スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

竜と勇者(あいつ)と可愛げのない私 2 

あらすじ

ヘタレ勇者レックスの従者として、魔王退治の旅を続ける魔法少女のアンジュ。

学術都市フルブライトにやってきた彼女が出会ったのは、
エルフ族の美しい少女ウェルチだった。

レックスの婚約者だと名乗り、やたらとアンジュに対抗心を燃やすウェルチ。

そんな彼女にあおられて、アンジュはレックスの同行者の座をかけ
ウェルチと一戦交えることに!?

これはラブコメ的な展開か、と思いきや、
今度は二人の前に、敵対するフェブロニアが生み出したソウルイーターが現れて・・・。

ただいま人気上昇中!新感覚ファンタジー第2弾!!
これは泣けます。

感想

竜と勇者(あいつ)と可愛げのない私の2巻。

ちくしょう・・・orz

あらすじを読み、さらに最初の方を読んでいる時点であらすじの最後の部分・・・
”これは泣ける”の意味に疑問を感じていたんですがね・・・

うるってきちゃったじゃないかぁぁぁぁぁ

レックスの婚約者を自称するアンジュと同じ魔法使いの少女・ウェルチが登場し、
アンジュレックスを意識しての恋愛方面の動きがあるのかと思っていたんですが
まったく全然・・・凄く悲しくて・・・そしていい感じの話に・・・
これはまったく予想できなかったせいか結構ガツンときましたね・・・
マジで涙腺が刺激されて(┬_┬)感じに・・・

油断していたというかなんというか・・・そういえばこの作品の作者って
『月と貴方に花束を』『麒麟は一途に恋をする』『きみと歩くひだまりを』の人だったよね・・・
なんていうかこの3作品に比べたらかなり設定が安全というか・・・
キツクない感じがしてたので失念していた・・・

結構普通に主要キャラっぽい人がぽんぽん死んだりするんだった・・・
これからがちょっと不安になるな・・・希望が残るEDになる事が多いとはいえ・・・

物語は勇者魔法使い魔王を倒すという王道ファンタジーだったんですけど
レックスアンジュの住まう剣の国ランドールと敵対する
帝政国家フェブロニアの影が見え初めてちょっときな臭い感じに・・・

ランドールフェブロニア・・・魔王は共通する敵であるけど、
両国にとっては互いも敵であるという・・・
なんかややこしい事になってきたみたいです・・・

今回立ち寄った学術都市フルブライトレックスの姉・レムリアと出会い、
さらに彼女の弟子でレックスの幼馴染でもあるウェルチも登場。

婚約者を自称するウェルチレックスを支える魔法使いの座を賭けた
勝負をする事になるアンジュ・・・

最初はお互いを気に入らない相手だと認識していたアンジュウェルチ
でも互角の魔法勝負を繰り広げ、互いの過去を話し合ったお陰で
互いの似た境遇に気づき・・・徐々に心を開きいいライバル関係に・・・

今まで友達を作る事ができなかった2人にとって
この出会いはとてもいいものなんだと感動・・・

そして恋敵だけど親友同士みたいな感じになるのかな?
・・・と思ってたんですけどね

ウェルチも忘却していた彼女の秘密

フェブロニア『恒久平和の実現者(ピースメーカー)』と呼ばれる
4人の1人・・・ソーマの登場

彼に付き従うメイドでゴーレムなトモエと同じ顔をしたヒナギク

そしてフェブロニアの実験の失敗作から生まれた死者の魂を喰らい、
全ての”攻撃”が効かない怪物・ソウルイーター

話が進むに連れてウェルチの状態が酷くなっていき、
そして語られる彼女の秘密・・・

( ̄◇ ̄)

ウェルチが最後に決意したのは、自分が本当に望んだ事。
かつて自分を絶望から救ってくれたレックスの為に戦う事。
それが自分の存在を消滅させる事に繋がっても・・・

そして自分が力を認めたライバル・・・そして初めて出来た友達であるアンジュ
レックスの事を頼み消滅・・・

ちょっと呆然としましたね・・・これから主要キャラになってもいいくらいの
キャラだったのに・・・

短い時間だったけど確かに心を通わせたアンジュウェルチ
せめてもうちょっと早く・・・とか色々と考えてしまう話でした・・・
やっぱりこういう展開は嫌いじゃないけど・・・辛いなぁ・・・

敵国の暗躍や、トモエの出自についてのヒント、次の四天竜の居場所・・・
色々と伏線がある状態で次の巻へ・・・

レックスがやる時はやる男で、今回も必死に戦っていてカッコいいけど
基本はヘタレな感じなのでもうちょっとゆるい感じで話が進んでいくと思ってたんですけど・・・
今回のような事を考えると油断はできないな・・・
そういう意味でも次がどんな感じになるか楽しみ。

最後に一文。

アンジュウェルチの最後の会話シーンをそのまま・・・
銀がアンジュでピンクがウェルチ
やっぱり今でもグッとくるなぁ・・・
この後のアンジュレックスの事をアンジュに託すシーンもグッときた・・・

「最後に一つだけお願いがあるの」

「ライバルもいいけど・・・やっぱり、最後は友だちがいいなって。

 ・・・・・・だめかな?」


「なにを、言ってるんですか。今更・・・・・・」

「そっか・・・・・・」

「とっくに友だちですよ、私たちは」

「あなたは私の最高のライバルで、最高の友だちです」


「ありがとう」

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです
竜と勇者と可愛げのない私〈2〉 (電撃文庫)竜と勇者と可愛げのない私〈2〉
(電撃文庫)

(2010/08/10)
志村 一矢

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

竜と勇者と可愛げのない私 2

竜と勇者と可愛げのない私〈2〉 (電撃文庫)(2010/08/10)志村 一矢 正統派の「剣と魔法の世界」系なお話。主人公は、今時はちょっと珍しいソバカス娘です。魔法の実力はあるのですが、この世界では魔術師...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

そうですか、、、、、この作者主要キャラがよく死ぬ作風なのですか
。なんか銀河英雄伝説のキルヒの早すぎる死を思い出しました。
ウェルチみたいなキャラすきだったんだけどな~~。

Re: No title

コメントありがとうございます。

メインヒロインが1巻で主人公を生き返させる為に
命と引き換えの力を使ったり(蘇った主人公の力で蘇生)した
作品とかありましたね・・・

No title

設定が好きなんですが…
やっぱりきっつい内容がこの作者の芸風なんですかね…
ちょっと買うのはためらいますよね

Re: No title

コメントありがとうございます

> 設定が好きなんですが…
> やっぱりきっつい内容がこの作者の芸風なんですかね…
> ちょっと買うのはためらいますよね

1巻目はまだほのぼの感があったんですけどね・・・
2巻から一気にキツイ展開が多くなってきましたよね。
カレンダー(月別)
08 ≪│2017/03│≫ 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。