよ」

☆<( ̄□ ̄;)>☆プロポーズかよ!?

なんか色々とニヤニヤしながら読めました。
そして・・・

ツクモチョップ

ツクモは上記のように無頓着な所があるし、基本的に表情を変えない娘だけど、
新太が女の子に手を掴まれてるとチョップがでて、その手を引き剥がします。

女の子に手を掴まれる⇒ツクモチョップ

この行動に彼女の気持ちが現れているようで、やはりニヤニヤ・・・
やっぱりこういう穏やかで地味っぽいけど面白い作品はいい・・・

聖獣ランドの小さい兵士の誰かが新太の事を『天パ』って呼ぶシーンは
結構笑えた。

ツクモ、クルン、新太・・・満月堂・レンタルフルムーンの3人の絆も深まって
これからも楽しみだ。
ツクモが今回の話でクルン『家族』と呼んだ様に、この3人はもうある意味『家族』を形成してる気がする。
えっと・・・続くよね?

最後に一文。

新太のセリフ。

彼の教訓150

『大切な事は言葉にしないと伝わらない。』

の元になった彼の姉の言葉を元にした言葉。
このセリフが頑ななツクモの心を溶かし、クルンの元へ向かう
決断をさせた・・・
あーなるほど・・・って思わせられた。

「人間は、心の可能性を過大評価してしまいがちなんだよ。

 でも、大切な事は言葉にしないと伝わらないだ。

 祈ったり願ったりするより、言葉にする方がずっと簡単なのに

 ・・・皆、それに気づけない」


にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです
レンタル・フルムーン〈3〉第三訓 星に願ってはいけません (電撃文庫)レンタル・フルムーン〈3〉
第三
星に願ってはいけません
(電撃文庫)

(2010/06/10)
瀬那 和章

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。