スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アビスゲート 3 楔を穿つ淵の使者

あらすじ

「思い過ごしかもしれないけど――何かあったの?」

ちらちらとクラウスの様子を見守っていたアリサが、単刀直入に切り込んだ。
髪をかきあげるクラウスの手が止まる。

「・・・・・・何か・・・・・・って・・・・・・?」

問い返す声に動揺がにじんでいるのが自分でもわかった。

――突如大地に出現する、淵海孔。
その深淵から湧き出し、地上を蹂躙する、淵より来るものと呼ばれる異形たち。

そんな異形の一人は生き別れた弟かもしれない、という事実が脳裏をよぎる。
次にあれと会ったら、倒す。
そう決意し、「何でもない」と断言するクラウスだが!?

海妖ファンタジー、物語はさらなる深みへ!

感想

アビスゲートの3巻

2年と3ヶ月ぶり・・・・長いなぁーーーー

いや・・・『ロストユニバース』の3~4巻の間の比べたら・・・
とりあえず続きがでたんだしいいか・・・

そういえば高校の図書室に何故かラノベのコーナーがあって『スレイヤーズ』の本編とか
他にもシリーズで何種類かあって、それを読んでいるうちにラノベの世界に入った気がする。
私がラノベを読むようになった要因の1人は間違いなく神坂 一さんだな・・・

初めての試みである途中からの感想UP
1巻、2巻も余裕があったらUPします。

前回の終盤に驚愕の真実を知ったクラウス

『淵海孔(アビスゲート)』から出現する『淵より来るもの(アビスフォーム)』
突如出現する海であり、時に町や村を・・・そこに住む人々ごと飲み込んでしまうもの。
そしてそこから現れる異形の怪物達。

かつて故郷を『淵海孔』によって失ったクラウス『海』を憎悪していたわけですが
『淵より来るもの』がかつて飲み込まれた人間が変化したもの・・・

そして2巻でクラウスの前に現れた『淵より来るもの』クラウスの弟『リオネル』である事
を彼自身の口から教えられた・・・

うわぁ・・・キツイ・・・

今回はその事実を胸に秘め、次にであった時には『斬る』と宣言するほどの決意をし、
そして今回引き起こされた騒動でついに再び邂逅した兄弟

人間が『淵より来るもの』になった時、価値観や考え方も変質してしまう。
だけど『リオネル』は異形になっても兄であるクラウスとだけは戦う事を拒否。
なぜなら例え考え方や感じ方が変わっていても兄と戦う事などできないから・・・

うわぁ・・・別の意味で最悪のパターン・・・

残虐になったり、人間味が消えていたりすればクラウスももう少しは戦いやすい。
でも異形となってしまっていても自分の事を家族だと・・・剣を向けられても戦えないという
『リオネル』が相手では迷いが生まれないはずもない・・・

『リオネル』の方もクラウスを殺すくらいなら自分が死んだほうがと考えるくらい
兄を慕う気持ちを持ってる

無理っぽいけど元のような仲のいい兄弟の関係に戻れないかなぁ・・・って思わされた。
この2人がもし本気で戦うような事態になるとしたら、
それはもうどうしようもない悲劇って事になる気がする・・・

今回の話で人為的に『淵海孔』を発生させている者の正体。
そして『淵海孔』の知識を人に教えた『胎児(エンブリオ)』と呼ばれる存在・・・
色々と裏で暗躍する者達の存在も明らかになったので次は結構色々と起きそう。

その中でクラウス・アリサ・ルグナードがどんな風に関わっていくか楽しみ。
クラウスアリサはちょっとずついい感じになってるな・・・

最後に一文。

この話の開始時点ではまだ『リオネル』が本物の自分の弟かどうか疑いを持っていた。
でも戦いの中で、彼の気遣いや自分への想いを感じて
本物である確信を持ってしまったクラウス

そんな彼が自分と戦う事を拒み、自らの身を危険にさらすとわかっていながら
雨の中を去っていった『リオネル』に対するクラウスの叫び。
本当に・・・せつない。

「何なんだよお前は!?

 化け物になったんじゃなかったのかよ!?

 なら化け物らしくしろよ!

 オレと戦うのがイヤだ、なんて人間みてぇなこと言うなよ!

 これじゃあ────!

 これじゃあどっちが人間で
 どっちが化け物かわからねぇだろうが!」


にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
アビスゲート3  楔を穿つ淵の使者 (富士見ファンタジア文庫 か 1-6-3)アビスゲート3
楔を穿つ淵の使者
(富士見ファンタジア文庫
か 1-6-3)

(2010/09/18)
神坂 一

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー(月別)
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。