スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テツワンレイダー 3

あらすじ

「剣精試練(レイダー・ゲーム)そのものが・・・つーか、この世界そのものが、

 八人のガキどもが作った、ヒマつぶしのための八周目の世界だ」

“七周目”という謎の組織と接触した俺達は、
そこで武器屋のオッサン、ロンとライエルさんに再会する。

そしてロンが語る衝撃の事実。
彼らは俺達に七周目の世界を取り戻すために力を貸して欲しいと言ってくる。

だけど、七周目の世界を取り戻せば、この世界は消えてしまう。
メグ、ロザリー、ツバサの三人は協力に反対する。
でも俺は・・・。

「信じてるぜ。お前は、俺やミザを裏切らねぇって」

脳裏にライエルさんの言葉が蘇る。
どいつもコイツも・・・なんなんだよ。
どうすりゃいいんだよ。

感想

テツワンレイダーの3巻
表紙は今回登場の新キャラであるエメラダ

メグが怖い、メグが怖い、メグが怖い、メグが怖い、メグが怖い、メグが怖い、
メグが怖い、メグが怖い、メグが怖い、メグが怖い、メグが怖い、メグが怖い、
メグが怖い、メグが怖い、メグが怖い、メグが怖い、メグが怖い、メグが怖い、
メグが怖い、メグが怖い、メグが怖い、メグが怖い、メグが怖い、メグが怖い、
メグが怖い、メグが怖い、メグが怖い、メグが怖い、メグが怖い、メグが怖い。


1巻の頃からたまに行動がおかしい所があった主人公の幼馴染であるメグ

完全に歪んで・・・壊れてました・・・

これはヤンデレ・・・・の1種なんだろうか・・・
ちょっと違うような気もするけど彼女が病的なほどに
グレンを自分に振り向かせようとしているのは確か・・・

最終的に判明したのはグレンの義父母が彼を嫌うように仕向け、
ロザリーグレンの誤解でショックを受けるように誘導したり
実は1回無理心中を図る為に料理に毒を盛ったり・・・
しかもこの話の最後では今ある世界を終わらせて自分とグレンだけが存在する世界を作る事に。

怖い・・・怖すぎです・・・

グレングレンで彼女に乗せられて迷ったり誘導されたりした結果、
それが間違っていると心では思っているのに、全てが面倒になり・・・

なんか主人公もヒロインもダメダメだ気がします。
グレンは色々と精神的にショックが重なっていたせいもあるんでしょうし、
メグは子供の頃に母親に捨てられた事がトラウマになって、
次に大切な存在になったグレンを自らの元にずっといさせようと思っただけなんでしょうが・・・
どうなんだろう?

次の話で復活できるのか、そしてメグはどうなるのか・・・
怖いような楽しみなような・・・

本編の話はなんか今までの色々な設定が意味無いものという事に。

世界を改変する装置を偶然手に入れてしまった8人の子供
それと同時に不老不死になってしまった彼らが暇つぶしで世界を改変し
そこで色々な設定で遊んでいるという事が判明。

剣精試練とかその力とか全て彼らが楽しむためのゲームに過ぎなかった。

キツイ・・・っていうかひでぇって言うか・・・

自分たちの住んでいる世界がそんなだと聞かされたらショックはでかそう。
そして今回は8周目の世界。
前回出てきた7週目(セブンス)はそのまま前回の世界の生き残りのよう。

といっても前回の世界でもグレン達はいて、記憶が無いだけで同じ人物のようですが。
今よりもマシな7週目の世界と辛い事があったとはいえ思い出もある8週目

グレンはその狭間で色々と悩む事に・・・
まぁメグの暗躍で7週目に戻す事に傾いていってしまったあげく、
土壇場でロザリー達の説得で持ち直したものの、
結局メグの行動で台無しに・・・

グレンの優柔不断さが原因とも言えなくも無い。
でも今回の話での彼への精神的重圧は半端なかったけど。

親に裏切られた事を思い出させられ、
かつて仲間だったけど敵対してしまった相手には協力を求められ、
幼馴染は裏で暗躍して、
他の仲間はこの世界への想いを口にする・・・
最終的に7週目8週目の世界を選ぶ役割を負わされる
なんかグレンの胃がぶっ壊れそうな感じがありましたね・・・

設定が色々と二転三転し、世界を改変していた子供達も消え(一時的?)
9週目に行ってしまったグレンメグ
果たしてどうなるのか・・・正直まったく予想できない展開になってしまった。
自分の恋心のためにメグに協力したエメラダの事もあるし・・・女は怖い・・・

やっぱり鍵はディアかな?

7週目グレンの相棒の人間として共に行動し、
8週目では彼の剣精として相棒になった彼女・・・
今回も迷うグレンメグが介入するまでは決意を決めさせるほどの想いを見せた。
やっぱり彼女の存在が次の話の鍵になりそうな予感。

さらに斜め上の展開に行く可能性もありそうだが・・・

最後に一文。

メグのセリフ。
正直これ単体ではまったく意味がわからないと思うのですが・・・
上記の感想を踏まえて、9週目に行く時に彼女が言ったセリフ。
明らかに最早どうでもいい感じのグレンが9週目を了承したあとに
それを自分の想いが通じたと勘違いしての言葉。
正直、ゾクっとしました・・・ここまで歪むのか・・・

「グレン!いっぱい仲良くしようね」

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです
テツワンレイダー3 (富士見ファンタジア文庫)テツワンレイダー3
(富士見ファンタジア文庫)

(2010/06/19)
大楽 絢太

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。