スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

氷結鏡界のエデン 4 天上旋律

あらすじ

「守るんじゃなく、一緒に戦う。・・・それが僕の新しい戦い方だから」

仲間と挑んだ選抜戦で、シェルティスは新たな決意を迫られる。

統政庁との会合に赴く巫女・ユミィの護衛任務。
それを勝ち取るため、モニカと華宮、そして「四人目」の仲間と部隊戦に参加したシェルティスは、
一人で戦ってきた己の弱点と向き合うことになる。

時を同じくして、シェルティスに宿る魔笛を浄化するため沁力の修行を重ねるユミィの前に、
ツァリと名乗る女性が現れた。

「沁力が開花するキッカケ―お前の知らない旋律を与えてやろう」

そう告げる彼女は、ユミィを『ある場所』へ誘うのだが・・・。
変革する世界で、少年を想い少女が歌う、重層世界ファンタジー。

感想

氷結鏡界のエデンの4巻
ドラマCD化が決定したみたい・・・楽しみかも

黄昏色の詠使い関連の言葉がちらほらと・・・

作者の前作に当たる『黄昏色の詠使い』の用語やそれに関係ある名前が
ちらほらと見受けられる今回の話。
やっぱりこの世界は『黄昏色の詠使い』の世界となにか関わりがあるのかな?

シェルティスがかつて千年獅に最も近い錬護士だった時に、
何度も戦ったという現在の錬護士筆頭である女性は『ジルシュヴェッサー』って
言うらしく、さらに最近交流があったイーシャが彼女の妹であるらしく、
シェルティスレオンも彼女が苦手というらしいから登場が楽しみ。

『ジルシュヴェッサー』って『黄昏色の詠使い』での祓戈の到極者という意味。
やっぱり槍を使うんだろうか・・・

さらに1巻から稀に姿を現していた謎の女性『主天』ツァリ
塔のマスコットキャラである『黄昏竜(アーマ)』の硝子細工に反応したり
ユミィ氷結鏡界が結ばれる前の世界を見せたり・・・

そして彼女がそれを見せる時に使った詠唱・・・
       赤の歌
──『Keinez』──

そのまんま・・・『黄昏色の詠使い』名詠式ですね・・・

そしてユミィ”体験”した1000年前の世界

巫女であるユミィすら圧倒する魔笛を放出する幽幻種
そしてそれを苦もなく一掃した紗砂と呼ばれる少女。

何気に現代でシェルティスの友人であるエリエが友達になったという少女と同じ名前で
さらに彼女は普段は”サラ”と呼ばれてるらしい・・・
それって皇妃の名前と同じ・・・かなり気になる伏線です。
1000年以上生きてるって事なんでしょうか・・・

さらにエリエの妹でシェルティスにも懐いているユト
彼女の名前も1000年前の世界で登場・・・

しかも現在でツァリが持っていたマスコットは本編中にユトが
今回登場の新キャラ:ヴァイエルにお菓子と一緒に買ってもらったもの・・・

ユトも前から変な動きをしたりしてたから・・・やっぱり秘密があるっぽい。
ユト=ツァリで彼女も1000年前と関係ありそうだ。

そして1000年前に紗砂と共に戦っていた『ミクヴァの機神』と呼ばれていた存在
機械を纏った存在である彼女の名前は・・・”イリス

シェルティスに助言をする相棒の機械水晶と同じ名前・・・
そういえば皇妃に貰ったという設定があったような・・・
エリエが友人になった紗砂の事を管理者(マスター)って口を滑らしてたし・・・機械ですけど。

色々と気になる伏線がちらほらと現れてこれからどうなっていくかかなり気になる展開
ここまで色々とちらつかされると先が気になってしょうがないです。

そして本編。
ユミィの護衛の任務を受ける為に4人目のメンバーと選抜戦に勝たなければいけない話。

昔はレオンと二人で・・・その後も援護を必要としないほど強い錬護士として戦っていた
シェルティスにとって援護前提の集団戦が結構難しいみたい。

それでも戦闘中に冷静に戦況を見極められるのは余裕がある彼だけなので
華宮から部隊の指揮を任され奮闘する事に。

部隊長であるモニカの役目は交渉や調整など、明らかに他のメンバーが苦手な部分って事で
役割分担としてはいいのかな?

モニカが過去に巫女見習いだった時の後輩がユミィであったり、
華宮が新しく推薦した4人目のメンバー・・・ヴァイエルの登場など色々あった。

憧れの先輩であったモニカとの再会に喜ぶ一方で、彼女とシェルティスが同じ部隊なため
嫉妬心を抱くユミィは面白かった。
セリフがまるでツンデレみたいになってたし・・・

そしてヴァイエル・・・

コイツこそが究極のツンデレ・・・

訓練もサボり、言葉も色々と汚く、選抜戦でもろくに戦わない・・・
それでも華宮は彼の『いい人』の部分を・・・かつて自分を助けてくれた事を知っているので
彼を仲間に。

人として絶対に外せない道がある・・・

これが彼の信念・・・皆がただ巫女千年獅になる事に邁進する中、
武器庫の点検や整備を一人でやり、誰かが本当に困っているならば手を差し伸べる・・・
本当に当たり前で大切な事・・・それができるのがヴァイエル

こういう奴・・・好きだな・・・

恩を売ったと思われたくないから、自分がやったことを人に誇ったりもせず、
ついついキツイ口調になってしまうけど本当に華宮が言う通りの『いい人』っぽいです。
普段はともかく、本当に大事な時には命をかけてでも仲間を守る・・・いい感じです。
これから部隊仲間になる4人がどうなっていくかもかなり気になります。
特にヴァイエルの場合は華宮との関係がどうなっていくか楽しみ。

華宮が彼を部隊に引き入れる脅迫のネタが小猫を秘密で飼ってるというのは笑った。
そこの不良だよ!?って感じで・・・
さらに部隊で唯一の料理技能の持ち主という事で彼の役割は料理長に・・・
なんだか面白いキャラだ・・・

色々な伏線、『黄昏色の詠使い』との関連がありそうな言葉
色々と気になる事が増えたせいで5巻が凄く楽しみ。
どんな展開になっていくんだろう。

最後に一文。

ヴァイエルのセリフ。
脅迫されて部隊に入れられたヴァイエル
でも一度仲間になった彼は嫌がりながらも、
約束した選抜戦には必ず参加。
そして仲間が危機に陥った時はその全てを賭けて
ただの護士では荷の重い幽幻種へと挑んだ。
そんな彼が幽幻種に言ったセリフ。
ユミィが見た1000年前の世界・・・そこで紗砂が言っていた言葉と
奇しくも同じ意味の言葉・・・
っていうかヴァイエル格好よすぎです・・・

「人間の本気をなめるなよ?」

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
氷結鏡界のエデン4  天上旋律 (富士見ファンタジア文庫)氷結鏡界のエデン4
天上旋律
(富士見ファンタジア文庫)

(2010/08/20)
細音 啓

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー(月別)
08 ≪│2017/03│≫ 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。