スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ほうかご百物語

あらすじ

「いきなりで悪いけど、あなたの血、吸ってもいいかな」

高校生で美術部員の僕は、夜の学校で銀色に輝く瞳を持つ不思議な少女に出会う。
少女の正体を“イタチ”だと見抜いて吸血(!)の難を逃れた僕は、
その夜、彼女とある『約束』を交わす。
翌日。美術室に現れたイタチ少女は、僕に告げた。手遅れになる前に約束を果たしに来た。
約束を果たすその日まで、僕のことを守ってくれる、と。一守るって、一体何からっ!?
ピュア可愛いイタチさんと僕の、ちょっと不思議な放課後物語。
第14回電撃小説大賞“大賞”受賞作登場。

感想

美術部に所属する白塚真一(しらつかしんいち)は絵を描くことに目がなく”美しい”と思った
対象には咄嗟にモデルを申し込むほど。

そんな彼が夜の学校で妖怪であるイタチさんに会い正体を見破る。
そしてかれはつい彼女にモデルを申し込んでしまう。
そして翌日、イタチさんが真一の前に現れ・・・・。

基本的には学園ラブコメなのかな?
そんな2人を中心に妖怪に詳しい経島御崎(ふみしまみさき)や他の面々を巻き込み
校内の妖怪退治や日常生活を営んでいきます。

イタチさん、可愛いです。途切れ途切れな感じの言葉のつたなさや
あまりにストレートな真一のほめ言葉に照れる姿はそれはもうかわいいです。

妖怪の設定等もなかなか面白いですね。ちょっとネタバレになりますが、
イタチさんは最初『変化して相手の血を吸う』という感じで実体化して真一の前に現れますが
正体を見破られモデルの約束をして一度消え翌日現れたときには『血を吸う』のではなく
『真一のモデルになる』という目的で実体化してるため吸血衝動がなくなってます。
他の妖怪も人間の認識によって姿を変えたりします。
あと結構知らない妖怪が多いですね。メジャーな妖怪もでますが。
そのため、ちょっと妖怪の説明文とかが長い気がしました。

最後に一文。凄くクライマックスっぽいセリフなんですが序盤のセリフ。
真一君は咄嗟にこんな事を言う子です。
内心、序盤に出てくるセリフじゃないだろ!とツッコミをいれました。

「忘れるもんか。たとえ世界の全てが忘れても、
                    僕はあなたを覚えています!」


ほうかご百物語 (電撃文庫 み 12-1)ほうかご百物語
(電撃文庫 み 12-1)
(2008/02/10)
峰守 ひろかず

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。