スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

官能小説を書く女の子はキライですか?

あらすじ

氷坂月は家族同然に育った俺の幼馴染み。
家の事情で離れ離れだったが、この春から一緒に暮らすことになった。

でも久しぶりに会った彼女の様子がおかしい。

電車内でいきなり俺の手を自分のお尻に押し付けたり、
スクール水着で風呂場に乱入してきたり・・・。
さらになぜか男子の制服着て、「男」として学校に通いだして・・・!?

保健体育の授業を聞いて気絶しちゃうような温室育ちのお嬢様なのに一体なんで・・・?

そして、そんな月を心配するあまり、
ついに彼女が抱えている意外なひめごとを知ってしまった俺は―?

大和撫子で官能小説な女の子との、ギリギリひめごとラブコメディ。

感想

電撃文庫8月の新刊。

タイトルだけ見るとモロ・・・

内容も・・・まぁ色々とえっちぃです・・・。
作者の人曰く・・・

(微)王道エロコメ

というジャンルらしいです・・・たしかにラブコメっていうよりはエロコメだ・・・
途中に何度か一歩踏み込むだけで一気にエロ小説に変貌するという箇所が複数あった。

ヒロインである官能小説家を目指し、それを反対する父親との賭けで
『男として高校を卒業する』事になり、幼馴染である主人公・真一はそれをサポートする事に。

『秘密(男装)がばれないようにする』そして『官能小説の体験取材の手伝い』という・・・
まぁここらあたりが王道という名の由来なんだろう・・・

主人公であるとヒロイン・の関係はなんていうか・・・お互いをとても大事にしてる感じ。
子供の頃に事故で同時に母親を亡くし、父親2人と真一の4人で家族になると誓い合った。
だからこそ2人はずっと一緒に過ごしていた・・・

まぁこの作品開始時点では主人公の引越しにより離れていましたが
結局上記の賭けの件では主人公の家に同棲することに。
の父親は手をださないようにと釘は刺しているけど、
同棲を許すという事は信頼している・・・ってことだよな少なくとも・・・
まぁヒロインと同棲っていうのも王道って事なんだろうけど。
とにかく・・・

おまえら付き合っちゃえよ・・・

ってくらい仲がいい2人。
真一の信頼との父親の信頼を裏切らないように、一線を越えないように勤めてるけど
『体験取材』やら真一への無防備さとか・・・現役高校生には辛そうなシチュエーション。

あきらかに真一に求められたら『No』と言わない気がするんだがなぁ・・・
まぁ電撃文庫でそれ以上はさすがにね・・・
本当にちょっと加筆して追加シーン入れればそっち系の本になるなコレ・・・

体験取材のシチュエーションも

『電車の中で痴漢プレイ』
『学校のトイレで凄い態勢に・・・っていうか体位!?』
『お風呂にヒロインがスク水で・・・』
『学校の図書室に閉じ込められて・・・』
『露天風呂で混浴・・・』(偶然)
『山の中の川で・・・』


えっと・・・本当に大丈夫なのかコレ・・・

こんな事しつつも2人でいると自然な反応をしてしまうせいか、
当たり前のように周りから疑われる2人・・・
いや・・・当たり前だろと言いたい・・・
まぁ一線は越えないんですけどね・・・あたり前ですが。

そしてもう1人のヒロイン候補・藍川 恵
育ちも良さそうで喋り方も上品・・・・しかも性格も悪くない・・・
こういう設定のキャラだと高飛車だったりする事があるんだが結構素直な娘。
軽く天然入ってて可愛い。

カラーイラストの紹介文に『月を気にしている』ってあったけど、
別の意味で『真一を気にしている』ようにしか見えない・・・
彼女は彼女で色々と真一とあったし・・・

っていうかへの対応を他の女の子にもするせいなのか
真一の行動は女の子に色々と誤解を与える気がしてならない・・・
一部、本気で口説いているかのようなセリフを言っちゃってるし。

彼女はのへの疑念は段々大きくなってきたけど、
最後の最後、真一の機転でその疑念は払拭。
その為の方法がなんかもう・・・アレだったけどね・・・
なんていうか書くのがはばかれる方法だった・・・
っていうか完全にセクハラだよね・・・アレ
いくら藍川が疑ってたとは言っても・・・ねぇ
確かにこの一件で完全に疑惑は晴れたっぽいけど・・・って・・・
『小鳥遊珍龍騒動』って名前も付けてるし・・・

読んでいて以外だったのが真一も・・・そしてすらも
お互いへの気持ちがどういうものかわかっていないっぽいと言う事。
真一を意識してしまう・・・だけど彼女の信頼のためにとそれを押さえ、
真一藍川と仲が良いと不機嫌になってしまう・・・

いやいや・・・それ恋愛感情だって・・・

この感情の正体に真一達がどう気づいていくのか、藍川との関係は・・・
色々と先が気になる。
あとがきによると2巻もでるみたいだし楽しみに待っていようかと。

最後に一文。

子供の頃の真一(+父親2名)の家族の誓い
その時の2人のセリフ。
これがあるからこそ2人は誰よりも近く、そして一緒に居る。
でもこれが原因で一定以上にお互いが近づく事が出来ないように思える。
異性って意識の前に家族って思いがあって、
お互いへの想いを自覚するのの妨げになっている気が・・・どうなんだろう。

「月、おれたち、きょうからかぞくだぞ」

「・・・真一とかぞく。かぞくなら、ずっといっしょ」

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
官能小説を書く女の子はキライですか? (電撃文庫)官能小説を書く女の子はキライですか?
(電撃文庫)

(2010/08/10)
辰川 光彦

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

官能小説を書く女の子はキライですか?

官能小説を書く女の子はキライですか? (電撃文庫)(2010/08/10)辰川 光彦 主人公のDKが、離れて暮らしていた幼なじみの女の子(ヒロイン)と同居する、というお話。しかも親はいません。う~む、sneg で...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

いろいろとあれなタイトルですな~
先日の「彼女はつっこまれるのが好き」もそうですがw

No title

確かにタイトルが直球すぎるww

このラノ2011のネットアンケート始まりましたね!
対象が2009年10月1日から2010年9月30日に
発売された作品なのでココロコネクトの3巻がギリギリはいるw
アンケートの締め切りが10月4日なので
3巻買って読んでたらギリギリwでも読んでから出す!
今年はコメント載るかな・・・

No title

volfogさん、ひふみさん コメントありがとうございます。

>タイトル

ですよね・・・これは・・・ねぇ?

>このラノ2011

今年はどれに投票しようか・・・
ココロコネクトも私の中では最有力候補ですね・・・
カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。