スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

六百六十円の事情

あらすじ

男と女。

彼氏と彼女。

親と子供。

先生と生徒。

爺ちゃんと婆ちゃん。

世の中には、いろんな人たちがいる。
そこには、「ダメ人間」と「しっかり人間」なんてのも。

それぞれ“事情”を持つ彼らが描く恋愛&人生模様は、
ありふれているけど、でも当人たちにとっては大切な出来事ばかりだ。

そんな彼らがある日、ひとつの“糸”で結ばれる。
とある掲示板に書き込まれた

「カツ丼作れますか?」

という一言をきっかけに。

日常系青春群像ストーリー。

感想

入間 人間さんの新作。
なんていうかこういう話を書かせると凄い面白い。
登場人物いっぱいでそれぞれの登場人物がすれ違っているというか・・・
何気に執筆のスピードも凄いよな・・・

『カツ丼は作れますか?』という掲示板の書き込みを見た人々による群像劇

一章『While my guitar gently weeps』

『主人公』になりたい女性が主役の話。
仕事もせず、ただ毎日ギターを弾き、彼氏に食べさせてもらってるニートの女性

子供の頃からずっと『主人公』になりたくて・・・でもそうすればいいかわからなくて・・・

そんな彼女が彼氏との喧嘩が原因で自分が今まで気づいていなかった事に気づき、
とりあえずは前向きになっていく話。

なんか色々駄目な人なんだけど・・・元気。

彼氏が同作者の作品で電撃文庫の『電波女と青春男』の主人公・丹羽 真の親戚っぽい描写が。
親戚だと明記されてないけど彼の親族は漢字一文字の名前を付ける傾向があるらしい。
彼氏の名前は丹羽 静
母方と父方・・・どっちのなんだろう・・・

二章『生きてるだけで、恋。』

自分が成長する実感がわかない少年が主役。
自分の過去に実感がなく突然今が始まった感覚を持っている少年。

彼が今まであまり話さなかった隣のクラスの少女と偶然出会い、
彼女との触れ合いを通じて、自分の今やるべき事を見つける。

お互いを『童貞』『処女』と呼び合うくらいの関係になった上に、
なかなか少年は認めないけど彼女が気になって仕方ないのが手に取るようにわかる。

お前・・・もう惚れてるよ、ソレ

三章『パタパタパタ』

人は誰でも時間がたてば別の自分に変化していく・・・

とりあえず一言・・・

ドミノ、お前は間違ってない

カツ丼、チャーハン、焼きソバをローテーションで一日3食づつってさすがにキツイだろ・・・
確かにまともにご飯も食べられないような国の人からしたら失礼に当たるかもしれないけど
現代日本でこの環境は厳しいと思う・・・特に子供には・・・

↑な状況の小学生の女の子・ドミノ(ハンドルネーム)が家出を考える話。
結局、一緒に家出しようとしていた竹中弟が2章で目標を決めた竹仲の影響で
家庭環境が多少は改善された為に家出に消極的に・・・

結局ドミノは1人で家出する事を決意したけど・・・それで終了。
ちょっと短い感じだな・・・

四章『愛とか、祈りとか』

7万円落として、まぁいいかと思えるニートが主人公

えっと・・・凄いような・・・凄くないような・・・
彼は決して裕福ではないみたいだけど不幸って感じがしない。
やっぱりこういうのは性格も関係あるんだろうか。

ヒロインの名前がソウ『そーう』ってずっと言ってた・・・
名前がソウだから・・・なのか?

読み終わってTwitterを見てたら同僚が同じセリフを言ってて戦慄した。
なんだこの偶然・・・ちなみに同僚はこの本を読んでない。

この話も3章と同じくらい短い。
それでも印象に残るから凄いな・・・

それぞれ章ごとに別視点で書かれてるけど、時系列も進んでいて
1章、2章のキャラクター達がどうなったかが薄っすらとわかるのがいい。
 
特に2章の主役だった竹仲が万引きした本の代金を秘密裏に返し、
本屋の主人であるこの章の主役の父親が喜んでるシーンとか・・・
彼にはきっと誰がお金を返したかわかってたんだろうなぁ・・・

五章『老人と家』

『カツ丼作れますか?』を書き込んだ老人の話。
この直前にドミノが家出を結構。

一気に話が動き出し、それぞれのキャラクターの繋がりが明確になってくる。
意外な関係があったりして面白い。

この老人も2章のヒロインの祖父だったりするし。

っていうか親に連絡せずに自分の家にドミノを保護するとか・・・

何気にこの人も変だよね・・・

六章『Q.これはオフ会ですか? A.いいえ、カツ丼です』

なんか別のラノベを連想させるサブタイトルですね・・・
質問と答えがまったく別の事言ってるあたりが・・・

とりあえず一連の事件・・・といっていいかわからないけどドミノも家出騒動の解決。
そして『カツ丼は作れますか?』というトピックに反応したメンバーの顔合わせ。

何気に顔見知り多いオフ会だな・・・

オフ会なのにほとんど顔見知りという凄い状況。
でも地域のコミュニティーの掲示板だしこんな事もあるかな・・・

こういう群像劇で面白いのは、今まで別々に語られてきたキャラ達の繋がりが明確になり、
そして一箇所に集まる所だと私は思うな・・・

とりあえず全員集合してカツ丼食べただけなんだけど・・・なんでか面白い。
なんていうか・・・色々ちゃんとした形に落ち着いた感じ

エピローグ『What a day』

まさにエピローグって感じでそれぞれのその後って感じ。
完全にそれぞれが抱える問題が解決したってわけではないけど、
前よりは前向きに、皆頑張ってる感じがしていい。

最後の最後に1章の主役に救済が・・・読み返してみればこの為の伏線が
用意されていた事に気づく・・・うまいな・・・

なにか派手な出来事や超常現象がある訳でもない。
生死に関わる事もなければ、とんでもない悲劇であるわけでもない。
どこにでもありそうな問題、ありふれた幸せを描いてるだけなんだけど
読み終わると凄い満足感というかなんというか・・・

面白かったです。

最後に一文

ずっと伏線が張られて最後の最後にきた1章の主役である
主人公を目指す『ギアッチョ』さんへの救済。
思わずここでそれか!?とツッコミをいれそうになりましたので。
地元テレビの今週の有名人という企画のレポーターが、
駅前でギターを弾く『ギアッチョ』さんに言ったセリフ

「本日は、あなたが主役です!」

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです
六百六十円の事情 (メディアワークス文庫)六百六十円の事情
(メディアワークス文庫)

(2010/05/25)
入間 人間

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

六百六十円の事情読みました!
なかなかおもしろかったですね
丹羽真のパパでメメさんの兄は昔から妻一筋で
ストーカーまがいの人みたいな描写があった気がしますので
あまり近い親族ではないのかな?

ちなみに私は今は多摩湖さん読んでます!

入間先生執筆が早いのはとてもうれしいのですが
そろそろみーまーよみたいです><

Re: No title

コメントありがとうございます

> そろそろみーまーよみたいです><

あー読みたいですね・・・
犯人も気になりますし・・・

多摩湖さんと黄鶏は次の更新で感想をUPします。
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。