スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おれと一乃のゲーム同好会活動日誌 その1 ごく個人的な世界の終わり

あらすじ

荒谷学園第三旧校舎、古い木造建ての一階にあるゲーム同好会部室。

白崎宗司は孤高の美少女、森塚一乃と放課後のときを過ごす。
ちょっぴり電波ちゃんな一乃との出会いは約一月前、宗司は一乃の秘密を握った。

「契約をしましょう。あなたには私をあげるわ―だから」

だから、一緒にゲーム同好会を立ち上げたのだった。

何が起こるでもない平和な日々(しかもゲームしてない)。
いや、何も起きていないというのはただの勘違いで、
とんでもないことが起こっているのかも!

冷たい外見とは裏腹に、心は苛烈な炎のような一乃と
実は誰よりも非日常を生きる宗司。

二人の行く末は・・・・・・世界の終わり!?

葉村哲が贈る、新感覚ラブコメディ・・・・・・、のようなもの、登場!

感想

『天川天音の否定公式』葉村 哲さんの新作。

ヒロインの一乃がいい感じ!!

性格が前作のヒロイン・瑛子に似ていて、でも中身が天音って感じ。
もう一人のヒロインであるキリカも見た目がシロコに似てる。

前作のヒロイン達は全員気に入ってたのでこれはこれでいい感じ。

そしてなにより似ているのは・・・

最初から主人公に惚れてます・・・

うーん・・・なんて羨ましい状況・・・

そしてラノベ主人公の宿命というか欠点というか・・・
好かれている本人はそれに気づかない・・・

なんて勿体無い・・・

この作品の説明をすると・・・

武器も異能も二つ名もでてくる日常系

主人公達には二つ名が有り、異能を持ち、
その力を扱う武器をそれぞれが所持してるんだけど・・・

特に敵がいる訳ではない・・・

異能を持っているのに使い道がない・・・なんか切ないですね・・・
しかもそれぞれが代償のような物を抱えているのでさらに・・・

まぁとにかく人とは違う力を持ちながらも、その使い道が特にないメンバーが
駄弁ったり、ゲームしたり、コスプレしたりする話。

ヒロイン同士の仲が悪いのでその諍いに能力を使ったり、
本人も知らない能力のせいで騒ぎが起きたり・・・

確かに日常系の異能モノ・・・

でもやっぱり日常系だから特にたいした事も起きず、
主人公である宗司一乃が傍から見たらイチャイチャしているようにしか見えない
場面が続きます・・・

宗司・・・お前ってヤツは・・・

一乃異能・『煉獄(カサルテイリオ)』が七つの大罪を表す能力を持っていたり・・・

何故か『貪欲』を現す能力がもふもふした子犬だったり、
他にもペンギンがでてきたり・・・
基本的に火を操る力みたいなんだけれど↑はなんなんだろう・・・
まだまだ謎がいっぱいな能力みたいだ。
他にはどんなネタが隠されているんだろう・・・楽しみ

1巻最後で語られた、一乃宗司の出会いの話もいい感じ。
この作者さんの物語は主人公とヒロインの出会い、
そして好きになったきっかけが些細な事・・・でもとても大切な事って所が好き
出逢った瞬間に好きになる事が決まっていたかのような感じが・・・いい感じ。

キリカ異能・『道化師の栄光(バッドジョーク)』は色々と『変身』できたり・・・

彼女の能力は変身としかわからないし、宗司との出会いもまだ不明。
でも彼女もやっぱり宗司が大好き。
彼女との出会いもこれから語られるのかな?
かなり楽しみ。

そして主人公・宗司異能・『零白夜(ラスト・エテメント)』は物体を停止させる?

いつも章の頭でゲーム同好会に遅れてやってくる彼。
いつもだれかの悩み相談を聞いているらしいお人よし。
誰にでも優しいから基本的に『いい人』止まりだけど
『地雷女』には好かれる・・・優しいから。

一乃キリカはこの話をしていて胸が苦しそうだった・・・地雷だもんね・・・

そして双子で同じ名前の、彼ですら見分けの付かない姉妹であるリリスがいる。

思いっきり怪しい!!

これで彼女達がなんのへんてつもないただの妹だったら逆に感心する。
絶対なにかしら秘密がありそうな姉妹。
そして間違いなくブラコン。

主人公が最初から能力を持っていてそれに理解があるのも珍しいかも。
大体のラノベ主人公は巻き込まれ型だからなぁ・・・
この作品にはその巻き込まれる厄介事が存在しないわけだが・・・

それぞれ凄い能力を持ってるけど・・・使い道がない。
そんな世界で彼らがイチャイチャしたり喧嘩したり・・・
面白い話でした。
これは・・・かなり続きが楽しみ。

最後に一文。

基本的に使い道がないけど無駄にカッコイイ能力や、発動の為の呪文。
今回登場の3人の呪文を載せてみようかと。
上から一乃・キリカ・宗司
                          カサルティリオ
「罪を焼け───赤き贖い『煉獄』」

                         バ ッ ド ジ ョ ー ク
「空笑え───欺く影絵『道化師の栄光』」

                            ラスト・エレメント
「零に還れ──永久の永劫『零 白 夜』」

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです
おれと一乃のゲーム同好会活動日誌その1 ごく個人的な世界の終わりおれと一乃のゲーム同好会活動日
その1 
ごく個人的な世界の終わり


(2010/07/21)
葉村哲

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

さてさて、ISの一夏とどちらが朴念仁対決で勝つのでしょうw

Re: No title

コメントありがとうございます

> さてさて、ISの一夏とどちらが朴念仁対決で勝つのでしょうw

ラノベ主人公の朴念仁ランキングとか作ったら面白そうですね・・・
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。